HOME

〜2016年4月のニュース〜
・ヴァンキッシュラン、青葉賞勝利(4/30)
 東京競馬場で行われた青葉賞(G2,芝2400m)は、内田博幸騎乗の4番人気ヴァンキッシュラン(牡3歳,栗東・角居勝彦厩舎)が2分24秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。ガリレオ Galileoは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはレッドエルディスト、3着には1番人気のレーヴァテインが入った。
 ヴァンキッシュランの母リリーオブザヴァレー Lily of the Valleyは、オペラ賞(仏G1)の勝ち馬。叔父ムブタヒージ Mubtaahijは、UAEダービー(首G2)の勝ち馬。

 ヴァンキッシュラン:2013年生,父ディープインパクト,母*リリーオブザヴァレー,母の父Galileo
・ラブリーデイ4着…ウェルテル、クイーン・エリザベスIIC制覇(4/24)
 香港シャティン競馬場で行われたクイーン・エリザベスIIC(香港G1,芝2000m)は、H.ボウマン騎乗のウェルテル Werther(セン4歳,J.ムーア厩舎)が2分01秒32のタイムで勝った。2着にはMilitary Attack、3着にはBlazing Speedが入った。日本から参戦したJ.モレイラ騎乗のラブリーデイ(牡6歳,栗東・池江泰寿厩舎)は4着、武豊騎乗のヌーヴォレコルト(牝5歳,美浦・斎藤誠厩舎)は6着、Z.パートン騎乗のサトノクラウン(牡4歳,美浦・堀宣行厩舎)は12着に、それぞれ敗れた。

 ウェルテル Werther:2011年生,ニュージーランド産,父Tavistock,母Bagalollies,母の父Zabeel
・チェッキーノ、フローラS勝利(4/24)
 東京競馬場で行われたフローラS(G2,芝2000m)は、C.ルメール騎乗の3番人気チェッキーノ(牝3歳,美浦・藤沢和雄厩舎)が1分59秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはパールコード、3着にはアウェイクが入った。1番人気のビッシュは、5着に敗れた。
 チェッキーノの母ハッピーパスは、京都牝馬S(G3,2003年)の勝ち馬。全兄コディーノは、札幌2歳S(G3,2012年)と東京スポーツ杯2歳S(G3,2012年)の勝ち馬。伯母*シンコウラブリイは、マイルチャンピオンシップ(G1,1993年)の勝ち馬。伯父*タイキマーシャルは、エプソムC(G3,1997年)の勝ち馬。従兄ロードクロノスは、中京記念(G3,2001年)の勝ち馬。従姉レディミューズは、チューリップ賞(G3,2000年,勝ち馬ジョーディシラオキ)の2着馬。従兄トレジャーは、セントライト記念(G2,2001年,勝ち馬シンコウカリド)と目黒記念(G2,2004年,勝ち馬チャクラ)の2着馬。従兄ハッピールックは、アルゼンチン共和国杯(G2,2001年,勝ち馬トウカイオーザ)の2着馬。従兄キングストレイルは、セントライト記念(G2,2005年)の勝ち馬。従姉サンタフェソレイユは、フェアリーS(G3,2006年,勝ち馬アポロティアラ)の2着馬。

 チェッキーノ:2013年生,父キングカメハメハ,母ハッピーパス,母の父*サンデーサイレンス
・クルーガー、マイラーズC勝利(4/24)
 京都競馬場で行われたマイラーズC(G2,芝1600m)は、松山弘平騎乗の3番人気クルーガー(牡4歳,栗東・高野友和厩舎)が1分32秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。*ディクタットは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはダノンシャーク、3着にはクラレントが入った。1番人気のフィエロは、4着に敗れた。
 クルーガーの母アディクティド Addictedは、シュヴァルツゴルト・レンネン(独G3)の勝ち馬。

 クルーガー:2012年生,父キングカメハメハ,母*アディクティド,母の父*ディクタット
・マコトブリジャール、福島牝馬S勝利(4/23)
 福島競馬場で行われた福島牝馬S(G3,芝1800m)は、北村友一騎乗の15番人気マコトブリジャール(牝6歳,栗東・鮫島一歩厩舎)が1分47秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のシャルール、3着にはオツウが入った。
 マコトブリジャールの半兄マコトバンクウは、尾張名古屋杯(名古屋)の勝ち馬。甥マコトタンホイザーは、師走賞(佐賀)と球磨川賞(佐賀)の勝ち馬。

 マコトブリジャール:2010年生,父*ストーミングホーム,母マコトコーラン,母の父*ブライアンズタイム
・ディーマジェスティ、皐月賞制覇(4/17)
 中山競馬場で行われた皐月賞(G1,芝2000m)は、蛯名正義騎乗の8番人気ディーマジェスティ(牡3歳,美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が1分57秒9のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。2着にはマカヒキ、3着には1番人気のサトノダイヤモンドが入り、ディープインパクト産駒が上位を独占した。
 また、4位に入線したリオンディーズは、最後の直線でエアスピネルとサトノダイヤモンドの進路を妨害をしたことにより、5着に降着となった。
 ディーマジェスティの半兄セイクレットレーヴは、ニュージーランドT(G2,2012年,勝ち馬カレンブラックヒル)の2着馬。叔母エルノヴァは、ステイヤーズS(G2,2005年,勝ち馬デルタブルース)とクイーンS(G3,2004年,勝ち馬オースミハルカ)の2着馬。

 ディーマジェスティ:2013年生,父ディープインパクト,母エルメスティアラ,母の父*ブライアンズタイム
・オジュウチョウサン、中山グランドジャンプ制覇(4/16)
 中山競馬場で行われた中山グランドジャンプ(J・G1,障害4250m)は、石神深一騎乗の2番人気オジュウチョウサン(牡5歳,美浦・和田正一郎厩舎)が4分49秒4のタイムで勝ち、重賞初勝利をJ・G1制覇で果たした。石神深一騎手は、G1初制覇。和田正一郎調教師は、重賞初勝利をG1制覇で果たした。2着には1番人気のサナシオン、3着にはメイショウアラワシが入った。
 オジュウチョウサンの全兄ケイアイチョウサンは、ラジオNIKKEI賞(G3,2013年)の勝ち馬。伯父アルアランは、オグリキャップ記念(交流G2,2002年)とブリーダーズGC(交流G2,2002年)の勝ち馬。伯母パーフェクトジョイは、阪神牝馬S(G2,2008年,勝ち馬エイジアンウインズ)の3着馬。叔父アップアンカーは、名港盃([名古屋)とくろゆり賞(笠松)の勝ち馬。従兄メトロノースは、北海道2歳優駿(交流Jpn3,2008年)の勝ち馬。

 オジュウチョウサン:2011年生,父ステイゴールド,母シャドウシルエット,母の父*シンボリクリスエス
・アウォーディー、アンタレスS勝利(4/16)
 阪神競馬場で行われたアンタレスS(G3,ダート1800m)は、武豊騎乗の1番人気*アウォーディー(牡6歳,栗東・松永幹夫厩舎)が1分49秒9のタイムで勝った。2着にはアスカノロマン、3着にはサージェントバッジが入った。
 *アウォーディーの母ヘヴンリーロマンスは、天皇賞・秋(G1,2005年)の勝ち馬。半妹*アムールブリエは、エンプレス杯(交流Jpn2,2015年&2016年)、名古屋グランプリ(交流Jpn2,2015年)、ブリーダーズGC(交流Jpn3,2015年)の勝ち馬。半弟*ラニは、UAEダービー(首G2)の勝ち馬。

 *アウォーディー:2010年生,アメリカ産,父ジャングルポケット,母ヘヴンリーロマンス,母の父*サンデーサイレンス
・ヴィータアレグリア、マリーンC勝利(4/13)
 船橋競馬場で行われたマリーンC(交流Jpn3,ダート1600m)は、戸崎圭太騎乗の1番人気ヴィータアレグリア(牝5歳,美浦・高柳瑞樹厩舎)が1分40秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。高柳瑞樹調教師は、重賞初勝利。ライオンハート Lion Heartは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはブルーチッパー(大井)、3着にはダブルファンタジー(兵庫)が入った。
 ヴィータアレグリアの3代母クラシーキャシー Classy Cathyは、アラバマS(米G1)、アシュランドS(米G1)、ガゼルH(米G1)の勝ち馬。

 ヴィータアレグリア:2011年生,父ネオユニヴァース,母*カクタスペア,母の父Lion Heart
・ジュエラー、桜花賞制覇(4/10)
 阪神競馬場で行われた桜花賞(G1,芝1600m)は、M.デムーロ騎乗の3番人気ジュエラー(牝3歳,栗東・藤岡健一厩舎)が1分33秒4のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。ヴィクトワールピサ産駒は、重賞初勝利。2着にはシンハライト、3着にはアットザシーサイドが入った。1番人気のメジャーエンブレムは、4着に敗れた。
 ジュエラーの母バルドウィナ Baldwinaは、ペネロープ賞(仏G3)の勝ち馬。半姉ワンカラットは、フィリーズレビュー(G2,2009年)、函館スプリントS(G3,2010年)、キーンランドC(G3,2010年)、オーシャンS(G3,2012年)の勝ち馬。半姉サンシャインは、愛知杯(G3,2012年,勝ち馬エーシンメンフィス)の2着馬。姪シーリングキティ Ceiling Kittyは、クイーン・メアリーS(英G2)の勝ち馬。

 ジュエラー:2013年生,父ヴィクトワールピサ,母*バルドウィナ,母の父Pistolet Bleu
・ダンツプリウス、ニュージーランドT勝利(4/9)
 中山競馬場で行われたニュージーランドT(G2,芝1600m)は、丸山元気騎乗の2番人気ダンツプリウス(牡3歳,栗東・山内研二厩舎)が1分33秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはストーミーシー、3着にはエクラミレネールが入った。1番人気のアストラエンブレムは、4着に敗れた。
 ダンツプリウスの3代母フェアリーハイツ Fairy Heightsは、フィリーズ・マイル(英G1)の勝ち馬。

 ダンツプリウス:2013年生,父*ブライアンズタイム,母ストロングレダ,母の父マンハッタンカフェ
・スマートレイアー、阪神牝馬S勝利(4/9)
 阪神競馬場で行われた阪神牝馬S(G2,芝1600m)は、M.デムーロ騎乗の2番人気スマートレイアー(牝6歳,栗東・大久保龍志厩舎)が1分33秒1のタイムで勝った。2着には1番人気のミッキークイーン、3着にはウインプリメーラが入った。

 スマートレイアー:2010年生,父ディープインパクト,母スノースタイル,母の父*ホワイトマズル
・コーリンベリー、東京スプリント勝利(4/6)
 大井競馬場で行われた東京スプリント(交流Jpn3,ダート1200m)は、松山弘平騎乗の3番人気コーリンベリー(牝5歳,美浦・小野次郎厩舎)が1分11秒4のタイムで勝った。小野次郎調教師は、重賞初勝利。2着にはグレープブランデー(JRA)、3着には1番人気の*ダノンレジェンド(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。

 コーリンベリー:2011年生,父*サウスヴィグラス,母コーリンラヴィアン,母の父*ミシックトライブ
・マジックタイム、ダービー卿チャレンジT勝利(4/3)
 中山競馬場で行われたダービー卿チャレンジT(G3,芝1600m)は、A.シュタルケ騎乗の5番人気マジックタイム(牝5歳,美浦・中川公成厩舎)が1分32秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはロゴタイプ、3着にはサトノアラジンが入った。1番人気の*キャンベルジュニアは、8着に敗れた。
 マジックタイムの母タイムウィルテルは、フローラS(G2,2003年,勝ち馬シンコールビー)の2着馬。従兄ゲシュタルトは、京都新聞杯(G2,2010年)の勝ち馬。

 マジックタイム:2011年生,父ハーツクライ,母タイムウィルテル,母の父*ブライアンズタイム
・アンビシャス、大阪杯勝利(4/3)
 阪神競馬場で行われた大阪杯(G2,芝2000m)は、横山典弘騎乗の2番人気アンビシャス(牡4歳,栗東・音無秀孝厩舎)が1分59秒3のタイムで勝った。2着にはキタサンブラック、3着にはショウナンパンドラが入った。1番人気のラブリーデイは、4着に敗れた。
 アンビシャスの3代母カーニヴァルスピリット Carnival Spiritの孫バズワード Buzzwordは、独ダービー(独G1)の勝ち馬。

 アンビシャス:2012年生,父ディープインパクト,母カーニバルソング,母の父*エルコンドルパサー

HOME