HOME

〜2016年10月のニュース〜
・モーリス、天皇賞・秋制覇(10/30)
 東京競馬場で行われた天皇賞・秋(G1,芝2000m)は、R.ムーア騎乗の1番人気モーリス(牡5歳,美浦・堀宣行厩舎)が1分59秒3のタイムで勝った。2着にはリアルスティール、3着にはステファノスが入った。
 モーリスの2代母メジロモントレーは、クイーンS(G3,1989年)、金杯・東(G3,1990年)、アルゼンチン共和国杯(G2,1990年)、アメリカJCC(G2,1991年)の勝ち馬。伯父メジロアトラスは、ダイオライト記念(交流G2,2001年,勝ち馬リージェントブラフ)の3着馬。

 モーリス:2011年生,父スクリーンヒーロー,母メジロフランシス,母の父*カーネギー
・リスグラシュー、アルテミスS勝利(10/29)
 東京競馬場で行われたアルテミスS(G3,芝1600m)は、武豊騎乗の1番人気リスグラシュー(牝2歳,栗東・矢作芳人厩舎)が1分35秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。アメリカンポスト American Postは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはフローレスマジック、3着にはシグルーンが入った。

 リスグラシュー:2014年生,父ハーツクライ,母*リリサイド,母の父American Post
・サトノアラジン、スワンS勝利(10/29)
 京都競馬場で行われたスワンS(G2,芝1400m)は、川田将雅騎乗の2番人気サトノアラジン(牡5歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分20秒7のタイムで勝った。2着にはサトノルパン、3着には*エイシンスパルタンが入った。1番人気のフィエロは、9着に敗れた。
 サトノアラジンの母マジックストーム Magic Stormは、モンマスBCオークス(米G2)の勝ち馬。全姉ラキシスは、エリザベス女王杯(G1,2014年)の勝ち馬。従兄ドリル Drillは、デルマー・フューチュリティ(米G1)の勝ち馬。

 サトノアラジン:2011年生,父ディープインパクト,母*マジックストーム,母の父Storm Cat
・サトノダイヤモンド、菊花賞制覇(10/23)
 京都競馬場で行われた菊花賞(G1,芝3000m)は、C.ルメール騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が3分03秒3のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。オーペン Orpenは、BMSとして日本のG1初制覇。2着にはレインボーライン、3着にはエアスピネルが入った。
 サトノダイヤモンドの母マルペンサ Malpensaは、コパ・デ・プラタ大賞典(亜G1)、フィルベルト・レレナ大賞典(亜G1)、クリアドレス大賞典(亜G1)の勝ち馬。

 サトノダイヤモンド:2013年生,父ディープインパクト,母*マルペンサ,母の父Orpen
・ヤングマンパワー、富士S勝利(10/22)
 東京競馬場で行われた富士S(G3,芝1600m)は、戸崎圭太騎乗の3番人気ヤングマンパワー(牡4歳,美浦・手塚貴久厩舎)が1分34秒0のタイムで勝った。2着にはイスラボニータ、3着にはダノンプラチナが入った。1番人気のロードクエストは、9着に敗れた。
 ヤングマンパワーの3代母リヴァーメモリーズ River Memoriesは、フラワーボウル招待H(米G1)の勝ち馬。伯父ユウワンプラテクトは、小倉大賞典(G3,2003年,勝ち馬マイネルブラウ)の2着馬。

 ヤングマンパワー:2012年生,父*スニッツェル,母スナップショット,母の父*サンデーサイレンス
・ヴィブロス、秋華賞制覇(10/16)
 京都競馬場で行われた秋華賞(G1,芝2000m)は、福永祐一騎乗の3番人気ヴィブロス(牝3歳,栗東・友道康夫厩舎)が1分58秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。2着にはパールコード、3着にはカイザーバルが入った。1番人気のビッシュは、10着に敗れた。
 ヴィブロスの全姉ヴィルシーナは、ヴィクトリアマイル(G1,2013年&2014年)の勝ち馬。半兄シュヴァルグランは、阪神大賞典(G2,2016年)の勝ち馬。叔父フレールジャックは、ラジオNIKKEI賞(G3,2011年)の勝ち馬。叔父マーティンボロは、中日新聞杯(G3,2014年)と新潟記念(G3,2014年)の勝ち馬。

 ヴィブロス:2013年生,父ディープインパクト,母ハルーワスウィート,母の父Machiavellian
・オジュウチョウサン、東京ハイジャンプ勝利(10/16)
 東京競馬場で行われた東京ハイジャンプ(J・G2,障害3110m)は、石神深一騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡5歳,美浦・和田正一郎厩舎)が3分27秒6のタイムで勝った。2着にはマキオボーラー、3着にはタイセイドリームが入った。
 オジュウチョウサンの全兄ケイアイチョウサンは、ラジオNIKKEI賞(G3,2013年)の勝ち馬。伯父アルアランは、オグリキャップ記念(交流G2,2002年)とブリーダーズGC(交流G2,2002年)の勝ち馬。伯母パーフェクトジョイは、阪神牝馬S(G2,2008年,勝ち馬エイジアンウインズ)の3着馬。叔父アップアンカーは、名港盃([名古屋)とくろゆり賞(笠松)の勝ち馬。従兄メトロノースは、北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年)の勝ち馬。

 オジュウチョウサン:2011年生,父ステイゴールド,母シャドウシルエット,母の父*シンボリクリスエス
・クイーンズリング、府中牝馬S勝利(10/15)
 東京競馬場で行われた府中牝馬S(G2,芝1800m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気クイーンズリング(牝4歳,栗東・吉村圭司厩舎)が1分46秒6のタイムで勝った。2着にはマジックタイム、3着には1番人気のスマートレイアーが入った。
 クイーンズリングの伯母トレストレラ Torrestrellaは、仏1000ギニー(仏G1)の勝ち馬。従姉ファーマー Farmahは、カルロ&フランチェスコ・アロイージ賞(伊G3)の勝ち馬。従兄インティラーク Intilaaqは、ローズ・オブ・ランカスターS(英G3)の勝ち馬。

 クイーンズリング:2012年生,父マンハッタンカフェ,母アクアリング,母の父Anabaa
・リエノテソーロ、エーデルワイス賞勝利(10/13)
 門別競馬場で行われたエーデルワイス賞(交流Jpn3,ダート1200m)は、吉田隼人騎乗の1番人気*リエノテソーロ(牝2歳,美浦・武井亮厩舎)が1分12秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。武井亮調教師は、重賞初勝利。ラングフール Langfuhrは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはアップトゥユー(北海道)、3着にはピンクドッグウッド(北海道)が入った。

 *リエノテソーロ:2014年生,アメリカ産,父Speightstown,母Akilina,母の父Langfuhr
・ルージュバック、毎日王冠勝利(10/9)
 東京競馬場で行われた毎日王冠(G2,芝1800m)は、戸崎圭太騎乗の1番人気ルージュバック(牝4歳,美浦・大竹正博厩舎)が1分46秒6のタイムで勝ち、1993年の*シンコウラブリイ以来、23年ぶりに牝馬による毎日王冠勝利を果たした。2着にはアンビシャス、3着にはヒストリカルが入った。
 ルージュバックの母ジンジャーパンチ Ginger Punchは、BCディスタフ(米G1)、ゴーフォーワンドH(米G1,2回)、ラフィアンH(米G1)、オジデン・フィップスH(米G1)、パーソナルエンスンS(米G1)の勝ち馬。

 ルージュバック:2012年生,父マンハッタンカフェ,母*ジンジャーパンチ,母の父Awesome Again
・ブレスジャーニー、サウジアラビアロイヤルC勝利(10/8)
 東京競馬場で行われたサウジアラビアロイヤルC(G3,芝1600m)は、柴田善臣騎乗の3番人気ブレスジャーニー(牡2歳,美浦・本間忍厩舎)が1分34秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。本間忍調教師は、重賞初勝利。*バトルプラン産駒は、JRA重賞初勝利。2着にはダンビュライト、3着には1番人気のクライムメジャーが入った。
 ブレスジャーニーの3代母ダイナカールは、優駿牝馬(1983年)の勝ち馬。従兄オベロンは、京都ジャンプS(J・G3,2014年,勝ち馬オースミムーン)の3着馬。

 ブレスジャーニー:2014年生,父*バトルプラン,母エルフィンパーク,母の父タニノギムレット
・ケイティブレイブ、白山大賞典勝利(10/4)
 金沢競馬場で行われた白山大賞典(交流Jpn3,ダート2100m)は、武豊騎乗の1番人気ケイティブレイブ(牡3歳,栗東・目野哲也厩舎)が2分15秒1のタイムで勝った。2着には*アムールブリエ(JRA)、3着にはストロングサウザー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 ケイティブレイブの伯父ビーマイナカヤマは、北海道スプリントC(交流G3,1999年)、ガーネットS(G3,2000年&2001年)など、重賞8勝馬。伯父マイネルフォーグは、京王杯2歳S(G2,2006年,勝ち馬マイネルレーニア)とニュージーランドT(G2,2007年,勝ち馬トーホウレーサー)の2着馬。従兄マイネルブルックは、きさらぎ賞(G3,2004年)の勝ち馬。従姉ケイティラブは、アイビスサマーダッシュ(G3,2010年)の勝ち馬。

 ケイティブレイブ:2013年生,父アドマイヤマックス,母ケイティローレル,母の父サクラローレル
・マカヒキ14着…ファウンド、凱旋門賞制覇(10/2)
 仏国シャンティ競馬場で行われた凱旋門賞(仏G1,芝2400m)は、R.ムーア騎乗のファウンド Found(牝4歳,愛・A.オブライエン厩舎)が2分23秒61のタイムで勝った。2着にはHighland Reel、3着にはOrder Of St Georgeが入り、A.オブライエン調教師の管理馬と、ガリレオ Galileo産駒が上位を独占した。日本から参戦したC.ルメール騎乗のマカヒキ(牡3歳,栗東・友道康夫厩舎)は、14着に敗れた。
 ファウンド Foundの母レッドエヴィ Red Evieは、愛メイトロンS(愛G1)とロッキンジS(英G1)の勝ち馬。全姉マジカルドリーム Magical Dreamは、C.L.ウェルド・パークS(愛G3)の勝ち馬。全妹ベストインザワールド Best in The Worldは、ギヴ・サンクスS(愛G3)の勝ち馬。

 ファウンド Found:2012年生,父Galileo,母Red Evie,母の父Intikhab
・レッドファルクス、スプリンターズS制覇(10/2)
 中山競馬場で行われたスプリンターズS(G1,芝1200m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気レッドファルクス(牡5歳,美浦・尾関知人厩舎)が1分07秒6のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。*スウェプトオーヴァーボード産駒は、G1初制覇。尾関知人調教師は、G1初制覇。2着にはミッキーアイル、3着にはソルヴェイグが入った。1番人気のビッグアーサーは、12着に敗れた。
 レッドファルクスの伯父レガシーオブゼルダは、京成杯3歳S(G2,1990年,勝ち馬ビッグファイト)の2着馬。伯母サイレントハピネスは、4歳牝馬特別・東(G2,1995年)とローズS(G2,1995年)の勝ち馬。伯母スティンガーは、阪神3歳牝馬S(G1,1998年)の勝ち馬。叔父アーバニティは、オーシャンS(G3,2009年)の勝ち馬。従兄フローテーションは、菊花賞(Jpn1,2008年,勝ち馬オウケンブルースリ)の2着馬。従兄リバティーフローは、黒潮マイルチャンピオンシップ(高知)の勝ち馬。従兄サイレントメロディは、マーチS(G3,2012年)の勝ち馬。従兄サトノギャラントは、関屋記念(G3,2014年,勝ち馬クラレント)の3着馬。従弟キングズオブザサンは、京成杯(G3,2014年,勝ち馬プレイアンドリアル)の2着馬。従姉フォーエバーマークは、キーンランドC(G3,2013年)の勝ち馬。

 レッドファルクス:2011年生,父*スウェプトオーヴァーボード,母ベルモット,母の父*サンデーサイレンス
・マスクゾロ、シリウスS勝利(10/1)
 阪神競馬場で行われたシリウスS(G3,ダート2000m)は、秋山真一郎騎乗の1番人気*マスクゾロ(牡5歳,栗東・岡田稲男厩舎)が2分01秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはピオネロ、3着には*アポロケンタッキーが入った。
 *マスクゾロの伯母ユー Youは、フリゼットS(米G1)、ラス・ヴァージネスS(米G1)、サンタアニタ・オークス(米G1)、エイコーンS(米G1)、テストS(米G1)の勝ち馬。従兄ユーアンドアイフォーエヴァー You and I Foreverは、ガルフストリームパークH(米G2)の勝ち馬。

 *マスクゾロ:2011年生,アメリカ産,父Roman Ruler,母Saravati,母の父Giant's Causeway

HOME