HOME

〜2016年12月のニュース〜
・アポロケンタッキー、東京大賞典制覇(12/29)
 大井競馬場で行われた東京大賞典(交流G1,ダート2000m)は、内田博幸騎乗の5番人気*アポロケンタッキー(牡4歳,栗東・山内研二厩舎)が2分05秒8のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。ラングフール Langfuhr産駒は、日本のG1初制覇。2着には*アウォーディー(JRA)、3着にはサウンドトゥルー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。

 *アポロケンタッキー:2012年生,アメリカ産,父Langfuhr,母Dixiana Delight,母の父Gone West
・ニシケンモノノフ、兵庫ゴールドT勝利(12/28)
 園田競馬場で行われた兵庫ゴールドT(交流Jpn3,ダート1400m)は、横山典弘騎乗の2番人気ニシケンモノノフ(牡5歳,栗東・庄野靖志厩舎)が1分25秒8のタイムで勝った。2着にはドリームバレンチノ(JRA)、3着には1番人気のノボバカラ(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 ニシケンモノノフの従兄カイヨウソルトオーは、黒潮皐月賞(高知)と高知優駿(高知)の勝ち馬。

 ニシケンモノノフ:2011年生,父メイショウボーラー,母グリーンヒルコマチ,母の父*アフリート
・サトノダイヤモンド、有馬記念制覇(12/25)
 中山競馬場で行われた有馬記念(G1,芝2500m)は、C.ルメール騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が2分32秒6のタイムで勝った。2着にはキタサンブラック、3着にはゴールドアクターが入った。
 サトノダイヤモンドの母マルペンサ Malpensaは、コパ・デ・プラタ大賞典(亜G1)、フィルベルト・レレナ大賞典(亜G1)、クリアドレス大賞典(亜G1)の勝ち馬。

 サトノダイヤモンド:2013年生,父ディープインパクト,母*マルペンサ,母の父Orpen
・レイデオロ、ホープフルS勝利(12/25)
 中山競馬場で行われたホープフルS(G2,芝2000m)は、C.ルメール騎乗の1番人気レイデオロ(牡2歳,美浦・藤沢和雄厩舎)が2分01秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはマイネルスフェーン、3着にはグローブシアターが入った。
 レイデオロの叔父ゴルトブリッツは、帝王賞(交流Jpn1,2012年)の勝ち馬。

 レイデオロ:2014年生,父キングカメハメハ,母ラドラーダ,母の父*シンボリクリスエス
・シュウジ、阪神C勝利(12/24)
 阪神競馬場で行われた阪神C(G2,芝1400m)は、川田将雅騎乗の7番人気シュウジ(牡3歳,栗東・須貝尚介厩舎)が1分21秒9のタイムで勝った。2着にはイスラボニータ、3着にはフィエロが入った。1番人気のミッキーアイルは、6着に敗れた。
 シュウジの半兄ツルマルレオンは、北九州記念(G3,2013年)の勝ち馬。

 シュウジ:2013年生,父*キンシャサノキセキ,母*カストリア,母の父Kingmambo
・オジュウチョウサン、中山大障害制覇(12/23)
 中山競馬場で行われた中山大障害(J・G1,障害4100m)は、石神深一騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡5歳,美浦・和田正一郎厩舎)が4分45秒6のタイムで勝ち、春秋J・G1制覇を果たした。2着にはアップトゥデイト、3着にはルペールノエルが入った。
 オジュウチョウサンの全兄ケイアイチョウサンは、ラジオNIKKEI賞(G3,2013年)の勝ち馬。伯父アルアランは、オグリキャップ記念(交流G2,2002年)とブリーダーズGC(交流G2,2002年)の勝ち馬。伯母パーフェクトジョイは、阪神牝馬S(G2,2008年,勝ち馬エイジアンウインズ)の3着馬。叔父アップアンカーは、名港盃([名古屋)とくろゆり賞(笠松)の勝ち馬。従兄メトロノースは、北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年)の勝ち馬。

 オジュウチョウサン:2011年生,父ステイゴールド,母シャドウシルエット,母の父*シンボリクリスエス
・サトノアレス、朝日杯フューチュリティS制覇(12/18)
 阪神競馬場で行われた朝日杯フューチュリティS(G1,芝1600m)は、四位洋文騎乗の6番人気サトノアレス(牡2歳,美浦・藤沢和雄厩舎)が1分35秒4のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。2着にはモンドキャンノ、3着にはボンセルヴィーソが入った。1番人気のミスエルテは、4着に敗れた。
 サトノアレスの3代母クリムズンセイント Crimson Saintの産駒には、ターリングァ Terlingua(ハリウッド・ジュヴェナイル・チャンピオンシップ(米G2)デルマー・デビュタントS(米G2)、ハリウッド・ラッシーS(米G2))、パンチョヴィラ Pancho Villa(ベイ・ショアS(米G2)、シルヴァー・スクリーンH(米G2))、*ロイヤルアカデミーII(BCマイル(米G1)、ジュライC(英G1))がいる。

 サトノアレス:2014年生,父ディープインパクト,母*サトノアマゾネス,母の父*デインヒル
・マジックタイム、ターコイズS勝利(12/17)
 中山競馬場で行われたターコイズS(重賞,芝1600m)は、C.ルメール騎乗の1番人気マジックタイム(牝5歳,美浦・中川公成厩舎)が1分33秒6のタイムで勝った。2着にはレッツゴードンキ、3着にはカフェブリリアントが入った。
 マジックタイムの母タイムウィルテルは、フローラS(G2,2003年,勝ち馬シンコールビー)の2着馬。従兄ゲシュタルトは、京都新聞杯(G2,2010年)の勝ち馬。

 マジックタイム:2011年生,父ハーツクライ,母タイムウィルテル,母の父*ブライアンズタイム
・アムールブリエ、名古屋グランプリ連覇(12/15)
 名古屋競馬場で行われた名古屋グランプリ(交流Jpn2,ダート2500m)は、C.ルメール騎乗の2番人気*アムールブリエ(牝5歳,栗東・松永幹夫厩舎)が2分41秒7のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着には1番人気のケイティブレイブ(JRA)、3着にはカツゲキキトキト(愛知)が入った。
 *アムールブリエの母ヘヴンリーロマンスは、天皇賞・秋(G1,2005年)の勝ち馬。半兄*アウォーディーは、JBCクラシック(交流Jpn1,2016年)の勝ち馬。半弟*ラニは、UAEダービー(首G2)の勝ち馬。

 *アムールブリエ:2011年生,アメリカ産,父Smart Strike,母ヘヴンリーロマンス,母の父*サンデーサイレンス
・リエノテソーロ、全日本2歳優駿制覇(12/14)
 川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿(交流Jpn1,ダート1600m)は、吉田隼人騎乗の1番人気*リエノテソーロ(牝2歳,美浦・武井亮厩舎)が1分42秒8のタイムで勝ち、Jpn1初制覇を果たした。武井亮調教師は、Jpn1初制覇。スパイツタウン Speightstown産駒は、Jpn1初制覇。ラングフール Langfuhrは、BMSとしてJpn1初制覇。2着にはシゲルコング(JRA)、3着にはローズジュレップ(北海道)が入った。

 *リエノテソーロ:2014年生,アメリカ産,父Speightstown,母Akilina,母の父Langfuhr
・有終の美!モーリス、香港カップ制覇(12/11)
 香港シャティン競馬場で行われた香港カップ(香港G1,芝2000m)は、R.ムーア騎乗のモーリス(牡5歳,美浦・堀宣行厩舎)が2分00秒95のタイムで勝ち、引退レースを勝利で飾った。2着にはSecret Weapon、3着にはC.スミヨン騎乗のステファノス(牡5歳,栗東・藤原英昭厩舎)が入った。日本から参戦したH.ボウマン騎乗のラブリーデイ(牡6歳,栗東・池江泰寿厩舎)は4着、M.デムーロ騎乗のクイーンズリング(牝4歳,栗東・吉村圭司厩舎)は9着、武豊騎乗のエイシンヒカリ(牡5歳,栗東・坂口正則厩舎)は10着に、それぞれ敗れた。
 モーリスの2代母メジロモントレーは、クイーンS(G3,1989年)、金杯・東(G3,1990年)、アルゼンチン共和国杯(G2,1990年)、アメリカJCC(G2,1991年)の勝ち馬。伯父メジロアトラスは、ダイオライト記念(交流G2,2001年,勝ち馬リージェントブラフ)の3着馬。

 モーリス:2011年生,父スクリーンヒーロー,母メジロフランシス,母の父*カーネギー
・ロゴタイプ5着…ビューティーオンリー、香港マイル制覇(12/11)
 香港シャティン競馬場で行われた香港マイル(香港G1,芝1600m)は、Z.パートン騎乗のビューティーオンリー Beauty Only(セン5歳,A.クルーズ厩舎)が1分33秒48のタイムで勝った。2着にはHelene Paragon、3着にはJoyful Trinityが入った。日本から参戦したM.デムーロ騎乗のロゴタイプ(牡6歳,美浦・田中剛厩舎)は5着、川田将雅騎乗のサトノアラジン(牡5歳,栗東・池江泰寿厩舎)は7着、R.ムーア騎乗のネオリアリズム(牡5歳,美浦・堀宣行厩舎)は9着に、それぞれ敗れた。
 ビューティーオンリー Beauty Onlyの伯父レートパレード Late Paradeは、ナポリ市大賞典(伊G3,3回)の勝ち馬。伯母スウィートルディ Sweet Ludyは、ハニムーンH(米G2)とサクラメントH(米G2)の勝ち馬。従兄コンフューチアス Confuchiasは、キラヴーランS(愛G3)とチップチェイスS(英G3)の勝ち馬。

 ビューティーオンリー Beauty Only:2011年生,アイルランド産,父Holy Roman Emperor,母Goldendale,母の父Ali-Royal
・ビッグアーサー10着…エアロヴェロシティ、香港スプリント制覇(12/11)
 香港シャティン競馬場で行われた香港スプリント(香港G1,芝1200m)は、Z.パートン騎乗のエアロヴェロシティ Aerovelocity(セン8歳,P.オサリバン厩舎)が1分08秒80のタイムで勝った。2着にはLucky Bubbles、3着にはPeniaphobiaが入った。日本から参戦したR.ムーア騎乗のビッグアーサー(牡5歳,栗東・藤岡健一厩舎)は10着、M.デムーロ騎乗のレッドファルクス(牡5歳,美浦・尾関知人厩舎)は12着に、それぞれ敗れた。

 エアロヴェロシティ Aerovelocity:2008年生,ニュージーランド産,父Pins,母Exodus,母の父Kaapstad
・ソウルスターリング、阪神ジュベナイルフィリーズ制覇(12/11)
 阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(G1,芝1600m)は、C.ルメール騎乗の1番人気ソウルスターリング(牝2歳,美浦・藤沢和雄厩舎)が1分34秒0のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。フランケル Frankel産駒は、G1初制覇。モンズーン Monsunは、BMSとして日本のG1初制覇。2着にはリスグラシュー、3着にはレーヌミノルが入った。
 ソウルスターリングの母スタセリタ Stacelitaは、サンタラリ賞(仏G1)、仏オークス(仏G1)、ヴェルメイユ賞(仏G1)、ジャン・ロマネ賞(仏G1)、ビヴァリー・D.S(米G1)、フラワーボウル招待S(米G1)の勝ち馬。

 ソウルスターリング:2014年生,父Frankel,母*スタセリタ,母の父Monsun
・ノボバカラ、カペラS勝利(12/11)
 中山競馬場で行われたカペラS(G3,ダート1200m)は、内田博幸騎乗の3番人気ノボバカラ(牡4歳,美浦・天間昭一厩舎)が1分10秒2のタイムで勝った。2着にはニシケンモノノフ、3着には1番人気のコーリンベリーが入った。
 ノボバカラの3代母テイクレイディアン Take Lady Anneの産駒ソルトレイク Salt Lakeは、ホープフルS(米G1)の勝ち馬。

 ノボバカラ:2012年生,父アドマイヤオーラ,母ノボキッス,母の父*フレンチデピュティ
・サトノクラウン、香港ヴァーズ制覇(12/11)
 香港シャティン競馬場で行われた香港ヴァーズ(香港G1,芝2400m)は、J.モレイラ騎乗のサトノクラウン(牡4歳,美浦・堀宣行厩舎)が2分26秒22のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。2着にはHighland Reel、3着にはOne Foot In Heavenが入った。日本から参戦した岩田康誠騎乗のヌーヴォレコルト(牝5歳,美浦・斎藤誠厩舎)は4着、武豊騎乗のスマートレイアー(牝6歳,栗東・大久保龍志厩舎)は5着に、それぞれ敗れた。
 サトノクラウンの全姉ライトニングパール Lightening Pearlは、チェヴァリーパークS(英G1)の勝ち馬。

 サトノクラウン:2012年生,父Marju,母*ジョコンダII,母の父Rossini
・マイネルハニー、チャレンジC勝利(12/10)
 阪神競馬場で行われたチャレンジC(G3,芝1800m)は、柴田大知騎乗の9番人気マイネルハニー(牡3歳,美浦・栗田博憲厩舎)が1分46秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはベルーフ、3着にはケイティープライドが入った。1番人気のフルーキーは、4着に敗れた。
 マイネルハニーの2代母ハスキーハニーは、セントウルS(G3,1991年,勝ち馬ニフティニース)の2着馬。3代母クインリマンドは、桜花賞(1976年,勝ち馬テイタニヤ)の2着馬。

 マイネルハニー:2013年生,父マツリダゴッホ,母ブライアンハニー,母の父ナリタブライアン
・トロワボヌール、クイーン賞勝利(12/7)
 船橋競馬場で行われたクイーン賞(交流Jpn3,ダート1800m)は、C.ルメール騎乗の1番人気トロワボヌール(牝6歳,美浦・畠山吉宏厩舎)が1分53秒8のタイムで勝った。2着にはタイニーダンサー(JRA)、3着にはタイムビヨンド(北海道)が入った。
 トロワボヌールの母チューニーは、クイーンC(G3,2003年)の勝ち馬。3代母マジックオブライフ Magic of Lifeは、コロネーションS(英G1)の勝ち馬。半兄フジマサエンペラーは、東京スポーツ杯2歳S(G3,2011年,勝ち馬ディープブリランテ)の2着馬。伯父アズマビヨンドは、阪神ジャンプS(J・G3,2005年)の勝ち馬。従兄ノボリハウツーは、阪神ジャンプS(J・G3,2006年,勝ち馬コウエイトライ)の2着馬。姪ゲッカコウは、フラワーC(G3,2016年,勝ち馬エンジェルフェイス)の2着馬。

 トロワボヌール:2010年生,父*バゴ,母チューニー,母の父*サンデーサイレンス
・サウンドトゥルー、チャンピオンズC制覇(12/4)
 中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1,ダート1800m)は、大野拓弥騎乗の6番人気サウンドトゥルー(セン6歳,美浦・高木登厩舎)が1分50秒1のタイムで勝った。2着には1番人気の*アウォーディー、3着にはアスカノロマンが入った。
 サウンドトゥルーの叔母アンダーゴールドは、ひまわり賞(盛岡)の勝ち馬。

 サウンドトゥルー:2010年生,父*フレンチデピュティ,母キョウエイトルース,母の父フジキセキ
・アルバート、ステイヤーズS連覇(12/3)
 中山競馬場で行われたステイヤーズS(G2,芝3600m)は、R.ムーア騎乗の1番人気アルバート(牡5歳,美浦・堀宣行厩舎)が3分47秒4のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはファタモルガーナ、3着にはモンドインテロが入った。
 アルバートの伯母オーバーザウォールは、福島記念(G3,1998年)の勝ち馬。叔父サンバレンティンは、福島記念(G3,2006年)と七夕賞(G3,2007年)の勝ち馬。叔父インティライミは、京都新聞杯(G2,2005年)、京都大賞典(G2,2007年)、朝日チャレンジC(G3,2007年)の勝ち馬。従姉アロマティコは、クイーンS(G3,2014年,勝ち馬キャトルフィーユ)の2着馬。

 アルバート:2011年生,父アドマイヤドン,母フォルクローレ,母の父ダンスインザダーク
・ヤマカツエース、金鯱賞勝利(12/3)
 中京競馬場で行われた金鯱賞(G2,芝2000m)は、池添謙一騎乗の4番人気ヤマカツエース(牡4歳,栗東・池添兼雄厩舎)が1分59秒7のタイムで勝った。2着にはパドルウィール、3着はシュンドルボンとサトノノブレスが同着となった。1番人気のヴォルシェーブは、9着に敗れた。
 ヤマカツエースの叔父ワンダフルクエストは、イノセントC(旭川)とブリーダーズゴールドジュニアC(旭川)の勝ち馬。

 ヤマカツエース:2012年生,父キングカメハメハ,母ヤマカツマリリン,母の父*グラスワンダー

HOME