HOME

〜2016年3月のニュース〜
・ビッグアーサー、高松宮記念制覇(3/27)
 中京競馬場で行われた高松宮記念(G1,芝1200m)は、福永祐一騎乗の1番人気ビッグアーサー(牡5歳,栗東・藤岡健一厩舎)が1分06秒7のレコードタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。藤岡健一調教師は、G1初制覇。2着にはミッキーアイル、3着には*アルビアーノが入った。
 ビッグアーサーの3代母リロイ Reloyは、サンタ・バーバラH(米G1)とサンタアニタH(米G1)の勝ち馬。

 ビッグアーサー:2011年生,父サクラバクシンオー,母*シヤボナ,母の父Kingmambo
・ショウナンアポロン、マーチS勝利(3/27)
 中山競馬場で行われたマーチS(G3,ダート1800m)は、松岡正海騎乗の8番人気ショウナンアポロン(牡6歳,美浦・古賀史生厩舎)が1分52秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のバスタータイプ、3着にはドコフクカゼが入った。

 ショウナンアポロン:2010年生,父アドマイヤマックス,母メジロアルドラ,母の父*アフリート
・ホッコータルマエ9着…カリフォルニアクローム、ドバイ・ワールドC制覇(3/27)
 現地時間26日に首国メイダン競馬場で行われたドバイ・ワールドC(首G1,ダート2000m)は、V.エスピノーザ騎乗のカリフォルニアクローム California Chrome(牡5歳,A.シャーマン厩舎)が2分01秒83のタイムで勝った。2着にはMubtaahij、3着にはHoppertunityが入った。日本から参戦した幸英明騎乗のホッコータルマエ(牡7歳,栗東・西浦勝一厩舎)は、9着に敗れた。

 カリフォルニアクローム California Chrome:2011年生,アメリカ産,父Lucky Pulpit,母Love The Chase,母の父Not for Love
・落鉄ドゥラメンテ2着…ポストポーンド、ドバイ・シーマ・クラシック制覇(3/27)
 現地時間26日に首国メイダン競馬場で行われたドバイ・シーマ・クラシック(首G1,芝2400m)は、A.アッゼニ騎乗のポストポーンド Postponed(牡5歳,R.ヴェリアン厩舎)が2分26秒97のタイムで勝った。2着に敗れたM.デムーロ騎乗のドゥラメンテ(牡4歳,美浦・堀宣行厩舎)は、発送前に右前脚を落鉄したが装蹄せず裸足のまま出走した模様。3着には日本から参戦したJ.モレイラ騎乗のラストインパクト(牡6歳,栗東・角居勝彦厩舎)が入った。日本から参戦した武豊騎乗のワンアンドオンリー(牡5歳,栗東・橋口慎介厩舎)は、5着に敗れた。
 ポストポーンド Postponedの2代母ビアンカネラ Bianca Neraは、モイグレアスタッドS(愛G1)の勝ち馬。従姉ターニングトップ Turning Topは、ビヴァリーヒルズH(米G3)の勝ち馬。従兄ロビンフッズベイ Robin Hoods Bayは、ウインター・ダービー(英G3)の勝ち馬。

 ポストポーンド Postponed:2011年生,アイルランド産,父Dubawi,母Ever Rigg,母の父Dubai Destination
・リアルスティール、ドバイ・ターフ制覇(3/27)
 現地時間26日に首国メイダン競馬場で行われたドバイ・ターフ(首G1,芝1800m)は、日本から参戦したR.ムーア騎乗のリアルスティール(牡4歳,栗東・矢作芳人厩舎)が1分47秒13のタイムで勝ち、G1初制覇を海外G1制覇で果たした。2着にはEuro Charline、3着にはTrysterが入った。
 リアルスティールの3代母ミエスク Miesqueは、英1000ギニー(英G1)、仏1000ギニー(仏G1)、BCマイル(米G1,2回)などG1レース9勝の名牝。全弟プロディガルサンは、東京スポーツ杯2歳S(G3,2015年,勝ち馬スマートオーディン)の2着馬。伯母ランプルスティルトスキン Rumplestiltskinは、モイグレアスタッドS(愛G1)、マルセル・ブーサック賞(仏G1)の勝ち馬。叔母アイアムビューティフル I Am Beautifulは、グランジコンスタッドS(愛G3)の勝ち馬。従姉タペストリー Tapestryは、ヨークシャー・オークス(英G1)の勝ち馬。従弟ジョンエフケネディ John F Kennedyは、ジュヴェナイル・ターフS(愛G3)の勝ち馬。

 リアルスティール:2012年生,父ディープインパクト,母*ラヴズオンリーミー,母の父Storm Cat
・ベルカント12着…バッファリング、アル・クォズ・スプリント制覇(3/26)
 首国メイダン競馬場で行われたアル・クォズ・スプリント(首G1,芝1000m)は、D.ブラウン騎乗のバッファリング Buffering(セン8歳,R.ヒースコート厩舎)が56秒34のタイムで勝った。2着にはErtijaal、3着にはPeniaphobiaが入った。日本から参戦した武豊騎乗のベルカント(牝5歳,栗東・角田晃一厩舎)は、12着に敗れた。

 バッファリング Buffering:2007年生,オーストラリア産,父Mossman,母Action Annie,母の父Anabaa
・日本馬1着&3着!ラニ、UAEダービー勝利(3/26)
 首国メイダン競馬場で行われたUAEダービー(首G2,ダート1900m)は、日本から参戦した武豊騎乗の*ラニ(牡3歳,栗東・松永幹夫厩舎)が1分58秒41のタイムで勝ち、重賞初勝利を海外G2勝利で果たした。2着にはPolar River、3着には日本から参戦したJ.モレイラ騎乗のユウチェンジ(牡3歳,栗東・森秀行厩舎)が入った。日本から参戦したM.デムーロ騎乗のオンザロックス(牡3歳,栗東・森秀行厩舎)は、5着に敗れた。
 *ラニの母ヘヴンリーロマンスは、天皇賞・秋(G1,2005年)の勝ち馬。半兄*アウォーディーは、シリウスS(G3,2015年)と名古屋大賞典(交流Jpn3,2016年)の勝ち馬。半姉*アムールブリエは、エンプレス杯(交流Jpn2,2015年&2016年)、名古屋グランプリ(交流Jpn2,2015年)、ブリーダーズGC(交流Jpn3,2015年)の勝ち馬。

 *ラニ:2013年生,アメリカ産,父Tapit,母ヘヴンリーロマンス,母の父*サンデーサイレンス
・ネオブラックダイヤ8着…ヴァジラバド Vazirabad、ドバイ・ゴールドC勝利(3/26)
 首国メイダン競馬場で行われたドバイ・ゴールドC(首G2,芝3200m)は、C.スミヨン騎乗のヴァジラバド Vazirabad(セン4歳,A.ドゥロワイエデュプレ厩舎)が3分19秒56のタイムで勝った。2着にはBig Orange、3着にはHaafaguineaが入った。日本から参戦した秋山真一郎騎乗のネオブラックダイヤ(牡8歳,美浦・鹿戸雄一厩舎)は、8着に敗れた。
 ヴァジラバド Vazirabadの母ヴィゾラマ Visoramaは、フロル賞(仏G3)の勝ち馬。叔父ヴィシンダー Visindarは、グレフュール賞(仏G2)の勝ち馬。叔父ヴァレナー Varenarは、フォレ賞(仏G1)の勝ち馬。従兄ヴィジョナリオ Visionarioは、ラ・ロシェット賞(仏G3)の勝ち馬。従兄弟ダノンメジャーは、京都2歳S(G3,2014年,勝ち馬ベルラップ)の2着馬。

 ヴァジラバド Vazirabad:2012年生,フランス産,父Manduro,母Visorama,母の父Linamix
・ゴールドアクター、日経賞勝利(3/26)
 中山競馬場で行われた日経賞(G2,芝2500m)は、吉田隼人騎乗の2番人気ゴールドアクター(牡5歳,美浦・中川公成厩舎)が2分36秒8のタイムで勝った。2着には1番人気のサウンズオブアース、3着にはマリアライトが入った。

 ゴールドアクター:2011年生,父スクリーンヒーロー,母ヘイロンシン,母の父*キョウワアリシバ
・スマートオーディン、毎日杯勝利(3/26)
 阪神競馬場で行われた毎日杯(G3,芝1800m)は、戸崎圭太騎乗の1番人気スマートオーディン(牡3歳,栗東・松田国英厩舎)が1分47秒3のタイムで勝った。2着にはアーバンキッド、3着にはタイセイサミットが入った。
 スマートオーディンの母レディアップステージ Lady Upstageは、プリティポリーS(愛G2)の勝ち馬。

 スマートオーディン:2013年生,父ダノンシャンティ,母*レディアップステージ,母の父Alzao
・エンジェルフェイス、フラワーC勝利(3/21)
 中山競馬場で行われたフラワーC(G3,芝1800m)は、福永祐一騎乗の1番人気エンジェルフェイス(牝3歳,栗東・藤原英昭厩舎)が1分49秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはゲッカコウ、3着にはウインクルサルーテが入った。
 エンジェルフェイスの母*ワンフォーローズ One for Roseは、メイプルリーフS(加G3,2回)とシーグラムCS(加G3)の勝ち馬。全姉レディアルバローザは、中山牝馬S(G3,2011年&2012年)の勝ち馬。半姉キャトルフィーユは、クイーンS(G3,2014年)の勝ち馬。

 エンジェルフェイス:2013年生,父キングカメハメハ,母*ワンフォーローズ,母の父Tejano Run
・マウントロブソン、スプリングS勝利(3/20)
 中山競馬場で行われたスプリングS(G2,芝1800m)は、A.シュタルケ騎乗の4番人気マウントロブソン(牡3歳,美浦・堀宣行厩舎)が1分48秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはマイネルハニー、3着には1番人気のロードクエストが入った。
 マウントロブソンの母ミスパスカリは、マーメイドS(G3,2005年,勝ち馬ダイワエルシエーロ)の3着馬。伯父*クロフネは、NHKマイルC(G1,2001年)とジャパンCダート(G1,2001年)の勝ち馬。伯母ベラベルッチ Bella Bellucciは、アスタリタS(米G2)の勝ち馬。従姉チャオベラ Ciao Bellaは、ランパートS(米G3)の勝ち馬。

 マウントロブソン:2013年生,父ディープインパクト,母ミスパスカリ,母の父*フレンチデピュティ
・シュヴァルグラン、阪神大賞典勝利(3/20)
 阪神競馬場で行われた阪神大賞典(G2,芝3000m)は、福永祐一騎乗の1番人気シュヴァルグラン(牡4歳,栗東・友道康夫厩舎)が3分05秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはタンタアレグリア、3着にはアドマイヤデウスが入った。
 シュヴァルグランの半姉ヴィルシーナは、ヴィクトリアマイル(G1,2013年&2014年)の勝ち馬。叔父フレールジャックは、ラジオNIKKEI賞(G3,2011年)の勝ち馬。叔父マーティンボロは、中日新聞杯(G3,2014年)と新潟記念(G3,2014年)の勝ち馬。

 シュヴァルグラン:2012年生,父ハーツクライ,母ハルーワスウィート,母の父Machiavellian
・トウショウドラフタ、ファルコンS勝利(3/19)
 中京競馬場で行われたファルコンS(G3,芝1400m)は、田辺裕信騎乗の2番人気トウショウドラフタ(牡3歳,美浦・萱野浩二厩舎)が1分25秒0のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。アンライバルド産駒は、重賞初勝利。2着にはブレイブスマッシュ、3着にはシゲルノコギリザメが入った。1番人気のシュウジは、12着に敗れた。
 トウショウドラフタの2代母サマンサトウショウは、エプソムC(G3,1990年)の勝ち馬。伯父トウショウノアは、関屋記念(G3,2000年,勝ち馬ダイワテキサス)の3着馬。従姉スイープトウショウは、秋華賞(G1,2004年)、宝塚記念(G1,2005年)、エリザベス女王杯(G1,2005年)の勝ち馬。従兄トウショウデザイアは、北國王冠(金沢)の勝ち馬。従兄トウショウフリークは、名古屋グランプリ(交流Jpn2,2013年,勝ち馬シビルウォー)、ダイオライト記念(交流Jpn2,2014年,勝ち馬ニホンピロアワーズ)、みやこS(G3,2011年,勝ち馬エスポワールシチー)、アンタレスS(G3,2014年,勝ち馬ナムラビクター)の2着馬。従兄トウショウセレクトは、金沢スプリントC(金沢)の勝ち馬。

 トウショウドラフタ:2013年生,父アンライバルド,母ウイッチトウショウ,母の父*ジェイドロバリー
・アウォーディー、名古屋大賞典勝利(3/17)
 名古屋競馬場で行われた名古屋大賞典(交流Jpn3,ダート1900m)は、武豊騎乗の1番人気*アウォーディー(牡6歳,栗東・松永幹夫厩舎)が2着に2秒4の大差をつけて圧勝した。勝ちタイムは、2分01秒2。2着にはバンズーム(JRA)、3着にはモズライジン(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 *アウォーディーの母ヘヴンリーロマンスは、天皇賞・秋(G1,2005年)の勝ち馬。半妹*アムールブリエは、エンプレス杯(交流Jpn2,2015年&2016年)、名古屋グランプリ(交流Jpn2,2015年)、ブリーダーズGC(交流Jpn3,2015年)の勝ち馬。

 *アウォーディー:2010年生,アメリカ産,父ジャングルポケット,母ヘヴンリーロマンス,母の父*サンデーサイレンス
・ダノンレジェンド、黒船賞連覇(3/15)
 高知競馬場で行われた黒船賞(交流Jpn3,ダート1400m)は、M.デムーロ騎乗の1番人気*ダノンレジェンド(牡6歳,栗東・村山明厩舎)が1分27秒0のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはニシケンモノノフ(JRA)、3着にはタールタン(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 *ダノンレジェンドの2代母カレッシング Caressingは、BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1)の勝ち馬。

 *ダノンレジェンド:2010年生,アメリカ産,父Macho Uno,母*マイグッドネス,母の父Storm Cat
・シュンドルボン、中山牝馬S勝利(3/13)
 中山競馬場で行われた中山牝馬S(G3,芝1800m)は、吉田豊騎乗の4番人気シュンドルボン(牝5歳,美浦・矢野英一厩舎)が1分50秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のルージュバック、3着にはメイショウスザンナが入った。
 シュンドルボンの3代母ウォータールー Waterlooは、英1000ギニー(英G1)とチェヴァリーパークS(英G1)の勝ち馬。伯父リキッドノーツは、東京新聞杯(G3,2008年,勝ち馬ローレルゲレイロ)の2着馬。

 シュンドルボン:2011年生,父ハーツクライ,母ネイチャーガイド,母の父*エルコンドルパサー
・ソルヴェイグ、フィリーズレビュー勝利(3/13)
 阪神競馬場で行われたフィリーズレビュー(G2,芝1400m)は、川田将雅騎乗の8番人気ソルヴェイグ(牝3歳,栗東・鮫島一歩厩舎)が1分22秒1のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。ジャングルポケットは、BMSとしてJRA重賞初勝利。2着には1番人気のアットザシーサイド、3着にはキャンディバローズが入った。
 ソルヴェイグの伯父ソルジャーズソングは、シルクロードS(G3,2009年,勝ち馬アーバンストリート)の2着馬。叔父エールブリーズは、京王杯スプリングC(G2,2014年,勝ち馬レッドスパーダ)とファルコンS(G3,2013年,勝ち馬インパルスヒーロー)の3着馬。

 ソルヴェイグ:2013年生,父ダイワメジャー,母アスドゥクール,母の父ジャングルポケット
・サトノノブレス、中日新聞杯勝利(3/12)
 中京競馬場で行われた中日新聞杯(G3,芝2000m)は、川田将雅騎乗の1番人気サトノノブレス(牡6歳,栗東・池江泰寿厩舎)が2分01秒3のタイムで勝った。2着にはファントムライト、3着にはレコンダイトが入った。
 サトノノブレスの半兄ヒカルオオゾラは、エプソムC(G3,2008年&2009年)と関屋記念(G3,2009年,勝ち馬スマイルジャック)の2着馬。従姉コパノマユチャンは、栗駒賞(水沢)の勝ち馬。

 サトノノブレス:2010年生,父ディープインパクト,母クライウィズジョイ,母の父*トニービン
・サナシオン、阪神スプリングジャンプ勝利(3/12)
 阪神競馬場で行われた阪神スプリングジャンプ(J・G2,障害3900m)は、西谷誠騎乗の2番人気サナシオン(牡7歳,栗東・松永幹夫厩舎)が4分22秒5のタイムで勝った。2着には1番人気のアップトゥデイト、3着にはヴィーヴァギブソンが入った。
 サナシオンの2代母グリーンポーラ Green Polaは、カルヴァドス賞(仏G3)の勝ち馬。従弟ガイヤースヴェルトは、毎日杯(G3,2013年,勝ち馬キズナ)の3着馬。

 サナシオン:2009年生,父*シンボリクリスエス,母ジェダイト,母の父*サンデーサイレンス
・クリソライト、ダイオライト記念連覇(3/9)
 船橋競馬場で行われたダイオライト記念(交流Jpn2,ダート2400m)は、武豊騎乗の1番人気クリソライト(牡6歳,栗東・音無秀孝厩舎)が2分36秒4のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはクリノスターオー(JRA)、3着にはユーロビート(大井)が入った。
 クリソライトの半妹マリアライトは、エリザベス女王杯(G1,2015年)の勝ち馬。半弟リアファルは、神戸新聞杯(G2,2015年)の勝ち馬。叔父アロンダイトは、ジャパンCダート(G1,2006年)の勝ち馬。

 クリソライト:2010年生,父ゴールドアリュール,母クリソプレーズ,母の父*エルコンドルパサー
・マカヒキ、弥生賞勝利(3/6)
 中山競馬場で行われた弥生賞(G2,芝2000m)は、C.ルメール騎乗の2番人気マカヒキ(牡3歳,栗東・友道康夫厩舎)が1分59秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のリオンディーズ、3着にはエアスピネルが入った。
 マカヒキの全姉ウリウリは、CBC賞(G2,2015年)と京都牝馬S(G3,2014年)の勝ち馬。

 マカヒキ:2013年生,父ディープインパクト,母ウィキウィキ,母の父*フレンチデピュティ
・エイシンブルズアイ、オーシャンS勝利(3/5)
 中山競馬場で行われたオーシャンS(G3,芝1200m)は、石橋脩騎乗の5番人気*エイシンブルズアイ(牡5歳,栗東・野中賢二厩舎)が1分07秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。ベルグラヴィア Belgravia産駒は、日本の重賞初勝利。サイフォン Siphonは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはハクサンムーン、3着にはスノードラゴンが入った。1番人気の*アルビアーノは、5着に敗れた。

 *エイシンブルズアイ:2011年生,アメリカ産,父Belgravia,母Miss Fear Factor,母の父Siphon
・シンハライト、チューリップ賞勝利(3/5)
 阪神競馬場で行われたチューリップ賞(G3,芝1600m)は、池添謙一騎乗の2番人気シンハライト(牝3歳,栗東・石坂正厩舎)が1分32秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のジュエラー、3着にはラベンダーヴァレイが入った。
 シンハライトの母シンハリーズ Singhaleseは、デルマー・オークス(米G1)の勝ち馬。全兄アダムスピークは、ラジオNIKKEI杯2歳S(G3,2011年)の勝ち馬。半姉リラヴァティは、福島牝馬S(G3,2015年,勝ち馬スイートサルサ)の2着馬。

 シンハライト:2013年生,父ディープインパクト,母*シンハリーズ,母の父Singspiel
・アムールブリエ、エンプレス杯連覇(3/2)
 川崎競馬場で行われたエンプレス杯(交流Jpn2,ダート2100m)は、武豊騎乗の1番人気*アムールブリエ(牝5歳,栗東・松永幹夫厩舎)が2分18秒1のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはヴィータアレグリア(JRA)、3着にはティンバレス(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 *アムールブリエの母ヘヴンリーロマンスは、天皇賞・秋(G1,2005年)の勝ち馬。半兄*アウォーディーは、シリウスS(G3,2015年)の勝ち馬。

 *アムールブリエ:2011年生,アメリカ産,父Smart Strike,母ヘヴンリーロマンス,母の父*サンデーサイレンス

HOME