HOME

NEWS

〜今月のニュース〜
・メイショウスミトモ、名古屋グランプリ勝利(12/14)
 名古屋競馬場で行われた名古屋グランプリ(交流Jpn2,ダート2500m)は、古川吉洋騎乗の5番人気メイショウスミトモ(牡6歳,栗東・南井勝己厩舎)が2分43秒5のタイムで勝った。2着にはトップディーヴォ(JRA)、3着には1番人気のカツゲキキトキト(愛知)が入った。

 メイショウスミトモ:2011年生,父ゴールドアリュール,母ムゲン,母の父*アジュディケーティング
  半兄ロングプライド 1着…ユニコーンS(Jpn3,2007年)
  伯父ウイングアロー 1着…フェブラリーS(G1,2000年),ジャパンCダート(G1,2000年)
・ルヴァンスレーヴ、全日本2歳優駿制覇(12/13)
 川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿(交流Jpn1,ダート1600m)は、M.デムーロ騎乗の1番人気ルヴァンスレーヴ(牡2歳,美浦・萩原清厩舎)が1分41秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利をJpn1制覇で果たした。2着にはドンフォルティス(JRA)、3着にはハセノパイロ(船橋)が入った。

 ルヴァンスレーヴ:2015年生,父*シンボリクリスエス,母マエストラーレ,母の父ネオユニヴァース
・ネオリアリズム3着…タイムワープ、香港カップ制覇(12/10)
 香港シャティン競馬場で行われた香港カップ(香港G1,芝2000m)は、Z.パートン騎乗のタイムワープ Time Warp(セン4歳,香港・A.クルーズ厩舎)が2分01秒63のタイムで勝った。2着にはWerther、3着には日本から参戦したJ.モレイラ騎乗のネオリアリズム(牡6歳,美浦・堀宣行厩舎)が入った。日本から参戦したH.ボウマン騎乗のステファノス(牡6歳,栗東・藤原英昭厩舎)は4着、武豊騎乗のスマートレイアー(牝7歳,栗東・大久保龍志厩舎)は5着に敗れた。

 タイムワープ Time Warp:2013年生,イギリス産,父Archipenko,母Here to Eternity,母の父Stormy Atlantic
・サトノアラジン11着…ビューティージェネレーション、香港マイル制覇(12/10)
 香港シャティン競馬場で行われた香港マイル(香港G1,芝1600m)は、K.リョン騎乗のビューティージェネレーション Beauty Generation(セン5歳,香港・J.ムーア厩舎)が1分33秒72のタイムで勝った。2着にはWestern Express、3着にはHelene Paragonが入った。日本から参戦したH.ボウマン騎乗のサトノアラジン(牡6歳,栗東・池江泰寿厩舎)は、11着に敗れた。

 ビューティージェネレーション Beauty Generation:2012年生,ニュージーランド産,父Road to Rock,母Stylish Bel,母の父Bel Esprit
・レッツゴードンキ6着…ミスタースタニング、香港スプリント制覇(12/10)
 香港シャティン競馬場で行われた香港スプリント(香港G1,芝1200m)は、騎乗のミスタースタニング Mr Stunning(セン5歳,香港・J.サイズ厩舎)が1分08秒40のタイムで勝った。2着にはD B Pin、3着にはBlizzardが入った。日本から参戦した岩田康誠騎乗のレッツゴードンキ(牝5歳,栗東・梅田智之厩舎)は6着、Z.パートン騎乗のワンスインナムーン(牝4歳,美浦・斎藤誠厩舎)は、12着に敗れた。

 ミスタースタニング Mr Stunning:2012年生,オーストラリア産,父Exceed and Excel,母With Fervour,母の父Dayjur
  2代母フランズヴァレンタイン Fran's Valentine 1着…ケンタッキー・オークス(米G1),ハリウッド・オークス(米G1),サンタ・スザナS(米G1)
  伯母ウィズファッシネイション With Fascination 1着…カブール賞(仏G3)
  伯父ウイズアンティシペイション With Anticipation 1着…ソードダンサー招待H(米G1)2回,マンノウォーS(米G1)2回,ユナイテッド・ネイションズH(米G1)
・ラッキーライラック、阪神ジュベナイルフィリーズ制覇(12/10)
 阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(G1,芝1600m)は、石橋脩騎乗の2番人気ラッキーライラック(牝2歳,栗東・松永幹夫厩舎)が1分34秒3のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。オルフェーヴル産駒は、G1初制覇。フラワーアレイ Flower Alleyは、BMSとして日本のG1初制覇。2着にはリリーノーブル、3着にはマウレアが入った。1番人気のロックディスタウンは、9着に敗れた。

 ラッキーライラック:2015年生,父オルフェーヴル,母*ライラックスアンドレース,母の父Flower Alley
  母ライラックスアンドレース Lilacs and Lace 1着…アシュランドS(米G1)
  3代母ステラマドリッド Stella Madrid 1着…エイコーンS(米G1),スピナウェイS(米G1),フリゼットS(米G1),メイトロンS(米G1)
・ディオスコリダー、カペラS勝利(12/10)
 中山競馬場で行われたカペラS(G3,ダート1200m)は、津村明秀騎乗の4番人気ディオスコリダー(牡3歳,栗東・高橋義忠厩舎)が1分11秒0のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。*ワイルドラッシュは、BMSとしてJRA重賞初勝利。2着にはスノードラゴン、3着にはブルドッグボスが入った。1番人気のはブルミラコロ、10着に敗れた。

 ディオスコリダー:2014年生,父カネヒキリ,母エリモトゥデイ,母の父*ワイルドラッシュ
・トーセンバジル3着…ハイランドリール、香港ヴァーズ制覇(12/10)
 香港シャティン競馬場で行われた香港ヴァーズ(香港G1,芝2400m)は、R.ムーア騎乗のハイランドリール Highland Reel(牡5歳,愛・A.オブライエン厩舎)が2分26秒23のタイムで勝った。2着にはTalismanic、3着には日本から参戦したJ.モレイラ騎乗のトーセンバジル(牡5歳,栗東・藤原英昭厩舎)が入った。日本から参戦したM.デムーロ騎乗のキセキ(牡3歳,栗東・角居勝彦厩舎)は、9着に敗れた。

 ハイランドリール Highland Reel:2012年生,アイルランド産,父Galileo,母Hveger,母の父*デインヒル
  2代母サークルズオブゴールド Circles of Gold 1着…AJCオークス(豪G1)
  全弟アイダホ Idaho 1着…グレート・ヴォルティジュールS(英G2),ハードウィックS(英G2)
  伯父エルヴストローム Elvstroem 1着…VRCヴィクトリア・ダービー(豪G1),VATCアンダーウッドS(豪G1),VATCコーフィールドC(豪G1),VATC・C.F.オーアS(豪G1),ドバイ・デューティ・フリー(首G1)
  叔父ハラダサン Haradasun 1着…STCジョージ・ライダーS(豪G1),AJCドンカスターH(豪G1),クイーン・アンS(英G1)
・メートルダール、中日新聞杯勝利(12/9)
 中京競馬場で行われた中日新聞杯(G3,芝2000m)は、C.デムーロ騎乗の2番人気メートルダール(牡4歳,美浦・戸田博文厩舎)が1分59秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のミッキーロケット、3着にはロードヴァンドールが入った。

 メートルダール:2013年生,父ゼンノロブロイ,母*イグジビットワン,母の父Silver Hawk
  母イグジビットワン Exhibit One 1着…パオロ・メッツァノット賞(伊G3),カルロ・ダレッシオ賞(伊G3)
・プリンシアコメータ、クイーン賞勝利(12/6)
 船橋競馬場で行われたクイーン賞(交流Jpn3,ダート1800m)は、岩田康誠騎乗の1番人気プリンシアコメータ(牝4歳,美浦・矢野英一厩舎)が1分51秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。スパイキュール産駒は、グレードレース初勝利。2着にはアンジュデジール(JRA)、3着にはラインハート(大井)が入った。

 プリンシアコメータ:2013年生,父スパイキュール,母ベルモントフェリス,母の父*アジュディケーティング
  全兄ベルモントレーサー 2着…北海道2歳優駿(交流Jpn3,2011年,勝ち馬オーブルチェフ)
  伯母ベルモントビーチ 1着…マリーンC(交流Jpn3,2004年)
  従兄キングスゾーン 1着…サマーチャンピオン(交流Jpn3,2007年),オータムスプリントC(金沢),マイル争覇(名古屋)2回,東海桜花賞(名古屋),みちのく大賞典(水沢),マイル争覇(福山)2回,シアンモア記念(水沢),名古屋記念(名古屋),名港盃(名古屋)
・春秋ダートG1制覇!ゴールドドリーム、チャンピオンズC制覇(12/3)
 中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1,ダート1800m)は、R.ムーア騎乗の8番人気ゴールドドリーム(牡4歳,栗東・平田修厩舎)が1分50秒1のタイムで勝ち、春秋ダートG1制覇を果たした。2着には1番人気のテイエムジンソク、3着にはコパノリッキーが入った。

 ゴールドドリーム:2013年生,父ゴールドアリュール,母モンヴェール,母の父*フレンチデピュティ
  母モンヴェール 3着…関東オークス(交流Jpn2,2006年,勝ち馬チャームアスリープ)
・サトノクロニクル、チャレンジC勝利(12/2)
 阪神競馬場で行われたチャレンジC(G3,芝2000m)は、M.デムーロ騎乗の1番人気サトノクロニクル(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分58秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはデニムアンドルビー、3着にはブレスジャーニーが入った。

 サトノクロニクル:2014年生,父ハーツクライ,母*トゥーピー,母の父Intikhab
  母トゥーピー Toupie 1着…アランベール賞(仏G3)
  半兄サトノラーゼン 1着…京都新聞杯(G2,2015年)
・アルバート、ステイヤーズS三連覇(12/2)
 中山競馬場で行われたステイヤーズS(G2,芝3600m)は、R.ムーア騎乗の1番人気アルバート(牡6歳,美浦・堀宣行厩舎)が3分43秒0のタイムで勝ち、このレースの三連覇を果たした。2着にはフェイムゲーム、3着にはプレストウィックが入った。

 アルバート:2011年生,父アドマイヤドン,母フォルクローレ,母の父ダンスインザダーク
  伯母オーバーザウォール 1着…福島記念(G3,1998年)
  叔父サンバレンティン 1着…福島記念(G3,2006年),七夕賞(G3,2007年)
  叔父インティライミ 1着…京都新聞杯(G2,2005年),京都大賞典(G2,2007年),朝日チャレンジC(G3,2007年)
  従姉アロマティコ 2着…クイーンS(G3,2014年,勝ち馬キャトルフィーユ)

HOME