HOME

〜2010年4月のニュース〜
・種牡馬バブルガムフェロー、死亡(4/27)
 種牡馬のバブルガムフェロー(牡17歳)が、26日に繋養されていたブリーダーズスタリオンステーション(北海道沙流郡日高町)で、肺炎のため死亡した。
 同馬は、1995年10月にデビューし、2戦目で勝ち上がると、3連勝で朝日杯3歳S(G1)を制し、最優秀2歳牡馬に選出された。明け3歳の初戦スプリングS(G2)を勝った後、骨折が判明し春のクラシックには出走できなかった。その年の秋の毎日王冠(G2,3着)で復帰し、天皇賞・秋(G1)では、JRA史上初の3歳馬(当時の年齢表記では「4歳」)による天皇賞制覇を果たした。その後も、鳴尾記念(G2,1997年)と毎日王冠(G2,1997年)を制し、ジャパンC(G1,1997年,3着)を最後に現役を引退した。競走成績は、13戦7勝。引退後は、種牡馬として、アッパレアッパレ(名古屋グランプリ(交流G2))、マイネルボウノット(佐賀記念(交流G3)),アーリーロブスト(京成杯(G3))などを輩出した。また、シャトル種牡馬としてオーストラリアでも供用され、ロッカバブル Rockabubble(ニュージーランド・ブラッドストック・ブリーダーズS(新G1))など、海外でも重賞勝ち馬を輩出した。

 バブルガムフェロー:1993年生,父*サンデーサイレンス,母*バブルカンパニー,母の父Lyphard
・ネヴァブション4着…ヴィヴァパタカ、クイーン・エリザベスIIC制覇(4/25)
 香港シャティン競馬場で行われたクイーン・エリザベスIIC(香港G1,芝2000m)は、W.マーウィング騎乗のヴィヴァパタカ Viva Pataca(セン8歳,J.ムーア厩舎)が2分04秒97のタイムで勝った。2着にはLizard's Desire、3着にはSuper Satinが入った。日本から参戦した後藤浩輝騎乗のネヴァブション(牡7歳,美浦・伊藤正徳厩舎)は、4着に敗れた。
 ヴィヴァパタカ Viva Patacaの伯父ブレーヴアクト Brave Actは、サン・ガブリエルH(米G2,2回)、サン・マルコスH(米G2)、サイテイションH(米G2)の勝ち馬。従弟カクショウは、黒潮菊花賞(高知)の勝ち馬。

 ヴィヴァパタカ Viva Pataca:2002年生,イギリス産,父Marju,母Comic,母の父Be My Chief
・サンテミリオン、フローラS勝利(4/25)
 東京競馬場で行われたフローラS(G2,芝2000m)は、横山典弘騎乗の1番人気サンテミリオン(牝3歳,美浦・古賀慎明厩舎)が2分00秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはアグネスワルツが入り、ゼンノロブロイ産駒のワンツーフィニッシュとなった。3着にはブルーミングアレーが入った。
 サンテミリオンの母*モテックは、フロル賞(仏G3)の勝ち馬。2代母シュダカ Sudakaは、クレオパトル賞(仏G3)の勝ち馬。

 サンテミリオン:2007年生,父ゼンノロブロイ,母*モテック,母の父*ラストタイクーン
・ダイシンオレンジ、アンタレスS勝利(4/25)
 京都競馬場で行われたアンタレスS(G3,ダート1800m)は、川田将雅騎乗の4番人気ダイシンオレンジ(牡5歳,栗東・庄野靖志厩舎)が1分49秒7のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはナニハトモアレ、3着にはフサイチセブンが入った。1番人気のトランセンドは、8着に敗れた。
 ダイシンオレンジの半兄ブイロッキーは、ユニコーンS(G3,2003年,勝ち馬ユートピア)の2着馬。伯父メジロワースは、マイラーズC(G2,1990年)の勝ち馬。伯母メジロリリーは、4歳牝馬特別・東(G2,1993年,勝ち馬ヤマヒサローレル)の2着馬。

 ダイシンオレンジ:2005年生,父*アグネスデジタル,母アシヤマダム,母の父*ラシアンルーブル
・レジネッタ、福島牝馬S勝利(4/24)
 福島競馬場で行われた福島牝馬S(G3,芝1800m)は、中舘英二騎乗の5番人気レジネッタ(牝5歳,栗東・浅見秀一厩舎)が1分48秒9のタイムで勝ち、2008年の桜花賞(Jpn1)以来、2年ぶりの勝利を果たした。2着にはブラボーデイジー、3着にはウェディングフジコが入った。1番人気のコロンバスサークルは、12着に敗れた。
 レジネッタの3代母ノーザンアスペン Northern Aspenは、ゲイムリーH(米G1)の勝ち馬。

 レジネッタ:2005年生,父*フレンチデピュティ,母アスペンリーフ,母の父*サンデーサイレンス
・ヴィクトワールピサ、皐月賞制覇(4/18)
 中山競馬場で行われた皐月賞(G1,芝2000m)は、岩田康誠騎乗の1番人気ヴィクトワールピサ(牡3歳,栗東・角居勝彦厩舎)が2分00秒8のタイムで勝ち、G1初制覇を果たした。2着にはヒルノダムール、3着にはエイシンフラッシュが入った。
 ヴィクトワールピサの半兄*アサクサデンエンは、安田記念(G1,2005年)の勝ち馬。半兄スウィフトカレントは、小倉記念(G3,2006年)の勝ち馬。叔父リトルロック Little Rockは、プリンセス・オブ・ウェールズS(英G2)の勝ち馬。叔母ショートスカート Short Skirtは、ミュージドラS(英G3)とセントサイモンS(英G3)の勝ち馬。

 ヴィクトワールピサ:2007年生,父ネオユニヴァース,母*ホワイトウォーターアフェア,母の父Machiavellian
・メルシーモンサン、中山グランドジャンプ制覇(4/17)
 中山競馬場で行われた中山グランドジャンプ(J・G1,芝4250m)は、高野容輔騎乗の8番人気メルシーモンサン(牡5歳,栗東・武宏平厩舎)が5分03秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利をG1制覇で果たした。2着にはオープンガーデン、3着にはトーワベガが入った。1番人気のメルシーエイタイムは、レース後半に落馬、競走中止となった。
 メルシーモンサンの叔父メルシータカオーは、中山大障害(J・G1,2004年)の勝ち馬。

 メルシーモンサン:2005年生,父アドマイヤベガ,母カネショウダイヤ,母の父*ダイヤモンドショール
・リーチザクラウン、マイラーズC勝利(4/17)
 阪神競馬場で行われたマイラーズC(G2,芝1600m)は、安藤勝己騎乗の3番人気リーチザクラウン(牡4歳,栗東・橋口弘次郎厩舎)が1分32秒9のタイムで勝った。2着にはトライアンフマーチ、3着にはキャプテントゥーレが入った。1番人気のスマイルジャックは、5着に敗れた。
 リーチザクラウンの2代母*クラシッククラウンは、フリゼットS(米G1)とガゼルH(米G1)の勝ち馬。

 リーチザクラウン:2006年生,父スペシャルウィーク,母クラウンピース,母の父Seattle Slew
・トーホウドルチェ、マリーンC勝利(4/14)
 船橋競馬場で行われたマリーンC(交流Jpn3,ダート1600m)は、四位洋文騎乗の4番人気トーホウドルチェ(牝5歳,栗東・田島良保厩舎)が1分39秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着には1番人気の*ラヴェリータ(JRA)、3着にはユキチャン(川崎)が入った。

 トーホウドルチェ:2005年生,父*サウスヴィグラス,母トーホウウインド,母の父*ブライアンズタイム
・アパパネ、桜花賞制覇(4/11)
 阪神競馬場で行われた桜花賞(G1,芝1600m)は、蛯名正義騎乗の1番人気アパパネ(牝3歳,美浦・国枝栄厩舎)が1分33秒3のタイムで勝った。2着にはオウケンサクラ、3着にはエーシンリターンズが入った。
 アパパネの母*ソルティビッドは、フェアリーS(G3,2002年,勝ち馬ホワイトカーニバル)の2着馬。

 アパパネ:2007年生,父キングカメハメハ,母*ソルティビッド,母の父Salt Lake
・サンライズプリンス、ニュージーランドT勝利(4/10)
 中山競馬場で行われたニュージーランドT(G2,芝1600m)は、横山典弘騎乗の1番人気サンライズプリンス(牡3歳,栗東・音無秀孝厩舎)が1分32秒9のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはダイワバーバリアン、3着にはレトが入った。
 サンライズプリンスの伯父ウィスキーウィズダム Whiskey Wisdomは、ファイエットS(米G3)の勝ち馬。伯母プライマリー Primalyは、加プリンセス・エリザベスS(加G2)の勝ち馬。伯母シトロネイド Citronnadeは、ゲイムリーBCS(米G1)の勝ち馬。従兄トワイライトミーティア Twilight Meteorは、カナディアン・ターフS(米G3)の勝ち馬。

 サンライズプリンス:2007年生,父アグネスタキオン,母*メインリー,母の父Wild Again
・アイアムカミノマゴ、阪神牝馬S勝利(4/10)
 阪神競馬場で行われた阪神牝馬S(G2,芝1400m)は、秋山真一郎騎乗の9番人気アイアムカミノマゴ(牝4歳,栗東・長浜博之厩舎)が1分20秒2のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはプロヴィナージュ、3着にはカノヤザクラが入った。1番人気のラドラーダは、6着に敗れた。
 アイアムカミノマゴの半兄アイアムツヨシは、京王杯2歳S(G2,2001年,勝ち馬*シベリアンメドウ)の3着馬。半姉アイアムエンジェルは、エトワール賞(交流Jpn3,2005年,勝ち馬グレイスティアラ)とファルコンS(G3,2006年,勝ち馬タガノバスティーユ)の2着馬。2代母ブルージーンベイビー Blue Jean Babyは、ソロリティS(米G2)の勝ち馬。叔父ブルータブーは、北海優駿(旭川)と王冠賞(旭川)の勝ち馬。従兄ライムハウス LimehouseはハッチスンS(米G2)とブルックリンH(米G2)の勝ち馬。従兄ブルースアンドロイヤルズ Blues And Royalsは、UAEダービー(首G2)の勝ち馬。、

 アイアムカミノマゴ:2007年生,父アグネスタキオン,母*アイアムザウィナー,母の父Danzig Connection
・スーニ、東京スプリント勝利(4/7)
 大井競馬場で行われた東京スプリント(交流Jpn3,ダート1200m)は、川田将雅騎乗の1番人気*スーニ(牡4歳,栗東・吉田直弘厩舎)が1分12秒2のタイムで勝った。2着にはフジノウェーブ(大井)、3着にはミリオンディスク(JRA)が入った。
 *スーニの3代母ソフトアズサテン Soft As Satinの産駒ロージズカンティナ Rose's Cantinaは、ジョン・A.モーリスH(米G1)とヘンプステッドH(米G1)の勝ち馬。

 *スーニ:2006年生,アメリカ産,父Soto,母Enabru,母の父Roanoke
・ショウワモダン、ダービー卿チャレンジT勝利(4/4)
 中山競馬場で行われたダービー卿チャレンジT(G3,芝1600m)は、後藤浩輝騎乗の7番人気ショウワモダン(牡6歳,美浦・杉浦宏昭厩舎)が1分34秒3のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはマイネルファルケ、3着にはサニーサンデーが入った。1番人気のトライアンフマーチは、10着に敗れた。
 ショウワモダンの半兄ユメノシルシは、新潟記念(G3,2007年)の勝ち馬。伯父センリョウヤクシャは、阪急杯(G3,1990年)の勝ち馬。従兄イブキインターハイは、京都4歳特別(G3,1995年)の勝ち馬。従姉シーズグレイスは、ローズS(G2,1996年,勝ち馬*ヒシナタリー)とフェアリーS(G3,1995年,勝ち馬マックスロゼ)の2着馬。

 ショウワモダン:2004年生,父エアジハード,母ユメシバイ,母の父*トニービン
・テイエムアンコール、大阪杯勝利(4/4)
 阪神競馬場で行われた大阪杯(G2,芝2000m)は、浜中俊騎乗の6番人気テイエムアンコール(牡6歳,栗東・柴田政見厩舎)が1分59秒5のタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。2着にはゴールデンダリア、3着には1番人気のドリームジャーニーが入った。
 テイエムアンコールの叔父ファーストアローは、クラスターC(交流G3,1998年)の勝ち馬。

 テイエムアンコール:2004年生,父*オペラハウス,母スナークサクセス,母の父*ブライアンズタイム

HOME