HOME

〜2017年2月のニュース〜
・ネオリアリズム、中山記念勝利(2/26)
 中山競馬場で行われた中山記念(G2,芝1800m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気ネオリアリズム(牡6歳,美浦・堀宣行厩舎)が1分47秒6のタイムで勝った。2着にはサクラアンプルール、3着にはロゴタイプが入った。1番人気のアンビシャスは、4着に敗れた。
 ネオリアリズムの半兄アイルラヴァゲインは、オーシャンS(Jpn3,2007年)の勝ち馬。半兄リアルインパクトは、安田記念(G1,2011年)とATCジョージ・ライダーS(豪G1)の勝ち馬。

 ネオリアリズム:2011年生,父ネオユニヴァース,母*トキオリアリティー,母の父Meadowlake
・トーキングドラム、阪急杯勝利(2/26)
 阪神競馬場で行われた阪急杯(G3,芝1400m)は、幸英明騎乗の7番人気トーキングドラム(牡6歳,美浦・斎藤誠厩舎)が1分21秒4のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはヒルノデイバロー、3着にはナガラオリオンが入った。1番人気のシュウジは、8着に敗れた。
 トーキングドラムの伯父ベイトン Beytonは、キング・エドワードVIIS(英G2)の勝ち馬。

 トーキングドラム:2010年生,父キングカメハメハ,母トランシーフレーズ,母の父*サンデーサイレンス
・ペルシアンナイト、アーリントンC勝利(2/25)
 阪神競馬場で行われたアーリントンC(G3,芝1600m)は、M.デムーロ騎乗の1番人気ペルシアンナイト(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分34秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはレッドアンシェル、3着にはディバインコードが入った。
 ペルシアンナイトの伯父ゴールドアリュールは、ジャパンダートダービー(交流G1,2002年)、ダービーグランプリ(交流G1,2002年)、東京大賞典(交流G1,2002年)、フェブラリーS(G1,2003年)の勝ち馬。叔父ゴールスキーは、根岸S(G3,2014年)の勝ち馬。従兄ソロルは、マーチS(G3,2014年)の勝ち馬。

 ペルシアンナイト:2014年生,父*ハービンジャー,母オリエントチャーム,母の父*サンデーサイレンス
・ゴールドドリーム、フェブラリーS制覇(2/19)
 東京競馬場で行われたフェブラリーS(G1,ダート1600m)は、M.デムーロ騎乗の2番人気ゴールドドリーム(牡5歳,栗東・平田修厩舎)が1分35秒1のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。2着には*ベストウォーリア、3着には1番人気のカフジテイクが入った。
 ゴールドドリームの母モンヴェールは、関東オークス(交流Jpn2,2006年,勝ち馬チャームアスリープ)の3着馬。

 ゴールドドリーム:2013年生,父ゴールドアリュール,母モンヴェール,母の父*フレンチデピュティ
・マルターズアポジー、小倉大賞典勝利(2/19)
 小倉競馬場で行われた小倉大賞典(G3,芝1800m)は、武士沢友治騎乗の4番人気マルターズアポジー(牡5歳,美浦・堀井雅広厩舎)が1分45秒8のタイムで勝った。2着にはヒストリカル、3着にはクラリティスカイが入った。1番人気の*ストロングタイタンは、5着に敗れた。
 マルターズアポジーの母*マルターズヒートは、フェアリーS(G3,2003年)の勝ち馬。

 マルターズアポジー:2012年生,父*ゴスホークケン,母*マルターズヒート,母の父Old Trieste
・アルバート、ダイヤモンドS勝利(2/18)
 東京競馬場で行われたダイヤモンドS(G3,芝3400m)は、R.ムーア騎乗の1番人気アルバート(牡6歳,美浦・堀宣行厩舎)が3分35秒2のタイムで勝った。2着にはラブラドライト、3着にはカフジプリンスが入った。
 アルバートの伯母オーバーザウォールは、福島記念(G3,1998年)の勝ち馬。叔父サンバレンティンは、福島記念(G3,2006年)と七夕賞(G3,2007年)の勝ち馬。叔父インティライミは、京都新聞杯(G2,2005年)、京都大賞典(G2,2007年)、朝日チャレンジC(G3,2007年)の勝ち馬。従姉アロマティコは、クイーンS(G3,2014年,勝ち馬キャトルフィーユ)の2着馬。

 アルバート:2011年生,父アドマイヤドン,母フォルクローレ,母の父ダンスインザダーク
・レッツゴードンキ、京都牝馬S勝利(2/18)
 京都競馬場で行われた京都牝馬S(G3,芝1400m)は、岩田康誠騎乗の1番人気レッツゴードンキ(牝5歳,栗東・梅田智之厩舎)が1分22秒5のタイムで勝った。2着にはワンスインナムーン、3着にはスナッチマインドが入った。
 レッツゴードンキの半兄マルトクスパートは、東海桜花賞(名古屋)とサマーC(笠松)の勝ち馬。

 レッツゴードンキ:2012年生,父キングカメハメハ,母マルトク,母の父マーベラスサンデー
・スワーヴリチャード、共同通信杯勝利(2/12)
 東京競馬場で行われた共同通信杯(G3,芝1800m)は、四位洋文騎乗の2番人気スワーヴリチャード(牡3歳,栗東・庄野靖志厩舎)が1分47秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはエトルディーニュ、3着には1番人気のムーヴザワールドが入った。
 スワーヴリチャードの半兄バンドワゴンは、きさらぎ賞(G3,2014年,勝ち馬トーセンスターダム)の2着馬。

 スワーヴリチャード:2014年生,父ハーツクライ,母ピラミマ,母の父Unbridled's Song
・サトノクラウン、京都記念連覇(2/12)
 京都競馬場で行われた京都記念(G2,芝2200m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気サトノクラウン(牡5歳,美浦・堀宣行厩舎)が2分14秒1のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはスマートレイアー、3着には1番人気のマカヒキが入った。
 サトノクラウンの全姉ライトニングパール Lightening Pearlは、チェヴァリーパークS(英G1)の勝ち馬。

 サトノクラウン:2012年生,父Marju,母*ジョコンダII,母の父Rossini
・アドマイヤミヤビ、クイーンC勝利(2/11)
 東京競馬場で行われたクイーンC(G3,芝1600m)は、C.ルメール騎乗の1番人気アドマイヤミヤビ(牝3歳,栗東・友道康夫厩舎)が1分33秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはアエロリット、3着にはフローレスマジックが入った。
 アドマイヤミヤビの3代母ウインドインハーヘア Wind in Her Hairは、アラル・ポカル(独G1)の勝ち馬。

 アドマイヤミヤビ:2014年生,父ハーツクライ,母レディスキッパー,母の父*クロフネ
・11日の小倉競馬、積雪により開催中止(2/11)
 11日の小倉競馬は、積雪の影響により開催中止となった。代替競馬は、13日(出馬表は変更無し)に開催されるとのこと。
・ロンドンタウン、佐賀記念勝利(2/7)
 佐賀競馬場で行われた佐賀記念(交流Jpn3,ダート2000m)は、川田将雅騎乗の1番人気ロンドンタウン(牡4歳,栗東・牧田和弥厩舎)が2分06秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。カネヒキリ産駒は、グレードレース初勝利。2着にはタムロミラクル(JRA)、3着にはストロングサウザー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。

 ロンドンタウン:2013年生,父カネヒキリ,母フェアリーバニヤン,母の父Honour and Glory
・ブラックスピネル、東京新聞杯勝利(2/5)
 東京競馬場で行われた東京新聞杯(G3,芝1600m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気ブラックスピネル(牡4歳,栗東・音無秀孝厩舎)が1分34秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはプロディガルサン、3着には1番人気のエアスピネルが入った。
 ブラックスピネルの叔父ダンビュライトは、サウジアラビアロイヤルC(G3,2016年,勝ち馬ブレスジャーニー)の2着馬。

 ブラックスピネル:2013年生,父タニノギムレット,母モルガナイト,母の父*アグネスデジタル
・アメリカズカップ、きさらぎ賞勝利(2/5)
 京都競馬場で行われたきさらぎ賞(G3,芝1800m)は、松若風馬騎乗の6番人気アメリカズカップ(牡3歳,栗東・音無秀孝厩舎)が1分50秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のサトノアーサー、3着にはダンビュライトが入った。
 アメリカズカップの半姉オメガインベガスは、報知グランプリC(船橋)の勝ち馬。伯母ノーマターホワット No Matter Whatは、デルマー・オークス(米G1)の勝ち馬。伯父イードバイ E Dubaiは、ドゥワイアーS(米G2)とサバーバンH(米G2)の勝ち馬。従兄ジャストアズウェル Just as Wellは、アーリントンH(米G3)の勝ち馬。従姉ウインターヴュー Winter Viewは、ビウィッチS(米G3)とオールアロングS(米G3)の勝ち馬。従姉レインボウヴュー Rainbow Viewは、フィリーズ・マイル(英G1)と愛メイトロンS(愛G1)の勝ち馬。従兄アトリー Utleyは、ディキシーS(米G2)の勝ち馬。

 アメリカズカップ:2014年生,父マンハッタンカフェ,母*ベガスナイト,母の父*コロナドズクエスト
・オールブラッシュ、川崎記念制覇(2/1)
 川崎競馬場で行われた川崎記念(交流Jpn1,ダート2100m)は、C.ルメール騎乗の5番人気オールブラッシュ(牡5歳,栗東・村山明厩舎)が2分14秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利をJpn1制覇で果たした。2着には1番人気のサウンドトゥルー(JRA)、3着にはコスモカナディアン(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 オールブラッシュの半兄ファーストブラッシュ First Blushは、スペクタキュラービッドS(米G3)の勝ち馬。従姉マレンズメドウ Maren's Meadowは、ブルボネット・オークスS(米G3)とモンマス・オークス(米G3)の勝ち馬。

 オールブラッシュ:2012年生,父*ウォーエンブレム,母*ブラッシングプリンセス,母の父Crafty Prospector

HOME