HOME

〜2015年1月のニュース〜
・ホッコータルマエ、川崎記念連覇(1/28)
 川崎競馬場で行われた川崎記念(交流Jpn1,ダート2100m)は、幸英明騎乗の1番人気ホッコータルマエ(牡6歳,栗東・西浦勝一厩舎)が2分16秒9のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはカゼノコ(JRA)、3着にはサミットストーン(船橋)が入った。
 ホッコータルマエの叔母コスモプリズムは、エンプレス杯(交流Jpn2,2010年,勝ち馬ブラボーデイジー)とTCK女王盃(交流Jpn3,2010年,勝ち馬ユキチャン)の3着馬。

 ホッコータルマエ:2009年生,父キングカメハメハ,母マダムチェロキー,母の父Cherokee Run
・クリールカイザー、アメリカJCC勝利(1/25)
 中山競馬場で行われたアメリカJCC(G2,芝2200m)は、田辺裕信騎乗の4番人気クリールカイザー(牡6歳,美浦・相沢郁厩舎)が2分13秒6のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはミトラ、3着にはエアソミュールが入った。1番人気のゴールドシップは、7着に敗れた。
 クリールカイザーの伯母スマイルトゥモローは、優駿牝馬(G1,2002年)の勝ち馬。

 クリールカイザー:2009年生,父キングヘイロー,母スマイルコンテスト,母の父サッカーボーイ
・コパノリッキー、東海S勝利(1/25)
 中京競馬場で行われた東海S(G2,ダート1800m)は、武豊騎乗の1番人気コパノリッキー(牡5歳,栗東・村山明厩舎)が1分50秒9のタイムで勝った。2着にはグランドシチー、3着にはインカンテーションが入った。

 コパノリッキー:2010年生,父ゴールドアリュール,母コパノニキータ,母の父*ティンバーカントリー
・ケイアイエレガント、京都牝馬S勝利(1/24)
 京都競馬場で行われた京都牝馬S(G3,芝1600m)は、内田博幸騎乗の9番人気ケイアイエレガント(牝6歳,美浦・尾形充弘厩舎)が1分33秒9のタイムで勝った。2着にはゴールデンナンバー、3着にはパワースポットが入った。1番人気のウリウリは、5着に敗れた。
 ケイアイエレガントの半兄ケイアイライジンは、報知グランプリC(船橋)の勝ち馬。伯母パレードクイーン Parade Queenは、ミシズ・リヴィアS(米G3)の勝ち馬。伯父*キングナムラは、中日スポーツ賞4歳S(G3,1998年,勝ち馬*トキオパーフェクト)の2着馬。従姉アンタッチドタレント Untouched Talentは、ソレントS(米G3)の勝ち馬。

 ケイアイエレガント:2009年生,父キングカメハメハ,母*ポストパレード,母の父A.P. Indy
・サンビスタ、TCK女王盃勝利(1/21)
 大井競馬場で行われたTCK女王盃(交流Jpn3,ダート1800m)は、C.デムーロ騎乗の番人気サンビスタ(牝6歳,栗東・角居勝彦厩舎)が1分52秒3のタイムで勝った。2着にはアクティビューティ(JRA)、3着にはソーミラキュラス(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 サンビスタの母ホワイトカーニバルは、フェアリーS(G3,2002年)の勝ち馬。2代母イエローブルームは、4歳牝馬特別・西(G2,1992年,勝ち馬ディスコホール)の2着馬。

 サンビスタ:2009年生,父スズカマンボ,母ホワイトカーニバル,母の父*ミシル
・2014年エクリプス賞、受賞馬決定(1/18)
〜米年度代表馬&最優秀3歳牡馬:カリフォルニアクローム California Chrome
  主な勝ち鞍:ケンタッキー・ダービー(米G1),プリークネスS(米G1),サンタアニタ・ダービー(米G1),ハリウッド・ダービー(米G1)
  父Lucky Pulpit,母Love The Chase,母の父Not for Love

〜最優秀2歳牡馬:アメリカンファロア American Pharoah
  主な勝ち鞍:デルマー・フューチュリティ(米G1),フロントランナーS(米G1)
  父Pioneerof The Nile,母Littleprincessemma,母の父Yankee Gentleman

〜最優秀2歳牝馬:テイクチャージブランディ Take Charge Brandi
  主な勝ち鞍:BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1),スターレットS(米G1)
  父Giant's Causeway,母Charming,母の父Seeking the Gold

〜最優秀3歳牝馬:アンタパブル Untapable
  主な勝ち鞍:BCディスタフ(米G1),ケンタッキー・オークス(米G1),マザーグースS(米G1),コティリオンS(米G1)
  父Tapit,母Fun House,母の父Prized

〜最優秀古牡馬&最優秀芝牡馬:メインシークエンス Main Sequence
  主な勝ち鞍:BCターフ(米G1),ユナイテッド・ネイションズS(米G1),ソードダンサー招待S(米G1),ジョー・ハーシュ・ターフ・クラシックS(米G1)
  父*アルデバランII,母Ikat,母の父Pivotal

〜最優秀古牝馬:クローズハッチェス Close Hatches
  主な勝ち鞍:アップル・ブラッサムH(米G1),オジデン・フィップスS(米G1),パーソナルエンスンS(米G1)
  父First Defence,母Rising Tornado,母の父Storm Cat

〜最優秀スプリンター牡馬:ワークオールウィーク Work All Week
  主な勝ち鞍:BCスプリント(米G1)
  父City Zip,母Danzig Matilda,母の父Repriced

〜最優秀スプリンター牝馬:ジュディザビューティ Judy the Beauty
  主な勝ち鞍:BCフィリー&メア・スプリント(米G1),マディスンS(米G1)
  父Ghostzapper,母Holy Blitz,母の父Holy Bull

〜最優秀芝牝馬:デイアットザスパ Dayatthespa
  主な勝ち鞍:BCフィリー&メア・ターフ(米G1),ファースト・レイディS(米G1)
  父City Zip,母M'Lady Doc,母の父Doc's Leader
・アドマイヤデウス、日経新春杯勝利(1/18)
 京都競馬場で行われた日経新春杯(G2,芝2400m)は、岩田康誠騎乗の6番人気アドマイヤデウス(牡4歳,栗東・橋田満厩舎)が2分24秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。アドマイヤドン産駒は、JRA重賞初勝利。2着にはフーラブライド、3着にはアドマイヤフライトが入った。1番人気のサトノノブレスは、11着に敗れた。
 アドマイヤデウスの2代母*アドマイヤラピスは、ステイヤーズS(G2,1997年,勝ち馬メジロブライト)の2着馬。半兄アドマイヤダンクは、吉野ヶ里記念(佐賀)の勝ち馬。半兄アドマイヤドバイは、きさらぎ賞(G3,2013年,勝ち馬タマモベストプレイ)とラジオNIKKEI賞(G3,2013年,勝ち馬ケイアイチョウサン)の3着馬。叔父アドマイヤホープは、全日本2歳優駿(交流G1,2003年)の勝ち馬。叔父アドマイヤフジは、日経新春杯(G2,2006年)と中山金杯(G3,2008年&2009年)の勝ち馬。叔父アドマイヤコスモスは、福島記念(G3,2011年)の勝ち馬。

 アドマイヤデウス:2011年生,父アドマイヤドン,母ロイヤルカード,母の父*サンデーサイレンス
・ベルーフ、京阪杯勝利(1/18)
 中山競馬場で行われた京阪杯(G3,芝2000m)は、川田将雅騎乗の3番人気ベルーフ(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が2分02秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。*ハービンジャー産駒は、重賞初勝利。2着には1番人気のブラックバゴ、3着にはクルーガーが入った。
 ベルーフの母レクレドールは、ローズS(G2,2004年)とクイーンS(G3,2005年)の勝ち馬。伯父ステイゴールドは、香港ヴァーズ(香港G1)の勝ち馬。叔母メルヴェイユドールは、マーメイドS(G3,2012年,勝ち馬グルヴェイグ)の3着馬。従兄ドリームパスポートは、神戸新聞杯(G2,2006年)ときさらぎ賞(G3,2006年)の勝ち馬。従兄ラウンドワールドは、札幌2歳S(G3,2012年,勝ち馬コディーノ)の3着馬。従姉ショウナンパンドラは、秋華賞(G1,2014年)の勝ち馬。

 ベルーフ:2012年生,父*ハービンジャー,母レクレドール,母の父*サンデーサイレンス
・NARグランプリ2014、表彰馬決定(1/13)
〜NAR年度代表馬&4歳以上最優秀牡馬:サミットストーン
  主な勝ち鞍:浦和記念(交流Jpn2),大井記念(大井)
  父*ロージズインメイ,母タイキアプローズ,母の父Devil's Bag

〜2歳最優秀牡馬:ジャジャウマナラシ
  主な勝ち鞍:兵庫ジュニアグランプリ(交流Jpn2)
  父*アサクサデンエン,母シルクジュリエット,母の父マーベラスサンデー

〜2歳最優秀牝馬:ララベル
  主な勝ち鞍:ローレル賞(川崎),東京2歳優駿牝馬(大井)
  父ゴールドアリュール,母ブリージーウッズ,母の父*ティンバーカントリー

〜3歳最優秀牡馬:ハッピースプリント
  主な勝ち鞍:京浜盃(大井),羽田盃(大井),東京ダービー(大井)
  父アッミラーレ,母*マーゴーン,母の父Dayjur

〜3歳最優秀牝馬:トーコーニーケ
  主な勝ち鞍:園田クイーンセレクション(園田),若草賞(名古屋),東海クイーンC(名古屋),のじぎく賞(園田),園田金盃(園田)
  父キングカメハメハ,母ナリタフローラ,母の父*サンデーサイレンス

〜4歳以上最優秀牝馬:ピッチシフター
  主な勝ち鞍:東海桜花賞(名古屋),名港盃(名古屋),秋桜賞(名古屋)
  父スズカマンボ,母*サンディシフター,母の父Crafty Prospector

〜最優秀ターフ馬:プレイアンドリアル
  主な勝ち鞍:京成杯(G3)
  父デュランダル,母シルクヴィーナス,母の父*ティンバーカントリー

〜ダートグレード競走特別賞:ホッコータルマエ
  主な勝ち鞍:川崎記念(交流Jpn1),チャンピオンズC(G1),東京大賞典(交流G1)
  父キングカメハメハ,母マダムチェロキー,母の父Cherokee Run

〜特別表彰馬:ライデンリーダー
  父ワカオライデン,母ヒカリリーダー,母の父*ネプテューヌス

〜特別表彰馬:*アジュディケーティング
  父Danzig,母Resolver,母の父Reviewer
・ノットフォーマル、フェアリーS勝利(1/12)
 中山競馬場で行われたフェアリーS(G3,芝1600m)は、黛弘人騎乗の11番人気ノットフォーマル(牝3歳,美浦・中野栄治厩舎)が1分35秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。黛弘人騎手は、重賞初勝利。ヴァーミリアン産駒は、JRA重賞初勝利。2着にはローデッド、3着にはテンダリーヴォイスが入った。1番人気のカービングパスは。8着に敗れた。
 ノットフォーマルの従兄ストロングガルーダは、ラジオNIKKEI賞(G3,2009年)の勝ち馬。従兄ダイワバーバリアンは、NHKマイルC(G1,2010年,勝ち馬ダノンシャンティ)の2着馬。

 ノットフォーマル:2012年生,父ヴァーミリアン,母リミッターブレイク,母の父マンハッタンカフェ
・グァンチャーレ、シンザン記念勝利(1/11)
 京都競馬場で行われたシンザン記念(G3,芝1600m)は、武豊騎乗の2番人気グァンチャーレ(牡3歳,栗東・北出成人厩舎)が1分34秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。スクリーンヒーロー産駒は、JRA重賞初勝利。*ディアブロは、BMSとしてJRA重賞初勝利。2着にはロードフェリーチェ、3着にはナヴィオンが入った。1番人気の*ダッシングブレイズは、4着に敗れた。

 グァンチャーレ:2012年生,父スクリーンヒーロー,母チュウオーサーヤ,母の父*ディアブロ
・2014年度JRA賞、受賞馬決定(1/6)
〜JRA年度代表馬&最優秀4歳以上牝馬:ジェンティルドンナ
  主な勝ち鞍:ドバイ・シーマ・クラシック(首G1),有馬記念(G1)
  父ディープインパクト,母*ドナブリーニ,母の父Bertolini

〜最優秀2歳牡馬:ダノンプラチナ
  主な勝ち鞍:朝日杯フューチュリティS(G1)
  父ディープインパクト,母*バディーラ,母の父Unbridled's Song

〜最優秀2歳牝馬:ショウナンアデラ
  主な勝ち鞍:阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
  父ディープインパクト,母*オールウェイズウィリング,母の父Elusive Quality

〜最優秀3歳牡馬:イスラボニータ
  主な勝ち鞍:皐月賞(G1),セントライト記念(G2),共同通信杯(G3)
  父フジキセキ,母*イスラコジーン,母の父Cozzene

〜最優秀3歳牝馬:ハープスター
  主な勝ち鞍:桜花賞(G1),札幌記念(G2),チューリップ賞(G3)
  父ディープインパクト,母ヒストリックスター,母の父*ファルブラヴ

〜最優秀4歳以上牡馬:ジャスタウェイ
  主な勝ち鞍:ドバイ・デューティ・フリー(首G1),安田記念(G1),中山記念(G2)
  父ハーツクライ,母シビル,母の父Wild Again

〜最優秀短距離馬:スノードラゴン
  主な勝ち鞍:スプリンターズS(G1)
  父アドマイヤコジーン,母マイネカプリース,母の父タヤスツヨシ

〜最優秀ダートホース:ホッコータルマエ
  主な勝ち鞍:川崎記念(交流Jpn1),チャンピオンズC(G1),東京大賞典(交流G1)
  父キングカメハメハ,母マダムチェロキー,母の父Cherokee Run

〜最優秀障害馬:アポロマーベリック
  主な勝ち鞍:中山グランドジャンプ(J・G1)
  父*アポロキングダム,母オメガファスター,母の父Theatrical
・ウインフルブルーム、京都金杯勝利(1/4)
 京都競馬場で行われた京都金杯(G3,芝1600m)は、池添謙一騎乗の5番人気ウインフルブルーム(牡4歳,栗東・宮本博厩舎)が1分32秒8のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはエキストラエンド、3着にはマイネルメリエンダが入った。1番人気のグランデッツァは、5着に敗れた。
 ウインフルブルームの叔父オリジナルステップは、黒潮菊花賞(高知)と珊瑚冠賞(高知)の勝ち馬。従兄サンライズジェガーは、アルゼンチン共和国杯(G2,2002年)の勝ち馬。従兄クレバートウショウは、マイラーズC(G2,2011年,勝ち馬シルポート)の2着馬。

 ウインフルブルーム:2011年生,父スペシャルウィーク,母ハナノメガミ,母の父サクラユタカオー
・ラブリーデイ、中山金杯勝利(1/4)
 中山競馬場で行われた中山金杯(G3,芝2000m)は、F.ベリー騎乗の4番人気ラブリーデイ(牡5歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分57秒8のレコードタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気のロゴタイプ、3着にはデウスウルトが入った。
 ラブリーデイの叔母クーデグレイスは、ローズS(G2,2009年,勝ち馬ブロードストリート)の3着馬。

 ラブリーデイ:2010年生,父キングカメハメハ,母ポップコーンジャズ,母の父ダンスインザダーク

HOME