HOME

NEWS

〜今月のニュース〜
・ディアドラ、秋華賞制覇(10/15)
 京都競馬場で行われた秋華賞(G1,芝2000m)は、C.ルメール騎乗の3番人気ディアドラ(牝3歳,栗東・橋田満厩舎)が2分00秒2のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。*ハービンジャー産駒は、G1初制覇。2着にはリスグラシュー、3着にはモズカッチャンが入った。1番人気のアエロリットは、7着に敗れた。

 ディアドラ:2014年生,父*ハービンジャー,母ライツェント,母の父スペシャルウィーク
  3代母ソニックレイディ Sonic Lady 1着…愛1000ギニー(愛G1),サセックスS(英G1),コロネーションS(英G1),ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏G1)
  半兄オデュッセウス 3着…兵庫ジュニアグランプリ(交流Jpn2,2015年,勝ち馬サウンドスカイ)
  伯母モンローブロンド 2着…ファンタジーS(G3,2004年,勝ち馬ラインクラフト)
  伯父ノットアローン 2着…ラジオNIKKEI賞(Jpn3,2008年,勝ち馬レオマイスター)
  伯父ランフォルセ 1着…ダイオライト記念(交流Jpn2,2012年),浦和記念(交流Jpn2,2013年),エムルS(G3,2011年),佐賀記念(交流Jpn3,2014年)
  叔父ノーザンリバー 1着…さきたま杯(交流Jpn2,2014年&2015年),東京盃(交流Jpn2,2014年),アーリントンC(G3,2011年),カペラS(G3,2013年),東京スプリント(交流Jpn3,2014年)
  従兄ロジユニヴァース 1着…東京優駿(Jpn1,2009年)
  従姉ジューヌエコール 1着…デイリー杯2歳S(G2,2016年),函館スプリントS(G3,2017年)
・オジュウチョウサン、東京ハイジャンプ連覇(10/15)
 東京競馬場で行われた東京ハイジャンプ(J・G2,障害3110m)は、石神深一騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡6歳,美浦・和田正一郎厩舎)が3分32秒5のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはグッドスカイが入り、ステイゴールド産駒のワンツーフィニッシュとなった。3着にはタマモプラネットが入った。

 オジュウチョウサン:2011年生,父ステイゴールド,母シャドウシルエット,母の父*シンボリクリスエス
  全兄ケイアイチョウサン 1着…ラジオNIKKEI賞(G3,2013年)
  伯父アルアラン 1着…オグリキャップ記念(交流G2,2002年),ブリーダーズGC(交流G2,2002年)
  伯母パーフェクトジョイ 3着…阪神牝馬S(G2,2008年,勝ち馬エイジアンウインズ)
  叔父アップアンカー 1着…名港盃(名古屋),くろゆり賞(笠松)
  従兄メトロノース 1着…北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年)
・クロコスミア、府中牝馬S勝利(10/14)
 東京競馬場で行われた府中牝馬S(G2,芝1800m)は、岩田康誠騎乗の5番人気クロコスミア(牝4歳,栗東・西浦勝一厩舎)が1分48秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のヴィブロス、3着にはアドマイヤリードが入った。

 クロコスミア:2013年生,父ステイゴールド,母デヴェロッペ,母の父*ボストンハーバー
  従姉ラブミープラチナ 1着…OROターフスプリント(盛岡)
・トーセンスターダム、豪G1トゥーラクH制覇(10/14)
 豪国コーフィールド競馬場で行われたMRCトゥーラクH(豪G1,芝1600m)は、D.レーン騎乗のトーセンスターダム Tosen Stardom(牡6歳,D.ウィアー厩舎)が勝ち、G1初制覇を果たした。2着にはSovereign Nation、3着にはPetrologyが入った。

 トーセンスターダム:2011年生,父ディープインパクト,母アドマイヤキラメキ,母の父*エンドスウィープ
  叔父ダークメッセージ 2着…日経新春杯(G2,2008年,勝ち馬アドマイヤモナーク),シリウスS(G3,2009年,勝ち馬ワンダーアキュート)
  叔母ケアレスウィスパー 2着…関東オークス(交流Jpn2,2007年,勝ち馬ホワイトメロディー)
  叔父トーセンジョーダン 1着…天皇賞・秋(G1,2011年)
  叔父トーセンホマレボシ 1着…京都新聞杯(G2,2012年)
  従弟トーセンバジル 2着…京都大賞典(G2,2017年,勝ち馬スマートレイアー)
・種牡馬ザファクター、日本でリース供用(10/13)
 日本軽種馬協会は、種牡馬のザファクター The Factor(牡9歳)を導入することを発表した。リースによる2018年のみの供用とのこと。
 同馬は、パット・オブライエンS(米G1)とマリブS(米G1)のG1レース2勝を含む重賞5勝馬で、競走成績は13戦6勝。2013年より種牡馬として供用されており、産駒のノーティドアンドクウォーティド Noted and QuotedがシャンデリアS(米G1)を制している。

 ザファクター The Factor:2008年生,アメリカ産,父War Front,母Greyciousness,母の父Miswaki
・ストロングハート、エーデルワイス賞勝利(10/12)
 門別競馬場で行われたエーデルワイス賞(交流Jpn3,ダート1200m)は、阿部龍騎乗の2番人気ストロングハート(牝2歳,北海道・角川秀樹厩舎)が1分12秒4のタイムで勝ち、グレードレース初勝利を果たした。スマートボーイは、BMSとしてグレードレース初勝利。2着にはグラヴィオーラ(北海道)、3着にはリコーデリンジャー(北海道)が入り、NAR所属馬が上位を独占した。1番人気のシャインカメリアは、11着に敗れた。

 ストロングハート:2015年生,父*サウスヴィグラス,母ファーストレディ,母の父スマートボーイ
  全姉アップトゥユー 1着…ローレル賞(川崎)
  叔父イッシンドウタイ 1着…サンライズC(門別)
  従姉ラブミーチャン 1着…全日本2歳優駿(交流Jpn1,2009年)
・コパノリッキー、南部杯連覇(10/9)
 盛岡競馬場で行われた南部杯(交流Jpn1,ダート1600m)は、田辺裕信騎乗の1番人気コパノリッキー(牡7歳,栗東・村山明厩舎)が1分34秒9のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはノボバカラ(JRA)、3着にはキングズガード(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。

 コパノリッキー:2010年生,父ゴールドアリュール,母コパノニキータ,母の父*ティンバーカントリー
・スマートレイアー、京都大賞典勝利(10/9)
 京都競馬場で行われた京都大賞典(G2,芝2400m)は、武豊騎乗の4番人気スマートレイアー(牝7歳,栗東・大久保龍志厩舎)が2分23秒0のタイムで勝った。2着にはトーセンバジル、3着には1番人気のシュヴァルグランが入った。

 スマートレイアー:2010年生,父ディープインパクト,母スノースタイル,母の父*ホワイトマズル
  半弟プラチナムバレット 1着…京都新聞杯(G2,2017年)
・リアルスティール、毎日王冠勝利(10/8)
 東京競馬場で行われた毎日王冠(G2,芝1800m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気リアルスティール(牡5歳,栗東・矢作芳人厩舎)が1分45秒6のタイムで勝った。2着にはサトノアラジン、3着にはグレーターロンドンが入った。1番人気のソウルスターリングは、8着に敗れた。

 リアルスティール:2012年生,父ディープインパクト,母*ラヴズオンリーミー,母の父Storm Cat
  3代母ミエスク Miesque 1着…英1000ギニー(英G1),仏1000ギニー(仏G1),BCマイル(米G1,2回),ジャック・ル・マロワ賞(仏G1),ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏G1),イスパーン賞(仏G1),ラ・サラマンドル賞(仏G1),マルセル・ブーサック賞(仏G1)
  全弟プロディガルサン 2着…東京スポーツ杯2歳S(G3,2015年,勝ち馬スマートオーディン),東京新聞杯(G3,2017年,勝ち馬ブラックスピネル)
  伯母ランプルスティルトスキン Rumplestiltskin 1着…モイグレアスタッドS(愛G1),マルセル・ブーサック賞(仏G1)
  叔母アイアムビューティフル I Am Beautiful 1着…グランジコンスタッドS(愛G3)
  従姉タペストリー Tapestry 1着…ヨークシャー・オークス(英G1)
  従弟ジョンエフケネディ John F Kennedyy 1着…ジュヴェナイル・ターフS(愛G3)
・ダノンプレミアム、サウジアラビアロイヤルC勝利(10/7)
 東京競馬場で行われたサウジアラビアロイヤルC(G3,芝1600m)は、川田将雅騎乗の2番人気ダノンプレミアム(牡2歳,栗東・中内田充正厩舎)が1分33秒0のレコードタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のステルヴィオ、3着にはカーボナードが入った。

 ダノンプレミアム:2015年生,父ディープインパクト,母*インディアナギャル,母の父Intikhab
・クイーンマンボ、レディスプレリュード勝利(10/5)
 大井競馬場で行われたレディスプレリュード(交流Jpn2,ダート1800m)は、C.ルメール騎乗の1番人気クイーンマンボ(牝3歳,栗東・角居勝彦厩舎)が1分53秒1のタイムで勝った。2着にはホワイトフーガ(JRA)、3着にはアンジュデジール(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。

 クイーンマンボ:2014年生,父マンハッタンカフェ,母スズカエルマンボ,母の父*シンボリクリスエス
  伯父スズカマンボ 1着…天皇賞・春(G1,2005年)
  叔母スプリングサンダー 2着…阪急杯(G3,2012年),CBC賞(G3,2012年)
・キタサンミカヅキ、東京盃勝利(10/4)
 大井競馬場で行われた東京盃(交流Jpn2,ダート1200m)は、繁田健一騎乗の7番人気キタサンミカヅキ(牡7歳,船橋・佐藤賢二厩舎)が1分12秒1のタイムで勝ち、グレードレース初勝利を果たした。2着にはブルドッグボス(浦和)、3着には1番人気のニシケンモノノフ(JRA)が入った。

 キタサンミカヅキ:2010年生,父キングヘイロー,母キタサンジュエリー,母の父サクラバクシンオー
  従弟コールサインゼロ 1着…イノセントC(門別),サッポロクラシックC(門別)
・インカンテーション、白山大賞典勝利(10/3)
 金沢競馬場で行われた白山大賞典(交流Jpn3,ダート2100m)は、岩田康誠騎乗の1番人気インカンテーション(牡7歳,栗東・羽月友彦厩舎)が2分13秒6のタイムで勝った。2着にはカツゲキキトキト(愛知)、3着にはクリノスターオー(JRA)が入った。

 インカンテーション:2010年生,父*シニスターミニスター,母*オリジナルスピン,母の父Machiavellian
  叔母タイムアウェイ Time Away 1着…ミュージドラS(英G3)
  従姉タイムオン Time On 1着…マルレ賞(仏G3)
・イネイブル、凱旋門賞制覇(10/1)
 仏国シャンティ競馬場で行われた凱旋門賞(仏G1,芝2400m)は、L.デットーリ騎乗のイネイブル Enable(牝3歳,J.ゴスデン厩舎)が勝った。2着にはCloth of Stars、3着にはUlyssesが入った。日本から参戦したC.ルメール騎乗のサトノダイヤモンド(牡4歳,栗東・池江泰寿厩舎)は15着、川田将雅騎乗のサトノノブレス(牡7歳,栗東・池江泰寿厩舎)は16着に、それぞれ敗れた。

 イネイブル Enable:2014年生,イギリス産,父Nathaniel,母Concentric,母の父Sadler's Wells
  2代母アポジー Apogee 1着…ロワイヨモン賞(仏G3)
  伯母ダンスルーティーン Dance Routine 1着…ロワイヤリュー賞(仏G2)
  伯父アプシス Apsis 1着…トーマス・ブライアン賞(仏G3),シュマン・ド・フェール・デュ・ノール賞(仏G3)
  従兄フリントシャー Flintshire 1着…パリ大賞典(仏G1),香港ヴァーズ(香港G1),ソードダンサーS(米G1,2回),マンハッタンS(米G1)
・レッドファルクス、スプリンターズS連覇(10/1)
 中山競馬場で行われたスプリンターズS(G1,芝1200m)は、M.デムーロ騎乗の1番人気レッドファルクス(牡6歳,美浦・尾関知人厩舎)が1分07秒6のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはレッツゴードンキ、3着にはワンスインナムーンが入った。

 レッドファルクス:2011年生,父*スウェプトオーヴァーボード,母ベルモット,母の父*サンデーサイレンス
  伯父レガシーオブゼルダ 2着…京成杯3歳S(G2,1990年,勝ち馬ビッグファイト)
  伯母サイレントハピネス 1着…4歳牝馬特別・東(G2,1995年),ローズS(G2,1995年)
  伯母スティンガー 1着…阪神3歳牝馬S(G1,1998年)
  叔父アーバニティ 1着…オーシャンS(G3,2009年)
  従兄フローテーション 2着…菊花賞(Jpn1,2008年,勝ち馬オウケンブルースリ)
  従兄リバティーフロー 1着…黒潮マイルチャンピオンシップ(高知)
  従兄サイレントメロディ 1着…マーチS(G3,2012年)
  従兄サトノギャラント 3着…関屋記念(G3,2014年,勝ち馬クラレント)
  従弟キングズオブザサン 2着…京成杯(G3,2014年,勝ち馬プレイアンドリアル)
  従姉フォーエバーマーク 1着…キーンランドC(G3,2013年)
・スプリンターズSに出走予定の外国馬
ブリザード Blizzard(セ6)−香港
 主な勝ち鞍:チャレンジC(香港G3)
 生年:2011年/生産国:オーストラリア
 父Starcraft,母Stormy Choice,母の父Redoute's Choice

HOME