HOME

〜2017年3月のニュース〜
・ケイティブレイブ、名古屋大賞典勝利(3/30)
 名古屋競馬場で行われた名古屋大賞典(交流Jpn3,ダート1900m)は、福永祐一騎乗の3番人気ケイティブレイブ(牡4歳,栗東・目野哲也厩舎)が2分02秒5のタイムで勝った。2着にはピオネロ(JRA)、3着にはカツゲキキトキト(愛知)が入った。1番人気のモルトベーネは、4着に敗れた。
 ケイティブレイブの伯父ビーマイナカヤマは、北海道スプリントC(交流G3,1999年)、ガーネットS(G3,2000年&2001年)など、重賞8勝馬。伯父マイネルフォーグは、京王杯2歳S(G2,2006年,勝ち馬マイネルレーニア)とニュージーランドT(G2,2007年,勝ち馬トーホウレーサー)の2着馬。従兄マイネルブルックは、きさらぎ賞(G3,2004年)の勝ち馬。従姉ケイティラブは、アイビスサマーダッシュ(G3,2010年)の勝ち馬。

 ケイティブレイブ:2013年生,父アドマイヤマックス,母ケイティローレル,母の父サクラローレル
・セイウンコウセイ、高松宮記念制覇(3/26)
 中京競馬場で行われた高松宮記念(G1,芝1200m)は、幸英明騎乗の5番人気セイウンコウセイ(牡4歳,美浦・上原博之厩舎)が1分08秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。アドマイヤムーン産駒は、G1初制覇。カポウティ Capoteは、BMSとして日本のG1初制覇。2着にはレッツゴードンキ、3着には1番人気のレッドファルクスが入った。
 セイウンコウセイの伯父*タイキフォーチュンは、NHKマイルC(G1,1996年)の勝ち馬。伯母*タイキダイヤは、クリスタルC(G3,1999年)の勝ち馬。伯父*タイキリオンは、ニュージーランドT(G2,2002年)の勝ち馬。姪オーブスプリングは、フローラルC(門別)の勝ち馬。

 セイウンコウセイ:2013年生,父アドマイヤムーン,母*オブザーヴァント,母の父Capote
・インカンテーション、マーチS勝利(3/26)
 中山競馬場で行われたマーチS(G3,ダート1800m)は、勝浦正樹騎乗の10番人気インカンテーション(牡7歳,栗東・羽月友彦厩舎)が1分52秒0のタイムで勝った。2着にはディアデルレイ、3着にはアルタイルが入った。1番人気のコスモカナディアンは、12着に敗れた。
 インカンテーションの叔母タイムアウェイ Time Awayは、ミュージドラS(英G3)の勝ち馬。従姉タイムオン Time Onは、マルレ賞(仏G3)の勝ち馬。

 インカンテーション:2010年生,父*シニスターミニスター,母*オリジナルスピン,母の父Machiavellian
・アウォーディー5着…アロゲイト、ドバイ・ワールドC制覇(3/26)
 現地時間25日に首国メイダン競馬場で行われたドバイ・ワールドC(首G1,ダート2000m)は、M.スミス騎乗のアロゲイト Arrogate(牡4歳,B.バファート厩舎)が2分02秒15のタイムで勝った。2着にはGun Runner、3着にはNeolithicが入った。日本から参戦した武豊騎乗のアウォーディー(牡7歳,栗東・松永幹夫厩舎)は5着、R.ムーア騎乗の*ラニ(牡4歳,栗東・松永幹夫厩舎)は8着、C.ルメール騎乗のアポロケンタッキー(牡5歳,栗東・山内研二厩舎)は9着、J.モレイラ騎乗のゴールドドリーム(牡5歳,栗東・平田修厩舎)は14着に、それぞれ敗れた。
 アロゲイト Arrogateの3代母メドウスター Meadow Starは、BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1)、エイコーンS(米G1)、マザーグースS(米G1)、スピナウェイS(米G1)、フリゼットS(米G1)、メイトロンS(米G1)の勝ち馬。

 アロゲイト Arrogate:2013年生,アメリカ産,父Unbridled's Song,母Bubbler,母の父Distorted Humor
・サウンズオブアース6着…ジャックホッブス、ドバイ・シーマ・クラシック制覇(3/26)
 現地時間25日に首国メイダン競馬場で行われたドバイ・シーマ・クラシック(首G1,芝2410m)は、W.ビュイック騎乗のジャックホッブス Jack Hobbs(牡5歳,J.ゴスデン厩舎)が2分32秒39のタイムで勝った。2着にはSeventh Heaven、3着にはPostponedが入った。日本から参戦したC.ルメール騎乗のサウンズオブアース(牡6歳,栗東・藤岡健一厩舎)は、6着に敗れた。
 ジャックホッブス Jack Hobbsの2代母ゴールデンポンド Golden Pondは、オーキッドH(米G2)の勝ち馬。

 ジャックホッブス Jack Hobbs:2012年生,イギリス産,父Halling,母Swain's Gold,母の父Swain
・ヴィブロス、ドバイ・ターフ制覇(3/26)
 現地時間25日に首国メイダン競馬場で行われたドバイ・ターフ(首G1,芝1800m)は、日本から参戦したJ.モレイラ騎乗のヴィブロス(牝4歳,栗東・友道康夫厩舎)が1分50秒20のタイムで勝った。2着にはHeshem、3着にはRibchesterが入った。
 ヴィブロスの全姉ヴィルシーナは、ヴィクトリアマイル(G1,2013年&2014年)の勝ち馬。半兄シュヴァルグランは、阪神大賞典(G2,2016年)とアルゼンチン共和国杯(G2,2016年)の勝ち馬。叔父フレールジャックは、ラジオNIKKEI賞(G3,2011年)の勝ち馬。叔父マーティンボロは、中日新聞杯(G3,2014年)と新潟記念(G3,2014年)の勝ち馬。

 ヴィブロス:2013年生,父ディープインパクト,母ハルーワスウィート,母の父Machiavellian
・ディオスコリダー11着…マインドユアビスキッツ、ドバイ・ゴールデン・シャヒーン制覇(3/25)
 首国メイダン競馬場で行われたドバイ・ゴールデン・シャヒーン(首G1,ダート1200m)は、J.ロザリオ騎乗のマインドユアビスキッツ Mind Your Biscuits(牡4歳,C.サマーズ厩舎)が1分10秒91のタイムで勝った。2着にはComicas、3着にはMorawijが入った。日本から参戦したS.フォーリー騎乗のディオスコリダー(牡3歳,栗東・高橋義忠厩舎)は、11着に敗れた。

 マインドユアビスキッツ Mind Your Biscuits:2013年生,アメリカ産,父Posse,母Jazzmane,母の父Toccet
・エピカリス2着惜敗…サンダースノウ、UAEダービー勝利(3/25)
 首国メイダン競馬場で行われたUAEダービー(首G2,ダート1900m)は、C.スミヨン騎乗のサンダースノウ Thunder Snow(牡3歳,S.ビン・スルール厩舎)が1分57秒76のタイムで勝った。2着には日本から参戦したC.ルメール騎乗のエピカリス(牡3歳,美浦・萩原清厩舎)、3着にはMaster Planが入った。日本から参戦した武豊騎乗のアディラート(牡3歳,栗東・須貝尚介厩舎)は、12着に敗れた。
 サンダースノウ Thunder Snowの2代母レッドスリッパーズ Thunder Snowは、サン・チャリオットS(英G2)の勝ち馬。半姉イーティマル Ihtimalは、メイヒルS(英G2)の勝ち馬。半姉ファーストヴィクトリー First Victoryは、オーソーシャープS(英G3)の勝ち馬。

 サンダースノウ Thunder Snow:2014年生,アイルランド産,父Helmet,母Eastern Joy,母の父Dubai Destination
・カフジテイク5着…セカンドサマー、ゴドルフィン・マイル勝利(3/25)
 首国メイダン競馬場で行われたゴドルフィン・マイル(首G2,ダート1600m)は、P.ドッブス騎乗のセカンドサマー Second Summer(セン5歳,D.ワトソン厩舎)が1分35秒62のタイムで勝った。2着にはRoss、3着にはSharp Aztecaが入った。日本から参戦した福永祐一騎乗のカフジテイク(牡5歳,栗東・湯窪幸雄厩舎)は、5着に敗れた。

 セカンドサマー Second Summer:2012年生,アメリカ産,父*サマーバード,母Greenstreet,母の父Street Cry
・シャケトラ、日経賞勝利(3/25)
 中山競馬場で行われた日経賞(G2,芝2500m)は、田辺裕信騎乗の4番人気シャケトラ(牡4歳,栗東・角居勝彦厩舎)が2分32秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはミライヘノツバサ、3着にはアドマイヤデウスが入った。1番人気のゴールドアクターは、5着に敗れた。
 シャケトラの2代母ジェノヴェファ Genovefaは、ロワイヨモン賞(仏G3)の勝ち馬。3代母レイニングカウントレス Reigning Countessは、レイルバードS(米G3)の勝ち馬。伯父マムール Mamoolは、バーデン大賞典(独G1)とオイロパ賞(独G1)の勝ち馬。

 シャケトラ:2013年生,父マンハッタンカフェ,母*サマーハ,母の父Singspiel
・アルアイン、毎日杯勝利(3/25)
 阪神競馬場で行われた毎日杯(G3,芝1800m)は、松山弘平騎乗の2番人気アルアイン(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分46秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。エッセンスオブドバイ Essence of Dubaiは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着には1番人気のサトノアーサーが入り、池江泰寿厩舎のワンツーフィニッシュとなった。3着には、キセキが入った。
 アルアインの母ドバイマジェスティ Dubai Majestyは、BCフィリー&メア・スプリント(米G1)の勝ち馬。

 アルアイン:2014年生,父ディープインパクト,母*ドバイマジェスティ,母の父Essence of Dubai
・ファンディーナ、フラワーC勝利(3/20)
 中山競馬場で行われたフラワーC(G3,芝1800m)は、岩田康誠騎乗の1番人気ファンディーナ(牝3歳,栗東・高野友和厩舎)が1分48秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはシーズララバイ、3着にはドロウアカードが入った。
 ファンディーナの3代母クードジェニー Coup de Genieは、モルニー賞(仏G1)とラ・サラマンドル賞(仏G1)の勝ち馬。従姉イモーリエント Emollientは、アシュランドS(米G1)、アメリカン・オークス(米G1)、スピンスターS(米G1)、ロデオ・ドライヴS(米G1)の勝ち馬。

 ファンディーナ:2014年生,父ディープインパクト,母*ドリームオブジェニー,母の父Pivotal
・ウインブライト、スプリングS勝利(3/19)
 中山競馬場で行われたスプリングS(G2,00m)は、松岡正海騎乗の5番人気ウインブライト(牡3歳,美浦・畠山吉宏厩舎)が1分48秒4のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。アドマイヤコジーンは、昨日のコウソクストレートに続いて、BMSとして2日連続の重賞勝利。2着にはアウトライアーズ、3着にはプラチナヴォイスが入った。1番人気のサトノアレスは、4着に敗れた。
 ウインブライトの全姉ウインファビラスは、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1,2015年,勝ち馬メジャーエンブレム)の2着馬。

 ウインブライト:2014年生,父ステイゴールド,母サマーエタニティ,母の父アドマイヤコジーン
・サトノダイヤモンド、阪神大賞典勝利(3/19)
 阪神競馬場で行われた阪神大賞典(G2,芝3000m)は、C.ルメール騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡4歳,栗東・池江泰寿厩舎)が3分02秒6のタイムで勝った。2着にはシュヴァルグラン、3着にはトーセンバジルが入った。
 サトノダイヤモンドの母マルペンサ Malpensaは、コパ・デ・プラタ大賞典(亜G1)、フィルベルト・レレナ大賞典(亜G1)、クリアドレス大賞典(亜G1)の勝ち馬。

 サトノダイヤモンド:2013年生,父ディープインパクト,母*マルペンサ,母の父Orpen
・コウソクストレート、ファルコンS勝利(3/18)
 中京競馬場で行われたファルコンS(G3,芝1400m)は、戸崎圭太騎乗の3番人気コウソクストレート(牡3歳,美浦・中舘英二厩舎)が1分21秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。アドマイヤコジーンは、BMSとして重賞初勝利。2着にはボンセルヴィーソ、3着にはメイソンジュニアが入った。1番人気のナイトバナレットは、11着に敗れた。

 コウソクストレート:2014年生,父ヴィクトワールピサ,母メジロアリス,母の父アドマイヤコジーン
・クリソライト、ダイオライト記念三連覇(3/15)
 船橋競馬場で行われたダイオライト記念(交流Jpn2,ダート2400m)は、武豊騎乗の1番人気クリソライト(牡7歳,栗東・音無秀孝厩舎)が2分37秒8のタイムで勝ち、このレースの三連覇を果たした。2着にはユーロビート(大井)、3着にはウマノジョー(大井)が入った。
 クリソライトの半妹マリアライトは、エリザベス女王杯(G1,2015年)と宝塚記念(G1,2016年)の勝ち馬。半弟リアファルは、神戸新聞杯(G2,2015年)の勝ち馬。叔父アロンダイトは、ジャパンCダート(G1,2006年)の勝ち馬。従兄ラブラドライトは、ダイヤモンドS(G3,2017年,勝ち馬アルバート)の2着馬。従弟ダンビュライトは、サウジアラビアロイヤルC(G3,2016年,勝ち馬ブレスジャーニー)の2着馬。

 クリソライト:2010年生,父ゴールドアリュール,母クリソプレーズ,母の父*エルコンドルパサー
・ブラゾンドゥリス、黒船賞勝利(3/14)
 高知競馬場で行われた黒船賞(交流Jpn3,ダート1400m)は、内田博幸騎乗の2番人気ブラゾンドゥリス(牡5歳,美浦・尾形和幸厩舎)が1分28秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。*ノボジャック産駒は、グレードレース初勝利。マヤノトップガンは、BMSとしてグレードレース初勝利。2着にはキングズガード(JRA)、3着にはグレイスフルリープ(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。1番人気のニシケンモノノフは、5着に敗れた。
 ブラゾンドゥリスの3代母ロジータは、東京大賞典(大井)、羽田盃(大井)、京浜盃(大井)、東京ダービー(大井)、東京王冠賞(大井)、川崎記念(川崎)、桜花賞(浦和)、ニューイヤーC(浦和)の勝ち馬。伯父レギュラーメンバーは、ダービーグランプリ(交流G1,2000年)、川崎記念(交流G1,2001年)、JBCクラシック(交流G1,2001年)の勝ち馬。

 ブラゾンドゥリス:2012年生,父*ノボジャック,母ブライアンズソノ,母の父マヤノトップガン
・トーセンビクトリー、中山牝馬S勝利(3/12)
 中山競馬場で行われた中山牝馬S(G3,芝1800m)は、武豊騎乗の5番人気トーセンビクトリー(牝5歳,栗東・角居勝彦厩舎)が1分49秒4のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のマジックタイム、3着にはクインズミラーグロが入った。
 トーセンビクトリーの母トゥザヴィクトリーは、エリサベス女王杯(G1,2001年)の勝ち馬。全兄トゥザグローリーは、京都記念(G2,2011年)、日経賞(G2,2011年)、日経新春杯(G2,2012年)、中日新聞杯(G3,2010年)、鳴尾記念(G3,2012年)の勝ち馬。全兄トゥザグローリーは、弥生賞(G2,2014年)の勝ち馬。叔母ビーポジティブは、クイーン賞(交流G3,2002年)の勝ち馬。叔父サイレントディールは、シンザン記念(G3,2003年)、武蔵野S(G3,2003年)、佐賀記念(交流Jpn3,2007年)の勝ち馬。叔父クリスタルウイングは、青葉賞(Jpn2,2008年,勝ち馬アドマイヤコマンド)の2着馬。従姉アイスドールは、クイーン賞(交流Jpn3,2008年,勝ち馬ヤマトマリオン)の3着馬。従兄バトードールは、ジャパンダートダービー(交流Jpn1,2010年,勝ち馬マグニフィカ)の3着馬。従兄トリップは、ジャパンダートダービー(交流Jpn1,2012年,勝ち馬ハタノヴァンクール)の2着馬。従姉デニムアンドルビーは、フローラS(G2,2013年)とローズS(G2,2013年)の勝ち馬。

 トーセンビクトリー:2012年生,父キングカメハメハ,母トゥザヴィクトリー,母の父*サンデーサイレンス
・カラクレナイ、フィリーズレビュー勝利(3/12)
 阪神競馬場で行われたフィリーズレビュー(G2,芝1400m)は、M.デムーロ騎乗の2番人気カラクレナイ(牝3歳,栗東・松下武士厩舎)が1分21秒0のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のレーヌミノル、3着にはゴールドケープが入った。
 カラクレナイの2代母*レッドチリペッパーは、富士S(G3,1999年)と中山牝馬S(G3,2000年)の勝ち馬。

 カラクレナイ:2014年生,父ローエングリン,母バーニングレッド,母の父アグネスタキオン
・ヤマカツエース、金鯱賞連覇(3/11)
 中京競馬場で行われた金鯱賞(G2,芝2000m)は、池添謙一騎乗の1番人気ヤマカツエース(牡5歳,栗東・池添兼雄厩舎)が1分59秒2のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはロードヴァンドール、3着にはスズカデヴィアスが入った。
 ヤマカツエースの叔父ワンダフルクエストは、イノセントC(旭川)とブリーダーズゴールドジュニアC(旭川)の勝ち馬。

 ヤマカツエース:2012年生,父キングカメハメハ,母ヤマカツマリリン,母の父*グラスワンダー
・オジュウチョウサン、阪神スプリングジャンプ勝利(3/11)
 阪神競馬場で行われた阪神スプリングジャンプ(J・G2,障害3900m)は、石神深一騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡7歳,美浦・和田正一郎厩舎)が4分28秒1のタイムで勝った。2着にはアップトゥデイト、3着にはタイセイドリームが入った。
 オジュウチョウサンの全兄ケイアイチョウサンは、ラジオNIKKEI賞(G3,2013年)の勝ち馬。伯父アルアランは、オグリキャップ記念(交流G2,2002年)とブリーダーズGC(交流G2,2002年)の勝ち馬。伯母パーフェクトジョイは、阪神牝馬S(G2,2008年,勝ち馬エイジアンウインズ)の3着馬。叔父アップアンカーは、名港盃([名古屋)とくろゆり賞(笠松)の勝ち馬。従兄メトロノースは、北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年)の勝ち馬。

 オジュウチョウサン:2011年生,父ステイゴールド,母シャドウシルエット,母の父*シンボリクリスエス
・カデナ、弥生賞勝利(3/5)
 中山競馬場で行われた弥生賞(G2,芝2000m)は、福永祐一騎乗の1番人気カデナ(牡3歳,栗東・中竹和也厩舎)が2分03秒2のタイムで勝った。2着にはマイスタイル、3着にはダンビュライトが入った。
 カデナの母フレンチリヴィエラ French Rivieraは、サラブレッドクラブ・オブ・アメリカS(米G3)の勝ち馬。半兄スズカコーズウェイは、京王杯スプリングC(G2,2009年)の勝ち馬。

 カデナ:2014年生,父ディープインパクト,母*フレンチリヴィエラ,母の父*フレンチデピュティ
・ラニ6着…ロングリヴァー、マクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3制覇(3/5)
 現地時間4日に首国メイダン競馬場で行われたマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3(首G1,ダート2000m)は、M.バルザローナ騎乗のロングリヴァー Long River(牡7歳,S.ビン・ガデイヤー厩舎)が勝った。2着にはSpecial Fighter、3着にはFuria Cruzadaが入った。日本から参戦したR.ムーア騎乗の*ラニ(牡4歳,栗東・松永幹夫厩舎)は、6着に敗れた。
 ロングリヴァー Long Riverの母ラウンドポンド Round Pondは、BCディスタフ(米G1)とエイコーンS(米G1)の勝ち馬。

 ロングリヴァー Long River:2010年生,アメリカ産,父A.P. Indy,母Round Pond,母の父Awesome Again
・メラグラーナ、オーシャンS勝利(3/4)
 中山競馬場で行われたオーシャンS(G3,芝1200m)は、戸崎圭太騎乗の1番人気*メラグラーナ(牝5歳,栗東・池添学厩舎)が1分08秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。池添学調教師は、重賞初勝利。ファストネットロック Fastnet Rock産駒は、日本の重賞初勝利。シークレットセイヴィングス Secret Savingsは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはナックビーナス、3着にはクリスマスが入った。
 *メラグラーナの従兄ファットアル Fat Alは、AJCエプソムH(豪G1)の勝ち馬。

 *メラグラーナ:2012年生,オーストラリア産,父Fastnet Rock,母Ghaliah,母の父Secret Savings
・ソウルスターリング、チューリップ賞勝利(3/4)
 阪神競馬場で行われたチューリップ賞(G3,芝1600m)は、C.ルメール騎乗の1番人気ソウルスターリング(牝3歳,美浦・藤沢和雄厩舎)が1分33秒2のタイムで勝った。2着にはミスパンテール、3着にはリスグラシューが入った。
 ソウルスターリングの母スタセリタ Stacelitaは、サンタラリ賞(仏G1)、仏オークス(仏G1)、ヴェルメイユ賞(仏G1)、ジャン・ロマネ賞(仏G1)、ビヴァリー・D.S(米G1)、フラワーボウル招待S(米G1)の勝ち馬。

 ソウルスターリング:2014年生,父Frankel,母*スタセリタ,母の父Monsun
・ワンミリオンス、エンプレス杯勝利(3/1)
 川崎競馬場で行われたエンプレス杯(交流Jpn2,ダート2100m)は、戸崎圭太騎乗の1番人気ワンミリオンス(牝4歳,栗東・小崎憲厩舎)が2分17秒0のタイムで勝った。2着にはリンダリンダ(大井)、3着にはヴィータアレグリア(JRA)が入った。
 ワンミリオンスの3代母ウイングズオブジョーヴ Wings of Joveは、メイトロンS(米G1)の勝ち馬。叔父*テスタマッタは、ジャパンダートダービー(交流Jpn1,2009年)とフェブラリーS(G1,2012年)の勝ち馬。

 ワンミリオンス:2013年生,父ゴールドアリュール,母*シーズインポッシブル,母の父Yankee Victor

HOME