HOME

〜2016年11月のニュース〜
・ネロ、京阪杯勝利(11/27)
 京都競馬場で行われた京阪杯(G3,芝1200m)は、M.バルザローナ騎乗の2番人気ネロ(牡5歳,栗東・森秀行厩舎)が1分10秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には*エイシンスパルタン、3着にはフミノムーンとアースソニックが同着となった。
 ネロの母ニシノタカラヅカは、ファンタジーS(G3,2005年,勝ち馬アルーリングボイス)の3着馬。伯母ニシノフラワーは、阪神3歳牝馬S(G1,1991年)、桜花賞(G1,1992年)、スプリンターズS(G1,1992年)の勝ち馬。従姉ニシノマナムスメは、マイラーズC(G2,2008年,勝ち馬カンパニー)と愛知杯(G3,2007年,勝ち馬ディアデラノビア)の2着馬。従兄ニシノシンフォニーは、セントライト記念(G2,2003年,勝ち馬ヴィータローザ)の勝ち馬。従兄ニシノヘブンズドアは、新潟ジャンプS(G3,2006年,勝ち馬ストームセイコー)の2着馬。

 ネロ:2011年生,父*ヨハネスブルグ,母ニシノタカラヅカ,母の父*サンデーサイレンス
・キタサンブラック、ジャパンC制覇(11/27)
 東京競馬場で行われたジャパンC(G1,芝2400m)は、武豊騎乗の1番人気キタサンブラック(牡4歳,栗東・清水久詞厩舎)が2分25秒8のタイムで勝った。2着にはサウンズオブアース、3着にはシュヴァルグランが入った。
 キタサンブラックの半兄ショウナンバッハは、アメリカJCC(G2,2016年,勝ち馬ディサイファ)の3着馬。従兄アドマイヤフライトは、日経新春杯(G2,2014年,勝ち馬サトノノブレス)の2着馬。

 キタサンブラック:2012年生,父ブラックタイド,母シュガーハート,母の父サクラバクシンオー
・カデナ、京都2歳S勝利(11/26)
 京都競馬場で行われた京都2歳S(G3,芝2000m)は、福永祐一騎乗の3番人気カデナ(牡2歳,栗東・中竹和也厩舎)が2分02秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のヴァナヘイム、3着には*ベストアプローチが入った。
 カデナの母フレンチリヴィエラ French Rivieraは、サラブレッドクラブ・オブ・アメリカS(米G3)の勝ち馬。半兄スズカコーズウェイは、京王杯スプリングC(G2,2009年)の勝ち馬。

 カデナ:2014年生,父ディープインパクト,母*フレンチリヴィエラ,母の父*フレンチデピュティ
・ヌーヴォレコルト、米G3レッド・カーペットH勝利(11/25)
 現地時間24日に米国デルマー競馬場で行われたレッド・カーペットH(米G3,芝11f)は、岩田康誠騎乗のヌーヴォレコルト(牝5歳,美浦・斎藤誠厩舎)が2分15秒56のタイムで勝った。2着にはArles、3着にはSwear by Itが入った。
 ヌーヴォレコルトの叔母ゴッドインチーフは、ファンタジーS(G3,1998年,勝ち馬プリモディーネ)とチューリップ賞(G3,1999年,勝ち馬エイシンルーデンス)の2着馬。

 ヌーヴォレコルト:2011年生,父ハーツクライ,母オメガスピリット,母の父*スピニングワールド
・ローズジュレップ、兵庫ジュニアグランプリ勝利(11/23)
 園田競馬場で行われた兵庫ジュニアグランプリ(交流Jpn2,ダート1400m)は、川原正一 騎乗の6番人気ローズジュレップ(牡2歳,北海道・田中淳司厩舎)が1分29秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。*コロナドズクエストは、BMSとして日本のグレードレース初勝利。2着にはハングリーベン(JRA)、3着にはバリスコア(北海道)が入った。1番人気のアズールムーンは、5着に敗れた。
 ローズジュレップの3代母タニノクリスタルは、サファイヤS(G3,1991年,勝ち馬テンザンハゴロモ)の3着馬。タニノクリスタルの産駒タニノギムレットは、東京優駿(G1,2002年)の勝ち馬。

 ローズジュレップ:2014年生,父*ロージズインメイ,母タニノジュレップ,母の父*コロナドズクエスト
・ケイティブレイブ、浦和記念勝利(11/22)
 浦和競馬場で行われた浦和記念(交流Jpn2,ダート2000m)は、武豊騎乗の1番人気ケイティブレイブ(牡3歳,栗東・目野哲也厩舎)が2分07秒0のタイムで勝った。2着にはクリソライト(JRA)、3着にはハッピースプリント(大井)が入った。
 ケイティブレイブの伯父ビーマイナカヤマは、北海道スプリントC(交流G3,1999年)、ガーネットS(G3,2000年&2001年)など、重賞8勝馬。伯父マイネルフォーグは、京王杯2歳S(G2,2006年,勝ち馬マイネルレーニア)とニュージーランドT(G2,2007年,勝ち馬トーホウレーサー)の2着馬。従兄マイネルブルックは、きさらぎ賞(G3,2004年)の勝ち馬。従姉ケイティラブは、アイビスサマーダッシュ(G3,2010年)の勝ち馬。

 ケイティブレイブ:2013年生,父アドマイヤマックス,母ケイティローレル,母の父サクラローレル
・ジャパンCに出走予定の外国馬
イラプト Erupt(牡4)−仏国
 主な勝ち鞍:パリ大賞典(仏G1),加インターナショナルS(加G1),リス賞(仏G3)
 生年:2012年/生産国:アイルランド
 父Dubawi,母Mare Nostrum,母の父Caerleon

イキートス Iquitos(牡4)−独国
 主な勝ち鞍:バーデン大賞典(独G1),ヴィルトシャフト大賞典(独G2)
 生年:2012年/生産国:ドイツ
 父Adlerflug,母Irika,母の父Areion

ナイトフラワー Nightflower(牝4)−独国
 主な勝ち鞍:オイロパ賞(独G1)2回,独オークス・トライアル(独G2)
 生年:2012年/生産国:アイルランド
 父Dylan Thomas,母Night of Magic,母の父*パントレセレブル
・ミッキーアイル、マイルチャンピオンシップ制覇(11/20)
 京都競馬場で行われたマイルチャンピオンシップ(G1,芝1600m)は、浜中俊騎乗の3番人気ミッキーアイル(牡5歳,栗東・音無秀孝厩舎)が1分33秒1のタイムで勝った。2着にはイスラボニータ、3着にはネオリアリズムが入った。1番人気のサトノアラジンは、5着に敗れた。
 ミッキーアイルの2代母アイルドフランス Isle De Franceは、ミネルヴ賞(仏G3)とヒルズボローH(米G3)の勝ち馬。3代母ステラマドリッド Stella Madridは、エイコーンS(米G1)、スピナウェイS(米G1)、フリゼットS(米G1)、メイトロンS(米G1)の勝ち馬。

 ミッキーアイル:2011年生,父ディープインパクト,母スターアイル,母の父*ロックオブジブラルタル
・ブレスジャーニー、東京スポーツ杯2歳S勝利(11/19)
 東京競馬場で行われた東京スポーツ杯2歳S(G3,芝1800m)は、柴田善臣騎乗の2番人気ブレスジャーニー(牡2歳,美浦・本間忍厩舎)が1分48秒3のタイムで勝った。2着にはスワーヴリチャード、3着には1番人気のムーヴザワールドが入った。
 ブレスジャーニーの3代母ダイナカールは、優駿牝馬(1983年)の勝ち馬。従兄オベロンは、京都ジャンプS(J・G3,2014年,勝ち馬オースミムーン)の3着馬。

 ブレスジャーニー:2014年生,父*バトルプラン,母エルフィンパーク,母の父タニノギムレット
・クイーンズリング、エリザベス女王杯制覇(11/13)
 京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1,芝2200m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気クイーンズリング(牝4歳,栗東・吉村圭司厩舎)が2分12秒9のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。アナバー Anabaaは、BMSとして日本のG1初制覇。2着にはシングウィズジョイが入り、マンハッタンカフェ産駒のワンツーフィニッシュとなった。3着にはミッキークイーンが入った。1番人気のマリアライトは、6着に敗れた。
 クイーンズリングの伯母トレストレラ Torrestrellaは、仏1000ギニー(仏G1)の勝ち馬。従姉ファーマー Farmahは、カルロ&フランチェスコ・アロイージ賞(伊G3)の勝ち馬。従兄インティラーク Intilaaqは、ローズ・オブ・ランカスターS(英G3)の勝ち馬。

 クイーンズリング:2012年生,父マンハッタンカフェ,母アクアリング,母の父Anabaa
・マルターズアポジー、福島記念勝利(11/13)
 福島競馬場で行われた福島記念(G3,芝2000m)は、武士沢友治騎乗の7番人気マルターズアポジー(牡4歳,美浦・堀井雅広厩舎)が2分00秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。*ゴスホークケン産駒は、重賞初勝利。オールドトリエステ Old Triesteは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着には1番人気のゼーヴィント、3着にはダイワドレッサーが入った。
 マルターズアポジーの母*マルターズヒートは、フェアリーS(G3,2003年)の勝ち馬。

 マルターズアポジー:2012年生,父*ゴスホークケン,母*マルターズヒート,母の父Old Trieste
・ジューヌエコール、デイリー杯2歳S勝利(11/12)
 京都競馬場で行われたデイリー杯2歳S(G2,芝1600m)は、福永祐一騎乗の2番人気ジューヌエコール(牝2歳,栗東・安田隆行厩舎)が1分34秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはボンセルヴィーソ、3着にはサングレーザーが入った。1番人気のタイセイスターリーは、8着に敗れた。
 ジューヌエコールの伯母モンローブロンドは、ファンタジーS(G3,2004年,勝ち馬ラインクラフト)の2着馬。叔父ノットアローンは、ラジオNIKKEI賞(Jpn3,2008年,勝ち馬レオマイスター)の2着馬。叔父ランフォルセは、ダイオライト記念(交流Jpn2,2012年)、浦和記念(交流Jpn2,2013年)、エルムS(G3,2011年)、佐賀記念(交流Jpn3,2014年)の勝ち馬。叔父ノーザンリバーは、さきたま杯(交流Jpn2,2014年&2015年)、東京盃(交流Jpn2,2014年)など、重賞6勝馬。従兄ロジユニヴァースは、東京優駿(Jpn1,2009年)の勝ち馬。従兄オデュッセウスは、兵庫ジュニアグランプリ(交流Jpn2,2015年,勝ち馬サウンドスカイ)の3着馬。従妹ディアドラは、ファンタジーS(G3,2016年,勝ち馬ミスエルテ)の3着馬。

 ジューヌエコール:2014年生,父*クロフネ,母ルミナスポイント,母の父アグネスタキオン
・タガノトネール、武蔵野S勝利(11/12)
 東京競馬場で行われた武蔵野S(G3,ダート1600m)は、田辺裕信騎乗の8番人気タガノトネール(セン6歳,栗東・鮫島一歩厩舎)が1分33秒8のレコードタイムで勝った。2着にはゴールドドリーム、3着にはカフジテイクが入った。1番人気のモーニンは、7着に敗れた。
 タガノトネールの半弟タガノエスプレッソは。デイリー杯2歳S(G2,2014年)の勝ち馬。

 タガノトネール:2010年生,父*ケイムホーム,母タガノレヴェントン,母の父キングカメハメハ
・ドリームセーリング、京都ジャンプS勝利(11/12)
 京都競馬場で行われた京都ジャンプS(J・G3,障害3170m)は、石神深一騎乗の4番人気ドリームセーリング(牡9歳,美浦・田島俊明厩舎)が3分32秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のニホンピロバロン、3着にはウインアーマーが入った。
 ドリームセーリングの全妹ホエールキャプチャは、ヴィクトリアマイル(G1,2012年)の勝ち馬。

 ドリームセーリング:2007年生,父*クロフネ,母グローバルピース,母の父*サンデーサイレンス
・カルティエ賞受賞馬、決定(11/9)
〜欧州年度代表馬&欧州最優秀3歳牝馬:マインディング Minding(牝3)
  今年の主な勝ち鞍:英1000ギニー(英G1),英オークス(英G1),プリティポリーS(愛G1),ナッソーS(英G1),クイーン・エリザベスIIS(英G1)
  生年:2013年/生産国:アイルランド
  父Galileo,母Lillie Langtry,母の父Danehill Dancer

〜欧州最優秀古馬:ファウンド Found(牝4)
  今年の主な勝ち鞍:凱旋門賞(仏G1)
  生年:2012年/生産国:アイルランド
  父Galileo,母Red Evie,母の父Intikhab

〜欧州最優秀3歳牡馬:アルマンゾール Almanzor(牡3)
  今年の主な勝ち鞍:仏ダービー(仏G1),愛チャンピオンS(愛G1),英チャンピオンS(英G1)
  生年:2013年/生産国:フランス
  父Wootton Bassett,母Darkova,母の父Maria's Mon

〜欧州最優秀2歳牡馬:チャーチル Churchill(牡2)
  今年の主な勝ち鞍:愛ナショナルS(愛G1),デューハーストS(英G1)
  生年:2014年/生産国:アイルランド
  父Galileo,母Meow,母の父Storm Cat

〜欧州最優秀2歳牝馬:レイディオーレリア Lady Aurelia(牝2)
  今年の主な勝ち鞍:モルニー賞(仏G1)
  生年:2014年/生産国:アメリカ
  父Scat Daddy,母D' Wildcat Speed,母の父Forest Wildcat

〜欧州最優秀スプリンター:クワイエットリフレクション Quiet Reflection(牝3)
  今年の主な勝ち鞍:コモンウェルスC(英G1),スプリントC(英G1)
  生年:2013年/生産国:イギリス
  父Showcasing,母My Delirium,母の父Haafhd

〜欧州最優秀ステイヤー:オーダーオブセントジョージ Order Of St George(牡4)
  今年の主な勝ち鞍:アスコットGC(英G1)
  生年:2012年/生産国:アイルランド
  父Galileo,母Another Storm,母の父Gone West
・アポロケンタッキー、みやこS勝利(11/6)
 京都競馬場で行われたみやこS(G3,ダート1800m)は、松若風馬騎乗の4番人気*アポロケンタッキー(牡4歳,栗東・山内研二厩舎)が1分50秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。ラングフール Langfuhr産駒は、日本の重賞初勝利。2着には1番人気のグレンツェント、3着にはロワジャルダンが入った。

 *アポロケンタッキー:2012年生,アメリカ産,父Langfuhr,母Dixiana Delight,母の父Gone West
・シュヴァルグラン、アルゼンチン共和国杯勝利(11/6)
 東京競馬場で行われたアルゼンチン共和国杯(G2,芝2500m)は、福永祐一騎乗の2番人気シュヴァルグラン(牡4歳,栗東・友道康夫厩舎)が2分33秒4のタイムで勝った。2着にはアルバート、3着にはヴォルシェーブが入った。1番人気のモンドインテロは、4着に敗れた。
 シュヴァルグランの半姉ヴィルシーナは、ヴィクトリアマイル(G1,2013年&2014年)の勝ち馬。半妹ヴィブロスは、秋華賞(G1,2016年)の勝ち馬。叔父フレールジャックは、ラジオNIKKEI賞(G3,2011年)の勝ち馬。叔父マーティンボロは、中日新聞杯(G3,2014年)と新潟記念(G3,2014年)の勝ち馬。

 シュヴァルグラン:2012年生,父ハーツクライ,母ハルーワスウィート,母の父Machiavellian
・米ブリーダーズC(2日目)結果(11/6)
〜BCクラシック(米G1,3歳以上,ダート10f)
 1着:Arrogate(牡3)
 2着:California Chrome(牡5)
 3着:Keen Ice(牡4)

 アロゲイト Arrogate
  2013年生,アメリカ産
  父Unbridled's Song,母Bubbler,母の父Distorted Humor

〜BCマイル(米G1,3歳以上,芝8f)
 1着:Tourist(牡5)
 2着:Tepin(牝5)
 3着:Midnight Storm(牡5)

 ツーリスト Tourist
  2011年生,アメリカ産
  父Tiznow,母Unbridled Melody,母の父Unbridled's Song

〜BCフィリー&メア・スプリント(米G1,3歳以上牝馬限定,ダート7f)
 1着:Finest City(牝4)
 2着:Wavell Avenue(牝5)
 3着:Paulassilverlining(牝4)

 ファイネストシティ Finest City
  2012年生,アメリカ産
  父City Zip,母Be Envied,母の父Lemon Drop Kid

〜BCターフ(米G1,3歳以上,芝12f)
 1着:Highland Reel(牡4)
 2着:Flintshire(牡6)
 3着:Found(牝4)

 ハイランドリール Highland Reel
  2012年生,アイルランド産
  父Galileo,母Hveger,母の父*デインヒル

〜BCジュヴェナイル(米G1,2歳牡馬セン馬限定,ダート8.5f)
 1着:Classic Empire(牡2)
 2着:Not This Time(牡2)
 3着:Practical Joke(牡2)

 クラシックエンパイア Classic Empire
  2014年生,アメリカ産
  父Pioneerof The Nile,母Sambuca Classica,母の父Cat Thief

〜BCターフ・スプリント(米G1,3歳以上,芝6.5f)
 1着:Obviously(セ8)
 2着:Om(牡4)
 3着:Pure Sensation(セ5)

 オーヴィアスリー Obviously
  2008年生,アイルランド産
  父Choisir,母Leala,母の父Montjeu

〜BCスプリント(米G1,3歳以上,ダート6f)
 1着:Drefong(牡3)
 2着:Masochistic(セ6)
 3着:Mind Your Biscuits(牡3)

 ドレフォング Drefong
  2013年生,アメリカ産
  父Gio Ponti,母Eltimaas,母の父Ghostzapper

〜BCフィリー&メア・ターフ(米G1,3歳以上牝馬限定,芝10f)
 1着:Queen's Trust(牝3)
 2着:Lady Eli(牝4)
 3着:Avenge(牝4)
 11着:ヌーヴォレコルト(牝5)

 クイーンズトラスト Queen's Trust
  2013年生,イギリス産
  父Dansili,母Queen's Best,母の父*キングズベスト

〜BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1,2歳牝馬限定,ダート8.5f)
 1着:Champagne Room(牝2)
 2着:Valadorna(牝2)
 3着:American Gal(牝2)

 シャンペンルーム Champagne Room
  2014年生,アメリカ産
  父Broken Vow,母Lucky to Be Me,母の父Bernstein
・ミスエルテ、ファンタジーS勝利(11/5)
 京都競馬場で行われたファンタジーS(G3,芝1400m)は、川田将雅騎乗の1番人気ミスエルテ(牝2歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分21秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。フランケル Frankel産駒は、日本の重賞初勝利。プルピット Pulpitは、BMSとしてJRA重賞初勝利。2着にはショーウェイ、3着にはディアドラが入った。
 ミスエルテの母ミスエーニョ Mi Suenoは、デビュタントS(米G1)の勝ち馬。2代母マッドキャップエスカペイド Madcap Escapadeは、アシュランドS(米G1)の勝ち馬。

 ミスエルテ:2014年生,父Frankel,母*ミスエーニョ,母の父Pulpit
・モンドキャンノ、京王杯2歳S勝利(11/5)
 東京競馬場で行われた京王杯2歳S(G2,芝1400m)は、C.ルメール騎乗の3番人気モンドキャンノ(牡2歳,栗東・安田隆行厩舎)が1分21秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のレーヌミノル、3着にはディバインコードが入った。
 モンドキャンノの母レイズアンドコールは、アイビスサマーダッシュ(G3,2006年,勝ち馬サチノスイーティー)の3着馬。

 モンドキャンノ:2014年生,父*キンシャサノキセキ,母レイズアンドコール,母の父サクラバクシンオー
・米ブリーダーズC(1日目)結果(11/5)
〜BCディスタフ(米G1,牝3歳以上,ダート9f)
 1着:Beholder(牝6)
 2着:Songbird(牝3)
 3着:Forever Unbridled(牝4)

 ビホルダー Beholder
  2010年生,アメリカ産
  父*ヘニーヒューズ,母Leslie's Lady,母の父Tricky Creek

〜BCジュヴェナイル・フィーリーズ・ターフ(米G1,2歳牝馬限定,芝8f)
 1着:New Money Honey(牝2)
 2着:Coasted(牝2)
 3着:Cavale Doree(牝2)

 ニューマニーハニー New Money Honey
  2014年生,アメリカ産
  父Medaglia d'Oro,母Weekend Whim,母の父Distorted Humor

〜BCダート・マイル(米G1,3歳以上,ダート8f)
 1着:Tamarkuz(牡6)
 2着:Gun Runner(牡3)
 3着:Accelerate(牡3)

 タマークズ Tamarkuz
  2010年生,アメリカ産
  父Speightstown,母Without You Babe,母の父Lemon Drop Kid

〜BCジュヴェナイル・ターフ(米G1,2歳牡馬セン馬限定,芝8f)
 1着:Oscar Performance(牡2)
 2着:Lancaster Bomber(牡2)
 3着:Good Samaritan(牡2)

 オスカーパフォーマンス Oscar Performance
  2014年生,アメリカ産
  父Kitten's Joy,母Devine Actress,母の父Theatrical
・アウォーディー、JBCクラシック制覇(11/3)
 川崎競馬場で行われたJBCクラシック(交流Jpn1,ダート2100m)は、武豊騎乗の2番人気*アウォーディー(牡6歳,栗東・松永幹夫厩舎)が2分15秒3のタイムで勝ち、Jpn1初制覇を果たした。2着にはホッコータルマエ(JRA)、3着にはサウンドトゥルー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。1番人気のコパノリッキーは、5着に敗れた。
 *アウォーディーの母ヘヴンリーロマンスは、天皇賞・秋(G1,2005年)の勝ち馬。半妹*アムールブリエは、エンプレス杯(交流Jpn2,2015年&2016年)、名古屋グランプリ(交流Jpn2,2015年)、ブリーダーズGC(交流Jpn3,2015年&2016年)の勝ち馬。半弟*ラニは、UAEダービー(首G2)の勝ち馬。

 *アウォーディー:2010年生,アメリカ産,父ジャングルポケット,母ヘヴンリーロマンス,母の父*サンデーサイレンス
・ダノンレジェンド、JBCスプリント制覇(11/3)
 川崎競馬場で行われたJBCスプリント(交流Jpn1,ダート1400m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気*ダノンレジェンド(牡6歳,栗東・村山明厩舎)が1分27秒2のタイムで勝ち、Jpn1初制覇を果たした。マッチョウノ Macho Uno産駒は、Jpn1初制覇。2着には1番人気の*ベストウォーリア(JRA)、3着にはコーリンベリー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 *ダノンレジェンドの2代母カレッシング Caressingは、BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1)の勝ち馬。

 *ダノンレジェンド:2010年生,アメリカ産,父Macho Uno,母*マイグッドネス,母の父Storm Cat
・ホワイトフーガ、JBCレディスクラシック連覇(11/3)
 川崎競馬場で行われたJBCレディスクラシック(交流Jpn1,ダート1600m)は、蛯名正義騎乗の1番人気ホワイトフーガ(牝4歳,美浦・高木登厩舎)が1分41秒3のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはレッツゴードンキ(JRA)、3着にはトーセンセラヴィ(浦和)が入った。
 ホワイトフーガの従妹イザベラシングス Isabella Singsは、ミシズ・リヴィアS(米G2)の勝ち馬。

 ホワイトフーガ:2012年生,父*クロフネ,母マリーンウィナー,母の父フジキセキ
・エピカリス、北海道2歳優駿勝利(11/1)
 門別競馬場で行われた北海道2歳優駿(交流Jpn3,ダート1800m)は、C.ルメール騎乗の1番人気エピカリス(牡2歳,美浦・萩原清厩舎)が1分54秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはヒガシウィルウィン(北海道)、3着にはスウィフトハート(北海道)が入った。
 エピカリスの半兄メイショウナルトは、小倉記念(G3,2013年)と七夕賞(G3,2014年)の勝ち馬。従姉ラッシュライフは、函館2歳S(G3,2005年,勝ち馬モエレジーニアス)とファンタジーS(G3,2005年,勝ち馬アルーリングボイス)の2着馬。従兄バアゼルリバーは、阪神スプリングジャンプ(J・G2,2012年)の勝ち馬。

 エピカリス:2014年生,父ゴールドアリュール,母スターペスミツコ,母の父*カーネギー
・アルマンダン、メルボルンC制覇(11/1)
 豪国フレミントン競馬場で行われたVRCメルボルンC(豪G1,芝3200m)は、K.マカヴォイ騎乗のアルマンダン Almandin(セン6歳,R.ヒックモット厩舎)が3分20秒58のタイムで勝った。2着にはHeartbreak City、3着にはHartnellが入った。日本から参戦したT.ベリー騎乗のカレンミロティック(セン8歳,栗東・平田修厩舎)は、23着に敗れた。
 アルマンダン Almandinの全兄アテンポ Atempoは、ゲルリンク賞(独G2)の勝ち馬。伯母アマレット Amaretteは、独オークス(独G1)の勝ち馬。

 アルマンダン Almandin:2010年生,ドイツ産,父Monsun,母Anatola,母の父Tiger Hill

HOME