HOME

〜2017年4月のニュース〜
・ネオリアリズム、クイーン・エリザベスIIC制覇(4/30)
 香港シャティン競馬場で行われたクイーン・エリザベスIIC(香港G1,芝2000m)は、J.モレイラ騎乗のネオリアリズム(牡6歳,美浦・堀宣行厩舎)2分04秒59のタイムでが勝ち、G1初制覇を果たした。2着にはPakistan Star、3着にはWertherが入った。
 ネオリアリズムの半兄アイルラヴァゲインは、オーシャンS(Jpn3,2007年)の勝ち馬。半兄リアルインパクトは、安田記念(G1,2011年)とATCジョージ・ライダーS(豪G1)の勝ち馬。

 ネオリアリズム:2011年生,父ネオユニヴァース,母*トキオリアリティー,母の父Meadowlake
・キタサンブラック、天皇賞・春連覇(4/30)
 京都競馬場で行われた天皇賞・春(G1,芝3200m)は、武豊騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5歳,栗東・清水久詞厩舎)が3分12秒5のレコードタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはシュヴァルグラン、3着にはサトノダイヤモンドが入った。
 キタサンブラックの半兄ショウナンバッハは、アメリカJCC(G2,2016年,勝ち馬ディサイファ)の3着馬。従兄アドマイヤフライトは、日経新春杯(G2,2014年,勝ち馬サトノノブレス)の2着馬。

 キタサンブラック:2012年生,父ブラックタイド,母シュガーハート,母の父サクラバクシンオー
・アドミラブル、青葉賞勝利(4/29)
 東京競馬場で行われた青葉賞(G2,芝2400m)は、M.デムーロ騎乗の1番人気アドミラブル(牡3歳,栗東・音無秀孝厩舎)が2分23秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には*ベストアプローチ、3着にはアドマイヤウイナーが入った。
 アドミラブルの伯父リンカーンは、阪神大賞典(G2.2004年)、京都大賞典(G2,2005年)、日経賞(G2,2006年)の勝ち馬。伯母グローリアスデイズは、フローラS(G2,2004年,勝ち馬メイショウオスカル)とローズS(G2,2004年,勝ち馬レクレドール)の2着馬。伯父ヴィクトリーは、皐月賞(Jpn1,2007年)の勝ち馬。

 アドミラブル:2014年生,父ディープインパクト,母スカーレット,母の父*シンボリクリスエス
・モズカッチャン、フローラS勝利(4/23)
 東京競馬場で行われたフローラS(G2,芝2000m)は、和田竜二騎乗の12番人気モズカッチャン(牝3歳,栗東・鮫島一歩厩舎)が2分01秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはヤマカツグレースが入り、*ハービンジャー産駒のワンツーフィニッシュとなった。3着にはフローレスマジックが入った。1番人気のホウオウパフュームは、8着に敗れた。
 モズカッチャンの叔父モズは、北上川大賞典(水沢)とかきつばた賞(盛岡)の勝ち馬。叔父クインズハリジャンは、京王杯2歳S(G2,2013年,勝ち馬カラダレジェンド)の2着馬。

 モズカッチャン:2014年生,父*ハービンジャー,母サイトディーラー,母の父キングカメハメハ
・イスラボニータ、マイラーズC勝利(4/23)
 京都競馬場で行われたマイラーズC(G2,芝1600m)は、C.ルメール騎乗の2番人気イスラボニータ(牡6歳,美浦・栗田博憲厩舎)が1分32秒2のタイムで勝ち、2年7ヶ月ぶりの重賞勝利を果たした。2着には1番人気のエアスピネル、3着にはヤングマンパワーが入った。

 イスラボニータ:2011年生,父フジキセキ,母*イスラコジーン,母の父Cozzene
・ウキヨノカゼ、福島牝馬S勝利(4/22)
 福島競馬場で行われた福島牝馬S(G3,芝1800m)は、吉田隼人騎乗の3番人気ウキヨノカゼ(牝7歳,美浦・菊沢隆徳厩舎)が1分46秒8のタイムで勝った。2着にはフロンテアクイーン、3着には1番人気のクインズミラーグロが入った。
 ウキヨノカゼの3代母アキスフォーラック A Kiss for Luckは、ヴァニティH(米G1)の勝ち馬。伯父ワイルドソルジャーは、名古屋グランプリ(交流G2,2004年)の勝ち馬。叔父ダノンカモンは、名古屋大賞典(交流Jpn3,2014年)の勝ち馬。叔母クィーンズバーンは、阪神牝馬S(G2,2012年)の勝ち馬。叔母ルベーゼドランジェは、オーバルスプリント(交流Jpn3,2015年,勝ち馬レーザーバレット)の2着馬。

 ウキヨノカゼ:2010年生,父オンファイア,母アドマイヤダッシュ,母の父フサイチコンコルド
・キタサンサジン、東京スプリント勝利(4/19)
 大井競馬場で行われた東京スプリント(交流Jpn3,ダート1200m)は、内田博幸騎乗の1番人気キタサンサジン(牡5歳,栗東・梅田智之厩舎)が1分12秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはブライトライン(JRA)、3着にはレーザーバレット(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 キタサンサジンの伯父キタサンテイオーは、平和賞(船橋)と全日本3歳優駿(川崎)の勝ち馬。伯父キタサンフドーは、小倉3歳S(G3,1996年,勝ち馬ゴッドスピード)の2着馬。叔父キタサンチャンネルは、ニュージーランドT(G2,2001年)の勝ち馬。叔母キタサンヒボタンは、ファンタジーS(G3,2001年)の勝ち馬。従兄キタサンツバサは、クラウンC(川崎)の勝ち馬。

 キタサンサジン:2012年生,父*サウスヴィグラス,母キタサンヒメ,母の父*カコイーシーズ
・アルアイン、皐月賞制覇(4/16)
 中山競馬場で行われた皐月賞(G1,芝2000m)は、松山弘平騎乗の9番人気アルアイン(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分57秒8のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。松山弘平騎手は、G1初制覇。エッセンスオブドバイ Essence of Dubaiは、BMSとして日本のG1初制覇。2着にはペルシアンナイトが入り、池江泰寿厩舎のワンツーフィニッシュとなった。3着にはダンビュライトが入った。1番人気のファンディーナは、7着に敗れた。
 アルアインの母ドバイマジェスティ Dubai Majestyは、BCフィリー&メア・スプリント(米G1)の勝ち馬。

 アルアイン:2014年生,父ディープインパクト,母*ドバイマジェスティ,母の父Essence of Dubai
・J・G1三連覇!オジュウチョウサン、中山グランドジャンプ連覇(4/15)
 中山競馬場で行われた中山グランドジャンプ(J・G1,障害4250m)は、石神深一騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡6歳,美浦・和田正一郎厩舎)が4分50秒8のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはサンレイデューク、3着にはアップトゥデイトが入った。
 オジュウチョウサンの全兄ケイアイチョウサンは、ラジオNIKKEI賞(G3,2013年)の勝ち馬。伯父アルアランは、オグリキャップ記念(交流G2,2002年)とブリーダーズGC(交流G2,2002年)の勝ち馬。伯母パーフェクトジョイは、阪神牝馬S(G2,2008年,勝ち馬エイジアンウインズ)の3着馬。叔父アップアンカーは、名港盃([名古屋)とくろゆり賞(笠松)の勝ち馬。従兄メトロノースは、北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年)の勝ち馬。

 オジュウチョウサン:2011年生,父ステイゴールド,母シャドウシルエット,母の父*シンボリクリスエス
・モルトベーネ、アンタレスS勝利(4/15)
 阪神競馬場で行われたアンタレスS(G3,ダート1800m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気モルトベーネ(牡5歳,栗東・松永昌博厩舎)が1分49秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはロンドンタウン、3着にはロワジャルダンが入った。1番人気のグレンツェントは、9着に敗れた。
 モルトベーネの3代母オンワードウイッチの産駒には、クイーンS(G3,1994年,勝ち馬ヒシアマゾン)2着馬のジョウノバタフライ、4歳牝馬特別・東(G2,1995年,勝ち馬サイレントハピネス)3着馬のジョウノカオルコがいる。

 モルトベーネ:2012年生,父ディープスカイ,母ノーブルエターナル,母の父*アフリート
・ホワイトフーガ、マリーンC勝利(4/12)
 船橋競馬場で行われたマリーンC(交流Jpn3,ダート1600m)は、蛯名正義騎乗の2番人気ホワイトフーガ(牝5歳,美浦・高木登厩舎)が1分41秒3のタイムで勝った。2着にはララベル(大井)、3着にはリンダリンダ(大井)が入った。1番人気のワンミリオンスは、6着に敗れた。
 ホワイトフーガの従妹イザベラシングス Isabella Singsは、ミシズ・リヴィアS(米G2)の勝ち馬。

 ホワイトフーガ:2012年生,父*クロフネ,母マリーンウィナー,母の父フジキセキ
・レーヌミノル、桜花賞制覇(4/9)
 阪神競馬場で行われた桜花賞(G1,芝1600m)は、池添謙一騎乗の8番人気レーヌミノル(牝3歳,栗東・本田優厩舎)が1分34秒5のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。本田優調教師は、G1初制覇。2着にはリスグラシュー、3着には1番人気のソウルスターリングが入った。
 レーヌミノルの2代母プリンセススキーは、3歳牝馬S・西(G3,1987年)の勝ち馬。半姉ダイワデッセーは、フローラS(G2,2012年,勝ち馬ミッドサマーフェア)の3着馬。伯父フサイチヒロシは、シリウスS(G3,1997年,勝ち馬*トーヨーレインボー)の3着馬。

 レーヌミノル:2014年生,父ダイワメジャー,母ダイワエンジェル,母の父*タイキシャトル
・ジョーストリクトリ、ニュージーランドT勝利(4/8)
 中山競馬場で行われたニュージーランドT(G2,芝1600m)は、A.シュタルケ騎乗の12番人気ジョーストリクトリ(牡3歳,栗東・清水久詞厩舎)が1分36秒0のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。ジョーカプチーノ産駒は、重賞初勝利。キングヘイローは、BMSとしてJRA重賞初勝利。2着にはメイソンジュニア、3着にはボンセルヴィーソが入った。1番人気のクライムメジャーは、8着に敗れた。
 ジョーストリクトリの伯母アポロティアラは、フェアリーS(G3,2006年)の勝ち馬。

 ジョーストリクトリ:2014年生,父ジョーカプチーノ,母ジョーアラマート,母の父キングヘイロー
・ミッキークイーン、阪神牝馬S勝利(4/8)
 阪神競馬場で行われた阪神牝馬S(G2,芝1600m)は、浜中俊騎乗の1番人気ミッキークイーン(牝5歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分34秒3のタイムで勝った。2着にはアドマイヤリード、3着にはジュールポレールが入った。
 ミッキークイーンの母ミュージカルウェイ Musical Wayは、ドラール賞(仏G2)の勝ち馬。

 ミッキークイーン:2012年生,父ディープインパクト,母*ミュージカルウェイ,母の父Gold Away
・キタサンブラック、大阪杯制覇(4/2)
 阪神競馬場で行われた大阪杯(G1,芝2000m)は、武豊騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5歳,栗東・清水久詞厩舎)が1分58秒9のタイムで勝った。2着にはステファノス、3着にはヤマカツエースが入った。
 キタサンブラックの半兄ショウナンバッハは、アメリカJCC(G2,2016年,勝ち馬ディサイファ)の3着馬。従兄アドマイヤフライトは、日経新春杯(G2,2014年,勝ち馬サトノノブレス)の2着馬。

 キタサンブラック:2012年生,父ブラックタイド,母シュガーハート,母の父サクラバクシンオー
・ロジチャリス、ダービー卿チャレンジT勝利(4/1)
 中山競馬場で行われたダービー卿チャレンジT(G3,芝1600m)は、内田博幸騎乗の5番人気ロジチャリス(牡5歳,美浦・国枝栄厩舎)が1分34秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気の*キャンベルジュニア、3着にはグランシルクが入った。
 ロジチャリスの3代母シルバーレーン Silver Laneは、ラ・グロット賞(仏G3)の勝ち馬。

 ロジチャリス:2012年生,父ダイワメジャー,母プラチナチャリス,母の父*ロックオブジブラルタル

HOME