HOME

〜2014年12月のニュース〜
・ホッコータルマエ、東京大賞典連覇(12/29)
 大井競馬場で行われた東京大賞典(交流G1,ダート2000m)は、幸英明騎乗の1番人気ホッコータルマエ(牡5歳,栗東・西浦勝一厩舎)が2分03秒0のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはコパノリッキー(JRA)、3着にはサミットストーン(船橋)が入った。
 ホッコータルマエの叔母コスモプリズムは、エンプレス杯(交流Jpn2,2010年,勝ち馬ブラボーデイジー)とTCK女王盃(交流Jpn3,2010年,勝ち馬ユキチャン)の3着馬。

 ホッコータルマエ:2009年生,父キングカメハメハ,母マダムチェロキー,母の父Cherokee Run
・ジェンティルドンナ、有馬記念制覇(12/28)
 中山競馬場で行われた有馬記念(G1,芝2500m)は、戸崎圭太騎乗の4番人気ジェンティルドンナ(牝5歳,栗東・石坂正厩舎)が2分35秒3のタイムで勝ち、引退レースを勝利で飾った。2着にはトゥザワールド、3着には1番人気のゴールドシップが入った。
 ジェンティルドンナの母ドナブリーニ Donna Bliniは、チェヴァリーパークS(英G1)の勝ち馬。全姉ドナウブルーは、京都牝馬S(G3,2012年)と関屋記念(G3,2012年)の勝ち馬。伯父マジカル Magicalは、ウィル・ロジャースH(米G3)の勝ち馬。

 ジェンティルドンナ:2009年生,父ディープインパクト,母*ドナブリーニ,母の父Bertolini
・シャイニングレイ、ホープフルS勝利(12/28)
 中山競馬場で行われたホープフルS(G2,芝2000m)は、川田将雅騎乗の2番人気シャイニングレイ(牡2歳,栗東・高野友和厩舎)が2分01秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはコメート、3着にはブラックバゴが入った。1番人気のダノンメジャーは、9着に敗れた。
 シャイニングレイの母シェルズレイは、ローズS(G2,2006年,勝ち馬アドマイヤキッス)とチューリップ賞(G2,2006年,勝ち馬アドマイヤキッス)の2着馬。2代母オイスターチケットは、ファンタジーS(G3,2000年,勝ち馬タシロスプリング)の3着馬。叔父ブラックシェルは、NHKマイルC(G1,2008年,勝ち馬ディープスカイ)の2着馬。

 シャイニングレイ:2012年生,父ディープインパクト,母シェルズレイ,母の父*クロフネ
・リアルインパクト、阪神C連覇(12/27)
 阪神競馬場で行われた阪神C(G2,芝1400m)は、W.ビュイック騎乗の8番人気リアルインパクト(牡6歳,美浦・堀宣行厩舎)が1分20秒7のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはコパノリチャード、3着にはダイワマッジョーレが入った。1番人気のミッキーアイルは、7着に敗れた。
 リアルインパクトの半兄アイルラヴァゲインは、オーシャンS(Jpn3,2007年)の勝ち馬。

 リアルインパクト:2008年生,父ディープインパクト,母*トキオリアリティー,母の父Meadowlake
・東京大賞典に出走予定の外国馬
ソイフェット Soi Phet(セ6)−米国
 主な戦績:オーサムアゲインS(米G1)3着
 生年:2008年/生産国:アメリカ
 父Tizbud,母Summer Jersey,母の父Siberian Summer
・メイショウコロンボ、兵庫ゴールドT勝利(12/24)
 園田競馬場で行われた兵庫ゴールドT(交流Jpn3,ダート1400m)は、武幸四郎騎乗の1番人気メイショウコロンボ(牡5歳,栗東・角田晃一厩舎)が1分25秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはジョーメテオ(浦和)、3着にはサクラシャイニー(高知)が入った。
 メイショウコロンボの伯父メイショウモトナリは、スーパーダートダービー(交流G2,1997年)、北海道スプリントC(交流G3,1997年)、名古屋大賞典(交流G3,1998年)、かきつばた記念(交流G3,1999年)の勝ち馬。

 メイショウコロンボ:2009年生,父マンハッタンカフェ,母メイショウハーブ,母の父*エルハーブ
・エーシンモアオバー、名古屋グランプリ勝利(12/23)
 名古屋競馬場で行われた名古屋グランプリ(交流Jpn2,ダート2500m)は、岡部誠騎乗の6番人気エーシンモアオバー(牡8歳,栗東・沖芳夫厩舎)が2分43秒5のタイムで勝った。2着には1番人気のニホンピロアワーズ(JRA)、3着にはシビルウォー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。

 エーシンモアオバー:2006年生,父マンハッタンカフェ,母オレゴンガール,母の父Rubiano
・ダノンプラチナ、朝日杯フューチュリティS制覇(12/21)
 阪神競馬場で行われた朝日杯フューチュリティS(G1,芝1600m)は、蛯名正義騎乗の1番人気ダノンプラチナ(牡2歳,美浦・国枝栄厩舎)が1分35秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。2着にはアルマワイオリ、3着にはクラリティスカイが入った。
 ダノンプラチナの2代母マジカルアルアー Magical Allureは、ラ・ブレアS(米G1)の勝ち馬。

 ダノンプラチナ:2012年生,父ディープインパクト,母*バディーラ,母の父Unbridled's Song
・ディアドムス、全日本2歳優駿制覇(12/17)
 川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿(交流Jpn1,ダート1600m)は、三浦皇成騎乗の3番人気ディアドムス(牡2歳,美浦・高橋裕厩舎)が1分45秒3のタイムで勝ち、Jpn1初制覇を果たした。*アグネスデジタルは、BMSとしてJpn1初制覇。2着には1番人気のタップザット(JRA)、3着にはタイセイラビッシュ(JRA)入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 ディアドムスの2代母ノーザンドライバーは、デイリー杯3歳S(G3,1990年)とペガサスS(G3,1991年)の勝ち馬。

 ディアドムス:2012年生,父ジャングルポケット,母マイネランデブー,母の父*アグネスデジタル
・アルキメデス7着…デザインズオンローム、香港カップ制覇(12/14)
 香港シャティン競馬場で行われた香港カップ(香港G1,芝2000m)は、J.モレイラ騎乗のデザインズオンローム Designs On Rome(セン4歳,香港・J.ムーア厩舎)が2分01秒96のタイムで勝った。2着にはMilitary Attack、3着にはCriterionが入った。日本から参戦した岩田康誠騎乗のアルキメデス(牡5歳,栗東・藤原英昭厩舎)は、7着に敗れた。
 デザインズオンローム Designs On Romeの半兄サイツオンゴールド Sights on Goldは、ブリガディアジェラードS(英G3)とアーク・トライアル(英G3)の勝ち馬。半兄シンプルイクスチェンジ Simple Exchangeは、アメリカン・ダービー(米G2)の勝ち馬。甥ロックオブロマンス Rock of Romanceは、伊セントレジャー(伊G3)の勝ち馬。従姉ホエアウィーレフトオフ Where We Left Offは、マッチメイカーS(米G3)の勝ち馬。

 デザインズオンローム Designs On Rome:2010年生,アイルランド産,父Holy Roman Emperor,母Summer Trysting,母の父Alleged
・グランプリボス3着…エイブルフレンド、香港マイル制覇(12/14)
 香港シャティン競馬場で行われた香港マイル(香港G1,芝1600m)は、J.モレイラ騎乗のエイブルフレンド Able Friend(セン5歳,香港・J.ムーア厩舎)が1分33秒49のタイムで勝った。2着にはGold-Fun、3着には日本から参戦した岩田康誠騎乗のグランプリボス(牡6歳,栗東・矢作芳人厩舎)が入った。Z.パートン騎乗のワールドエース(牡5歳,栗東・池江泰寿厩舎)は4着、福永祐一騎乗のフィエロ(牡5歳,栗東・藤原英昭厩舎)は6着、N.ローウィラー騎乗のハナズゴール(牝5歳,美浦・加藤和宏厩舎)は8着に敗れた。

 エイブルフレンド Able Friend:2008年生,オーストラリア産,父Shamardal,母Ponte Piccolo,母の父Volksraad
・ストレイトガール3着…エアロヴェロシティ、香港スプリント制覇(12/14)
 香港シャティン競馬場で行われた香港スプリント(香港G1,芝1200m)は、Z,パートン騎乗のエアロヴェロシティ Aerovelocity(セン6歳,香港・P.オサリバン厩舎)が1分08秒57のタイムで勝った。2着にはPeniaphobia、3着には日本から参戦した岩田康誠騎乗のストレイトガール(牝5歳,栗東・藤原英昭厩舎)が入った。大野拓弥騎乗のスノードラゴン(牡6歳,美浦・高木登厩舎)は8着、M.デムーロ騎乗のリトルゲルダ(牝5歳,栗東・鮫島一歩厩舎)は14着に敗れた。

 エアロヴェロシティ Aerovelocity:2008年生,ニュージーランド産,父Pins,母Exodus,母の父Kaapstad
・ショウナンアデラ、阪神ジュベナイルフィリーズ制覇(12/14)
 阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(G1,芝1600m)は、蛯名正義騎乗の5番人気ショウナンアデラ(牝2歳,美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が1分34秒4のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。イルーシヴクオリティ Elusive Qualityは、BMSとして日本の重賞初勝利。2着にはレッツゴードンキ、3着にはココロノアイが入った。1番人気のロカは、8着に敗れた。
 ショウナンアデラの2代母オールウェイズロイヤル Always Loyalは、仏1000ギニー(仏G1)の勝ち馬。

 ショウナンアデラ:2012年生,父ディープインパクト,母*オールウェイズウィリング,母の父Elusive Quality
・ダノンレジェンド、カペラS勝利(12/14)
 中山競馬場で行われたカペラS(G3,ダート1200m)は、丸田恭介騎乗の12番人気*ダノンレジェンド(牡4歳,栗東・村山明厩舎)が1分09秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。マッチョウノ Macho Uno産駒は、日本の重賞初勝利。2着には浦和から参戦したサトノタイガー、3着にはメイショウノーベルが入った。
 *ダノンレジェンドの2代母カレッシング Caressingは、BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1)の勝ち馬。

 *ダノンレジェンド:2010年生,アメリカ産,父Macho Uno,母*マイグッドネス,母の父Storm Cat
・カレンミロティック5着…フリントシャー、香港ヴァーズ制覇(12/14)
 香港シャティン競馬場で行われた香港ヴァーズ(香港G1,芝2400m)は、M.ギュイヨン騎乗のフリントシャー Flintshire(牡4歳,仏・A.ファーブル厩舎)が2分29秒83のタイムで勝った。2着にはWillie Cazals、3着にはKhayaが入った。日本から参戦した池添謙一騎乗のカレンミロティック(セン6歳,栗東・平田修厩舎)は、5着に敗れた。
 フリントシャー Flintshireの母ダンスルーティン Dance Routineは、ロワイヤリュー賞(仏G2)の勝ち馬。2代母アポジー Apogeeは、ロワイヨモン賞(仏G3)の勝ち馬。叔父アプシス Apsisは、トーマス・ブライアン賞(仏G3)とシュマン・ド・フェール・デュ・ノール賞(仏G3)の勝ち馬。

 フリントシャー Flintshire:2010年生,イギリス産,父Dansili,母Dance Routine,母の父Sadler's Wells
・トーセンスターダム、チャレンジC勝利(12/13)
 阪神競馬場で行われたチャレンジC(G3,芝1800m)は、武豊騎乗の5番人気トーセンスターダム(牡3歳,栗東・池江泰寿厩舎)が1分45秒9のタイムで勝った。2着は、デウスウルトとフルーキーが同着となった。1番人気のエイシンヒカリは。9着に敗れた。
 トーセンスターダムの叔父ダークメッセージは、日経新春杯(G2,2008年,勝ち馬アドマイヤモナーク)とシリウスS(G3,2009年,勝ち馬ワンダーアキュート)の2着馬。叔母ケアレスウィスパーは、関東オークス(交流Jpn2,2007年,勝ち馬ホワイトメロディー)の2着馬。叔父トーセンジョーダンは、天皇賞・秋(G1,2011年)の勝ち馬。叔父トーセンホマレボシは、京都新聞杯(G2,2012年)の勝ち馬。

 トーセンスターダム:2011年生,父ディープインパクト,母アドマイヤキラメキ,母の父*エンドスウィープ
・ホッコータルマエ、チャンピオンズC制覇(12/7)
 中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1,ダート1800m)は、幸英明騎乗の2番人気ホッコータルマエ(牡5歳,栗東・西浦勝一厩舎)が1分51秒0のタイムで勝ち、JRAのG1初制覇を果たした。2着にはナムラビクター、3着にはローマンレジェンドが入った。1番人気のコパノリッキーは、12着に敗れた。
 ホッコータルマエの叔母コスモプリズムは、エンプレス杯(交流Jpn2,2010年,勝ち馬ブラボーデイジー)とTCK女王盃(交流Jpn3,2010年,勝ち馬ユキチャン)の3着馬。

 ホッコータルマエ:2009年生,父キングカメハメハ,母マダムチェロキー,母の父Cherokee Run
・ラストインパクト、金鯱賞勝利(12/6)
 中京競馬場で行われた金鯱賞(G2,芝2000m)は、川田将雅騎乗の1番人気ラストインパクト(牡4歳,栗東・松田博資厩舎)が1分58秒8のレコードタイムで勝った。2着にはサトノノブレス、3着にはエアソミュールが入った。
 ラストインパクトの伯父ビワハヤヒデは、菊花賞(G1,1993年)、天皇賞・春(G1,1994年)、宝塚記念(G1,1994年)の勝ち馬。伯父ナリタブライアンは、皐月賞(G1,1994年)、東京優駿(G1,1994年)、菊花賞(G1,1994年)、有馬記念(G1,1994年)、朝日杯3歳S(G1,1993年)の勝ち馬。伯父ビワタケヒデは、ラジオたんぱ賞(G3,1998年)の勝ち馬。

 ラストインパクト:2010年生,父ディープインパクト,母スペリオルパール,母の父*ティンバーカントリー
・デスペラード、ステイヤーズS連覇(12/6)
 中山競馬場で行われたステイヤーズS(G2,芝3600m)は、横山典弘騎乗の3番人気デスペラード(牡6歳,栗東・安達昭夫厩舎)が3分47秒8のタイムで勝ち、昨年に続いてこのレースの連覇を果たした。2着にはファタモルガーナ、3着には1番人気のクリールカイザーが入った。

 デスペラード:2008年生,父ネオユニヴァース,母マイネノエル,母の父*トニービン
・トロワボヌール、クイーン賞勝利(12/3)
 船橋競馬場で行われたクイーン賞(交流Jpn3,ダート2100m)は、戸崎圭太騎乗の1番人気トロワボヌール(牝4歳,美浦・畠山吉宏厩舎)が1分53秒0のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはアクティビューティ(JRA)が入り、*バゴ産駒のワンツーフィニッシュとなった。3着にはブルーチッパー(JRA)が入り、JRA所属馬が上位を独占した。
 トロワボヌールの母チューニーは、クイーンC(G3,2003年)の勝ち馬。3代母マジックオブライフ Magic of Lifeは、コロネーションS(英G1)の勝ち馬。半兄フジマサエンペラーは、東京スポーツ杯2歳S(G3,2011年,勝ち馬ディープブリランテ)の2着馬。伯父アズマビヨンドは、阪神ジャンプS(J・G3,2005年)の勝ち馬。従兄ノボリハウツーは、阪神ジャンプS(J・G3,2006年,勝ち馬コウエイトライ)の2着馬。

 トロワボヌール:2010年生,父*バゴ,母チューニー,母の父*サンデーサイレンス
・チャンピオンズCに出走予定の外国馬
インペラティヴ Imperative(セ4)−米国
 主な勝ち鞍:チャールズタウン・クラシックS(米G2)
 生年:2010年/生産国:アメリカ
 父Bernardini,母Call Her,母の父Caller I.D.

HOME