HOME

〜2016年6月のニュース〜
・コパノリッキー、帝王賞制覇(6/29)
 大井競馬場で行われた帝王賞(交流Jpn1,ダート2000m)は、武豊騎乗の5番人気コパノリッキー(牡6歳,栗東・村山明厩舎)が2分03秒5のタイムで勝った。2着には1番人気のノンコノユメ(JRA)、3着にはサウンドトゥルー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。

 コパノリッキー:2010年生,父ゴールドアリュール,母コパノニキータ,母の父*ティンバーカントリー
・二冠馬ドゥラメンテ引退、種牡馬入り(6/29)
 26日の宝塚記念で2着入線後に左前脚を跛行したドゥラメンテ(牡4歳,美浦・堀宣行厩舎)が、左前脚の複数の靱帯・腱の損傷により競走能力喪失と診断されたため、29日付でJRAの競走馬登録を抹消し現役を引退した。競走成績は9戦5勝(重賞3勝)。今後は種牡馬となる予定だが、繋養先については未定とのこと。

 ドゥラメンテ:2012年生,父キングカメハメハ,母アドマイヤグルーヴ,母の父*サンデーサイレンス
・マリアライト、宝塚記念制覇(6/26)
 阪神競馬場で行われた宝塚記念(G1,芝2200m)は、蛯名正義騎乗の8番人気マリアライト(牝5歳,美浦・久保田貴士厩舎)が2分12秒8のタイムで勝った。2着には1番人気のドゥラメンテ、3着にはキタサンブラックが入った。
 マリアライトの半兄クリソライトは、ジャパンダートダービー(交流Jpn1,2013年)の勝ち馬。半弟リアファルは、神戸新聞杯(G2,2015年)の勝ち馬。叔父アロンダイトは、ジャパンCダート(G1,2006年)の勝ち馬。

 マリアライト:2011年生,父ディープインパクト,母クリソプレーズ,母の父*エルコンドルパサー
・ハーザンド、愛ダービー制覇(6/26)
 現地時間25日に愛国カラ競馬場で行われた愛ダービー(愛G1,芝12f)は、P.スマレン騎乗のハーザンド Harzand(牡3歳,D.ウェルド厩舎)が2分38秒05のタイムで勝った。2着にはIdaho、3着にはStellar Massが入った。
 ハーザンド Harzandの母ハザリヤ Hazariyaは、アサシS(愛G3)の勝ち馬。半姉ハラシヤ Harasiyaは、シルヴァー・フラッシュS(愛G3)の勝ち馬。伯母ハザリスタ Hazaristaは、ブルーウインドS(愛G3)の勝ち馬。従兄ハマイリ Hamairiは、コンコルドS(愛G3)の勝ち馬。

 ハーザンド Harzand:2013年生,アイルランド産,父Sea The Stars,母Hazariya,母の父*ザール
・オジュウチョウサン、東京ジャンプS勝利(6/25)
 東京競馬場で行われた東京ジャンプS(J・G3,障害3110m)は、石神深一騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡5歳,美浦・和田正一郎厩舎)が3分26秒2のタイムで勝った。2着にはウインヤード、3着にはタナトスが入った。
 オジュウチョウサンの全兄ケイアイチョウサンは、ラジオNIKKEI賞(G3,2013年)の勝ち馬。伯父アルアランは、オグリキャップ記念(交流G2,2002年)とブリーダーズGC(交流G2,2002年)の勝ち馬。伯母パーフェクトジョイは、阪神牝馬S(G2,2008年,勝ち馬エイジアンウインズ)の3着馬。叔父アップアンカーは、名港盃([名古屋)とくろゆり賞(笠松)の勝ち馬。従兄メトロノースは、北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年)の勝ち馬。

 オジュウチョウサン:2011年生,父ステイゴールド,母シャドウシルエット,母の父*シンボリクリスエス
・ラクレッソニエール、仏オークス制覇(6/19)
 仏国シャンティ競馬場で行われた仏オークス(仏G1,芝2100m)は、C.デムーロ騎乗のラクレッソニエール La Cressonniere(牝3歳,J.ルジェ厩舎)が勝ち、仏牝馬クラシック二冠制覇を果たした。2着にはLeft Hand、3着にはVoltaが入った。
 ラクレッソニエール La Cressonniereの2代母リルズジェシー Lil's Jessyは、ネルグウィンS(英G3)の勝ち馬。

 ラクレッソニエール La Cressonniere:2013年生,フランス産,父Le Havre,母Absolute Lady,母の父Galileo
・ゴールドドリーム、ユニコーンS勝利(6/19)
 東京競馬場で行われたユニコーンS(G3,ダート1600m)は、川田将雅騎乗の2番人気ゴールドドリーム(牡3歳,栗東・平田修厩舎)が1分35秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気の*ストロングバローズ、3着にはグレンツェントが入った。
 ゴールドドリームの母モンヴェールは、関東オークス(交流Jpn2,2006年,勝ち馬チャームアスリープ)の3着馬。

 ゴールドドリーム:2013年生,父ゴールドアリュール,母モンヴェール,母の父*フレンチデピュティ
・ソルヴェイグ、函館スプリントS勝利(6/19)
 函館競馬場で行われた函館スプリントS(G3,芝1200m)は、丸田恭介騎乗の12番人気ソルヴェイグ(牝3歳,栗東・鮫島一歩厩舎)が1分07秒8のレコードタイムで勝った。2着にはシュウジ、3着にはレッツゴードンキが入った。1番人気のオメガヴェンデッタは、6着に敗れた。
 ソルヴェイグの伯父ソルジャーズソングは、シルクロードS(G3,2009年,勝ち馬アーバンストリート)の2着馬。叔父エールブリーズは、京王杯スプリングC(G2,2014年,勝ち馬レッドスパーダ)とファルコンS(G3,2013年,勝ち馬インパルスヒーロー)の3着馬。

 ソルヴェイグ:2013年生,父ダイワメジャー,母アスドゥクール,母の父ジャングルポケット
・エイシンヒカリ6着…マイドリームボート、プリンス・オブ・ウェールズS制覇(6/16)
 現地時間15日に英国アスコット競馬場で行われたプリンス・オブ・ウェールズS(英G1,芝10f)は、A.カービー騎乗のマイドリームボート My Dream Boat(牡4歳,C.コックス厩舎)が2分11秒38のタイムで勝った。2着にはFound、3着にはWestern Hymnが入った。日本から参戦した武豊騎乗のエイシンヒカリ(牡5歳,栗東・坂口正則厩舎)は、逃げたものの最後の直線で伸びを欠き、6着(最下位)に敗れた。

 マイドリームボート My Dream Boat:2012年生,アイルランド産,父Lord Shanakill,母Betty Burke,母の父Choisir
・タイニーダンサー、関東オークス勝利(6/15)
 川崎競馬場で行われた関東オークス(交流Jpn2,ダート2100m)は、戸崎圭太騎乗の2番人気タイニーダンサー(牝3歳,美浦・伊藤圭三厩舎)が2分19秒1のタイムで勝った。2着にはミスミランダー(船橋)、3着には1番人気のアルセナーレ(JRA)が入った。
 タイニーダンサーの半兄レーザーズエッジは、ダイヤモンドS(Jpn3,2008年,勝ち馬アドマイヤモナーク)の3着馬。半兄ホウザンは、北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年,勝ち馬ディラクエ)の2着馬。半兄ブンブイチドウは、全日本2歳優駿(交流Jpn1,2009年,勝ち馬ラブミーチャン)の2着馬。半姉イチリュウは、桜花賞(浦和)の勝ち馬。姪ワンダフルタイムは、尾張名古屋杯(名古屋)の勝ち馬。姪ディーズプリモは、東京湾C(船橋)の勝ち馬。

 タイニーダンサー:2013年生,父*サウスヴィグラス,母キハク,母の父*アサティス
・ルージュバック、エプソムC勝利(6/12)
 東京競馬場で行われたエプソムC(G3,芝1800m)は、戸崎圭太騎乗の1番人気ルージュバック(牝4歳,美浦・大竹正博厩舎)が1分46秒2のタイムで勝った。2着にはフルーキー、3着にはマイネルミラノが入った。
 ルージュバックの母ジンジャーパンチ Ginger Punchは、BCディスタフ(米G1)、ゴーフォーワンドH(米G1,2回)、ラフィアンH(米G1)、オジデン・フィップスH(米G1)、パーソナルエンスンS(米G1)の勝ち馬。

 ルージュバック:2012年生,父マンハッタンカフェ,母*ジンジャーパンチ,母の父Awesome Again
・リラヴァティ、マーメイドS勝利(6/12)
 阪神競馬場で行われたマーメイドS(G3,芝2000m)は、松若風馬騎乗の6番人気リラヴァティ(牝5歳,栗東・石坂正厩舎)が1分59秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはヒルノマテーラ、3着にはココロノアイが入った。1番人気のシュンドルボンは、4着に敗れた。
 リラヴァティの母シンハリーズ Singhaleseは、デルマー・オークス(米G1)の勝ち馬。半兄アダムスピークは、ラジオNIKKEI杯2歳S(G3,2011年)の勝ち馬。半妹シンハライトは、優駿牝馬(G1,2016年)の勝ち馬。

 リラヴァティ:2011年生,父ゼンノロブロイ,母*シンハリーズ,母の父Singspiel
・ラニ3着…クリエイター、ベルモントS制覇(6/12)
 現地時間11日に米国ベルモントパーク競馬場で行われたベルモントS(米G1,ダート12f)は、I.オルティスJr.騎乗のクリエイター Creator(牡3歳,S.アスムッセン厩舎)が2分28秒51のタイムで勝った。2着にはDestin、3着には日本から参戦した武豊騎乗の*ラニ(牡3歳,栗東・松永幹夫厩舎)が入った。

 クリエイター Creator:2013年生,アメリカ産,父Tapit,母Morena,母の父Privately Held
・ダノンレジェンド、北海道スプリントC勝利(6/9)
 門別競馬場で行われた北海道スプリントC(交流Jpn3,ダート1200m)は、M.デムーロ騎乗の1番人気*ダノンレジェンド(牡6歳,栗東・村山明厩舎)が1分09秒9のタイムで勝った。2着にはノボバカラ(JRA)、3着にはスノードラゴンが入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 *ダノンレジェンドの2代母カレッシング Caressingは、BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1)の勝ち馬。

 *ダノンレジェンド:2010年生,アメリカ産,父Macho Uno,母*マイグッドネス,母の父Storm Cat
・アルマンゾール、仏ダービー制覇(6/5)
 仏国シャンティ競馬場で行われた仏ダービー(仏G1,芝2100m)は、J.エイケム騎乗のアルマンゾール Almanzor(牡3歳,J.ルジェ厩舎)が勝った。2着にはZarak、3着にはDictonが入った。
 アルマンゾール Almanzorの3代母ダラルバイダ Daralbaydaの孫ダージナ Darjinaは、仏1000ギニー(仏G1)、アスタルテ賞(仏G1)、ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏G1)の勝ち馬。

 アルマンゾール Almanzor:2013年生,フランス産,父Wootton Bassett,母Darkova,母の父Maria's Mon
・ロゴタイプ、安田記念制覇(6/5)
 東京競馬場で行われた安田記念(G1,芝1600m)は、田辺裕信騎乗の8番人気ロゴタイプ(牡6歳,美浦・田中剛厩舎)が1分33秒0のタイムで勝った。2着には1番人気のモーリス、3着にはフィエロが入った。
 ロゴタイプの2代母スターバレリーナは、ローズS(G2,1993年)の勝ち馬。伯母グランパドドゥは、中日新聞杯(G3,2001年の勝ち馬)。伯父スパルタクスは、北九州記念(G3,2005年,勝ち馬メイショウカイドウ)の2着馬。伯父アンドゥオールは、東海S(G2,2004年)とマーチS(G3,2004年)の勝ち馬。叔父フレンチウォリアーは、北海道2歳優駿(交流G3,2005年,勝ち馬エイティジャガー)の3着馬。従兄パドトロワは、アイビスサマーダッシュ(G3,2012年)とキーンランドC(G3,2012年)の勝ち馬。

 ロゴタイプ:2010年生,父ローエングリン,母ステレオタイプ,母の父*サンデーサイレンス
・ハーザンド、英ダービー制覇(6/5)
 現地時間4日に英国エプソム競馬場で行われた英ダービー(英G1,芝12f10y)は、P.スマレン騎乗のハーザンド Harzand(牡3歳,D.ウェルド厩舎)が2分40秒09のタイムで勝った。2着にはUS Army Ranger、3着にはIdahoが入った。
 ハーザンド Harzandの母ハザリヤ Hazariyaは、アサシS(愛G3)の勝ち馬。半姉ハラシヤ Harasiyaは、シルヴァー・フラッシュS(愛G3)の勝ち馬。伯母ハザリスタ Hazaristaは、ブルーウインドS(愛G3)の勝ち馬。従兄ハマイリ Hamairiは、コンコルドS(愛G3)の勝ち馬。

 ハーザンド Harzand:2013年生,アイルランド産,父Sea The Stars,母Hazariya,母の父*ザール
・サトノノブレス、鳴尾記念勝利(6/4)
 阪神競馬場で行われた鳴尾記念(G3,芝2000m)は、川田将雅騎乗の3番人気サトノノブレス(牡6歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分57秒6のレコードタイムで勝った。2着にはステファノス、3着にはプランスペスカが入った。1番人気のヤマカツエースは、6着に敗れた。
 サトノノブレスの半兄ヒカルオオゾラは、エプソムC(G3,2008年&2009年)と関屋記念(G3,2009年,勝ち馬スマイルジャック)の2着馬。従姉コパノマユチャンは、栗駒賞(水沢)の勝ち馬。

 サトノノブレス:2010年生,父ディープインパクト,母クライウィズジョイ,母の父*トニービン
・マインディング、英オークス制覇(6/4)
 現地時間3日に英国エプソム競馬場で行われた英オークス(英G1,芝12f10y)は、R.ムーア騎乗のマインディング Minding(牝3歳,A.オブライエン厩舎)が2分42秒66のタイムで勝った。2着にはArchitecture、3着にはHarlequeenが入った。
 マインディング Mindingの母リリーラングトリー Lillie Langtryは、コロネーションS(英G1)と愛メイトロンS(愛G1)の勝ち馬。全姉キストバイエンジェルズ Kissed By Angelsは、愛1000ギニー・トライアル(愛G3)の勝ち馬。従兄マスターアプレンティス Master Apprenticeは、英クラシック・トライアル(英G3)の勝ち馬。

 マインディング Minding:2013年生,アイルランド産,父Galileo,母Lillie Langtry,母の父Danehill Dancer
・ソルテ、さきたま杯勝利(6/1)
 浦和競馬場で行われたさきたま杯(交流Jpn2,ダート1400m)は、吉原寛人騎乗の2番人気ソルテ(牡6歳,大井・寺田新太郎厩舎)が1分25秒9のタイムで勝ち、グレードレース初勝利を果たした。タイムパラドックス産駒は、グレードレース初勝利。2着には1番人気の*ベストウォーリア(JRA)、3着にはドリームバレンチノ(JRA)が入った。

 ソルテ:2010年生,父タイムパラドックス,母ヒノデモンテローザ,母の父マルゼンスキー
・安田記念に出走予定の外国馬
コンテントメント Contentment(セ6)−香港
 主な勝ち鞍:クイーンズ・シルヴァー・ジュビリーC(香港G1)
 生年:2010年/生産国:オーストラリア
 父Hussonet,母Jemison,母の父*コマンズ

HOME